「秩父札所を往く 32」 ~ 32番札所 法性寺 ~

総閲覧回数:1,154,642回 / 推薦評価:122個(内 論客47人) / ブログ拍手:18,562
★★★★★★★★★★★★★★
ひさしぶりにラムちゃんにご登場願いました。
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 「放浪息子」 第4話
=>前の記事 「君に届け 2ND SEASON」 第4話

1.
2011/02/03 秩父札所を往く > 「秩父札所を往く 32」 ~ 32番札所 法性寺 ~」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:3個

「秩父札所を往く 32」 ~ 32番札所 法性寺 ~

2011/02/03 羽幌炭鉱様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2011/02/03 KAMIKAZE様より拍手を頂きました。ありがとうございます。 
2011/02/03 白うに様より拍手を頂きました。ありがとうございます。





① 32番札所「石船山」法性寺は秩父郡小鹿野町の般若地区にある。
小鹿野町としては2つ目の秩父霊場だ。
秩父山系の山懐、環境の良い場所に法性寺は建っている。




② 山門は重厚で厳かな感じがする。
折悪しく、仁王像は修繕中だったのが残念。




③ 石段を登り、納経所を過ぎると見えてくる観音堂。
山門からはかなりの数の石段を登らなくてはならない。






④ 岩壁にへばりつくようにして建っている本堂。
建築には相当な年数がかかったろう。




⑤ 本尊は立ち姿の「聖観音」である。
「石船山」の由来らしい、「豊島権の守の娘    或る時、犀が渕に飛び入りし一人の美女を、船に乗せ助けしは、天冠の上に笠をかぶりし御本尊なり」という奉納額もあった。




⑥ 木彫の立体像の奉納額もあった。
たしかに観音様が船を漕いでいる。




⑦ 本堂より納経所方面を見下ろしたところ。
なかなか高度感がある。




⑧ 納経所のお堂にはこんな般若の面が掛けられてあった。
この札所の存在する小鹿野町般若という地名と何らかの関係があるのであろう。
それにしても恐ろしい形相だ。


★ 次回(時期未定)は33番札所「菊水寺」をご紹介します。
秩父札所も残りあと2ヶ所になりました。

コメントする3個


HARIKYU さんのコメント (2011/02/03) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
*
KAMIKAZE さん、いつも拍手とコメント有り難うございます。

そうですね、たしかに京都の清水寺に似ているところはあると思いますね。
私も本堂に立ってそう思いました。
ちょっと飛び降りるには勇気がいります。
というか、この札所の場合は確実に大怪我をします。(^_^;)

上段の画は「おねがい☆ティーチャー」と「おねがい☆ツインズ」という作品のDVDからキャプチャーしたものです。
2003年頃の作品だったと思います。
KAMIKAZE さんのコメント (2011/02/03) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
今回の「観音堂」の本堂の建てられ方と、そこから見下ろす光景は、
ある意味京都の清水寺とも共通している部分さえ感じられます。
(写真を見ていると、これらがちょっと被って見えました)

あと、お話は変わりますが、またトップページのアニメが新しいものに変わりましたね。
一つは仕事場、もう一つはお祭り、といった感じで、絵柄は比較的現代風ですが・・・
どんな感じのアニメ作品でしょうか?


[他の記事も読む]
<=次の記事 「放浪息子」 第4話
=>前の記事 「君に届け 2ND SEASON」 第4話


大分類が「秩父札所を往く」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ