「放浪息子」 第2話

総閲覧回数:1,133,444回 / 推薦評価:121個(内 論客47人) / ブログ拍手:18,491
★★★★★★★★★★★★★★
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 おるちゅばんエビちゅ
=>前の記事 「秩父札所を往く 30」 ~ 30番札所 法雲寺 ~

1.
2011/01/21 放浪息子 > 「放浪息子」 第2話」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:2個

「放浪息子」 第2話

2011/01/21 犬丸様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2011/01/22 竜巻回転様より拍手を頂きました。ありがとうございます。



 悪くない展開ですね。
言葉の端々にまだよくわからない過去設定もあるけれど、いい世界を描いているんじゃあないでしょうか、アニメ「放浪息子」の第2話。
登場キャラクターもやっと名前と顔がわかるようになってひとまず安心といったところです。

     
 
 今回は主人公「修一」を取り巻く登場人物達の人間模様、特に「よしの」と「さおり」の確執を中心に描かれていましたが、板挟みになった「かなこ」がちょっと可愛そうでしたね。
しかし、「さおり」と「2年生」の間の挨拶した、しなかったなんてのはいかにも女子中学生の世界ですな。
ここは「よしの」の「侠気」が問題を一気に解決の方向へ向かわせていきますが、2年生にケンカを売られて逆に突き飛ばした「千鶴」といい、「男役」2人の面目躍如といったところでした。

 この作品「女装指向の男の子・二鳥修一」と「男装指向の女の子・高槻よしの」が重要ファクターとはいっても、ストレートに本質に迫るのではなく、様々な人間模様を交えた群像劇を描きながら、徐々に徐々に核心を突いていくようにも見えてきます。
次回以降どう話が変わって行くのが、注目して見たいところです。

 ところで・・・・・  「何だろうこの臭い。」
「男子が同じ所に集まると何だか臭い・・・・・。」
このアニメ、女子達はかなりまっとうな感じがするんですが、やっぱり男子2名が変態オカマチックですな・・・・・。


第2話 きらい きらい 大きらい ~Cry baby cry~

中学校での新しい生活が始まったものの、よしのとさおりは、修一のことが原因で小学校の頃に仲違いをして以来、ずっと気まずい関係が続いていた。同じ頃、部活動への仮入部期間がスタートし、よしのと千鶴はバスケ部、さおりと佐々はバレー部に入部することに。二人の間に入り、板ばさみになることの多い佐々も、悩みが尽きない。そんな中さおりは、挨拶を無視したという理由で上級生に目をつけられてしまう。


Hourou Musuko Episode 2 English Sub
アップロード者 dunicha3d1. - 注目の映画やテレビショーを最初から最後まで見る。

コメントする2個


HARIKYU さんのコメント (2011/01/23) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
*
竜巻回転 さん、毎度拍手とコメント有り難うございます。

今回はキャラクターも頭に入ってきたし、ストーリーもわかりやすかったので、本作もいくらか見易くなってきたな、という感じですね。
ただいかんせん作品の本質の方は今だにはっきりとは見えてきませんが。

今回の「かなこ」の思いやりは女の子の象徴、「よしの」の思いやりは男の子の象徴のようにも感じます。
何となく言いたいことがわかるようなわからないような。(汗)

やっぱりもう少し見ないと核心がわからないですね。
なお、今日はまどか★マギカがあんまり重たい展開だったので、ちょっと気分が悪くなりました。(^_^;)
竜巻回転 さんのコメント (2011/01/22) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
HARIKYU様、お邪魔します。

1話の時点では少しストーリーやキャラを掴むのに手間取る部分が有りましたけど、
2話になってからは登場キャラを一通り把握できたのを初めとして
幾つか掴み掛けて来たかなと思える部分が有ったので
前回よりは面白く観られたかなと思いました。

それと今回の話では「かなこ」のキャラがかなり好印象な感じで、
確かに「よしの」と「さおり」の間で板挟みになってるのは心苦しい所ですけど、
それでも「かなこ」の友達思いな所と持ち前の明るさを見て
個人的には「かなこ」を応援して行きたくなりましたし、
また「よしの」が「さおり」の事を心配して一緒に帰ろうと誘い
最後に皆で下校するシーンは非常に良かったですね。

それでは。


[他の記事も読む]
<=次の記事 おるちゅばんエビちゅ
=>前の記事 「秩父札所を往く 30」 ~ 30番札所 法雲寺 ~


大分類が「放浪息子」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ