「秩父札所を往く 25」 ~ 25番札所 御手判寺 ~

総閲覧回数:1,154,642回 / 推薦評価:122個(内 論客47人) / ブログ拍手:18,562
★★★★★★★★★★★★★★
ひさしぶりにラムちゃんにご登場願いました。
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 「猫」
=>前の記事 「侵略!イカ娘」 第12回

1.
2010/12/22 秩父札所を往く > 「秩父札所を往く 25」 ~ 25番札所 御手判寺 ~」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:6個

「秩父札所を往く 25」 ~ 25番札所 御手判寺 ~ 

2010/12/22 めたこ様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2010/12/22 KAMIKAZE様より拍手を頂きました。ありがとうございます。 
2010/12/22 十傑集様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2010/12/22 634様より拍手を頂きました。ありがとうございます。 
2010/12/22 羽幌炭鉱様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2010/12/23 雪霞様より拍手を頂きました。ありがとうございます。





① 秩父市久那地区にある25番札所「岩谷堂」 御手判寺。
「久昌寺」とも呼ばれている。
この札所の由来は「播州書写山の性空上人が秩父巡拝の折、閻魔大王から贈られた石の手判を当寺に納めた」という縁起から「御手判寺」ともいうのだと言う。

本堂は室町時代の建築と言われ、私が訪ねた秩父札所の中では最も古そうな霊場であった。

本堂の左手、清め処の奥に「鬼女堂」という小舎がある。




② 「鬼女堂」の格子の間から中を覗いてみると、こんな像が祀られておりビックリするが、これが「鬼女」である。




③ その「鬼女」の由来、「その昔上ノ山奥野の女、心荒く父母親類縁者にも疎み果てられ、自ら懐胎の身ながらも追いたてられ久那の岩洞に住み、鬼女如く振る舞い里人に恐れられていた。女の子生まれて母に似ず神仏を尊び里人の助けにより、旅僧の持ちし観音像を祀り、母没後の供養のためにこの地を霊地にしたという、これが寺の草創である。」とある。


 
  


④ 本尊は立ち姿の聖観音である。




⑤ 熱心そうな年輩のご夫婦が参拝されていた。
左脇に見えるのが「鬼女堂」。




⑥ 拝殿も歴史を感じさせる造りである。
数百年経た、独特の味わいがある。




⑦ 納札所と久那池。
現在はこちらが本堂になっているようだ。

 なお、この久那地区は「ジャランポン祭り」という奇祭のある地区としても知られている。
詳細はこちらで。
http://white.ap.teacup.com/harikyu/12.html


★ 次回(時期未定)は26番札所「圓融寺」をご紹介します。

コメントする6個


[他の記事も読む]
<=次の記事 「猫」
=>前の記事 「侵略!イカ娘」 第12回


大分類が「秩父札所を往く」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ