「侵略!イカ娘」 第11回

総閲覧回数:1,163,103回 / 推薦評価:121個(内 論客46人) / ブログ拍手:18,571
★★★★★★★★★★★★★★
ひさしぶりにラムちゃんにご登場願いました。
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 「秩父札所を往く 22」 ~ 22番札所 童子堂 ~
=>前の記事 「夢色パティシエール・プロフェッショナル」 第11(61話)

1.
2010/12/14 侵略!イカ娘 > 「侵略!イカ娘」 第11回」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:1個


「侵略!イカ娘」 第11回


2010/12/14 非論客(プロバイダー: NK29478 ホスト:NK29813 ブラウザー: NK42835)様より拍手を頂きました。ありがとうございます。


 ホラー人形ネタとか、山びこネタとか、すべてどこかで見たようなギャグですが、「イカ娘」が主人公だと妙にネタが生きてくるのが不思議ですね。
「イカ娘」キャラクターの魅力だけが為せるワザでしょう。
それにしても「イカ娘」も、もう次回が最終回。こんなに終わるのが淋しいアニメは久しぶりですよ。
またいつの日か「動く」「喋る」イカ娘に会えるよう願わずにはいられません。


 第1話 人形じゃなイカ? (★★★★☆)

 西洋アンティーク人形は「イカ娘」ならずとも不気味ですよね。
幼少の「栄子」はジョニー(♀)の方が気に入らなかった様子で物置に幽閉。やがて忘れ去られてしまう。
しかしその怨念が10年ぶりにデップ(♂)と引き合わせたという「アンビリーバブル」オチでした。

  
  


子供の頃に大事にしていたという人形を栄子が引っ張り出してきた。朽ちた人形の不気味な風貌を気味悪がるイカ娘だったが、栄子は懐かしさから部屋に飾ると言い出した。その夜、棚に置いた人形の視線が気になってしょうがないイカ娘は、人形の向きを変えておいたのだが・・・?


 第2話 疑惑じゃなイカ? (★★★★☆)

 3バカトリオネタとしては今回がいちばん面白かったかな。
3バカトリオの「馬鹿に出来ない」科学力を結集しても「千鶴」には敵わず。

  


日夜、宇宙人を求めて徘徊するシンディと3バカトリオが、イカ娘の次にターゲットにしたのは千鶴だった。人間離れした身体能力が宇宙人として疑われたのだ。早速、毛髪や血液などの実験サンプルを入手しようと様々な発明品を使って千鶴に近づこうとする3バカトリオだったが・・・?


 第3話 登山しなイカ? (★★★★☆)

 海産生命体の「イカ娘」は山が苦手なんですね。
「もう歩くの嫌でゲソ~」とダダをこねたり、ヘトヘトになった表情が可愛かったりと、「イカ娘」の喜怒哀楽が十分に堪能できる良回でした。
お話の方は全然オチませんでしたけど。

  


れもんのメンバーと一緒に登山に挑むイカ娘だったが、山登りの楽しみを理解していないため山道は苦痛でしかなかった。歩き疲れ、ずるをして触手を伸ばそうとしたその時、触手に山の動物たちが噛みついた!触手をえさと勘違いした動物たちをイカ娘は振り切ろうとするのだが・・・?




[FFFpeeps] Shinryaku! Ika Musume 11... 投稿者 mralexz

コメントする1個


HARIKYU さんのコメント (2010/12/14) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
*
名もなき詩人さん、毎度コメント有り難うございます。

まぁ、「侵略!イカ娘」に関しては1にも2にも、「イカ娘」のキャラクター魅力におんぶにだっこな部分が80パーセント以上あるわけでして、ギャグ展開に関しては2流のB級ですから、もしイカ娘が主人公でないとすると、これはどーしようもないアニメになってしまう訳です。

2期あるいはリメイクに関しては1年以上置いて、忘れた頃にやるのが効果的でしょうね。
さすがにこのままのギャグ展開ですと、いくら「イカ娘」が可愛いからといっても、いずれは飽きがくることでしょうから。
名もなき詩人 さんのコメント (2010/12/14) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
> ホラー人形ネタとか、山びこネタとか、すべてどこかで見たようなギャグですが、「イカ娘」が主人公だと妙にネタが生きてくるのが不思議ですね。
「イカ娘」キャラクターの魅力だけが為せるワザでしょう。

この作品を見る上で重要ポイントですよね。ただこの作品けいおんよりキャラの魅力で引っ張ってる感じは無いです。けいおんファンでない私も今日はちょっと適当な話つくりだったなとかわかる回があるのですが、イカ娘はその部分にひきづられてしまい落差が激しい。

その点は毎回感想を書いてるHARIKYUさんも★評価がばらついてるので分かると思います。

ものすごくイカ娘のキャラの魅力が底上げしてるけど、それでもけいおんほどはじけきってないと感じます。

なんと言うかその点イカ娘は古臭い。進化し切れてないと感じます。

けちをつけているというより、2期確かにやってくれると楽しみなのですが、ネタ次第だなと言うのはどうしても付きまといますね。他のギャグ漫画原作に比べれば、イカ娘の魅力を感じてないと、どこが面白いんだ?となる可能性大ですけど。意外とネタが重要だとはここまで見てきて分かった気がしています。


[他の記事も読む]
<=次の記事 「秩父札所を往く 22」 ~ 22番札所 童子堂 ~
=>前の記事 「夢色パティシエール・プロフェッショナル」 第11(61話)


大分類が「侵略!イカ娘」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ