「おねがい☆ティーチャー」

総閲覧回数:1,163,103回 / 推薦評価:121個(内 論客46人) / ブログ拍手:18,571
★★★★★★★★★★★★★★
ひさしぶりにラムちゃんにご登場願いました。
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 「夢色パティシエール・プロフェッショナル」 第9(59)話
=>前の記事 「ケロロ軍曹」

1.
2010/12/04 今、 旧作アニメが面白い!! > 「おねがい☆ティーチャー」」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:2個


「おねがい☆ティーチャー」


2010/12/04 青い羊様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2010/12/04 カイネル・ドゥ・ラファティ様より拍手を頂きました。ありがとうございます。



 本作も秋葉原の50円ビデオの店で購入したものである。
尤も今回は1本100円の値段が付いており、10本以上購入に限り20パーセントOFFになるから、1本あたり80円の換算にはなるがそれでもお徳用なのは間違いない。





 この「おねがい☆ティーチャー」はだいぶ以前に配信動画では視聴完了済なのだが、放出ビデオはなかなか入手できなかったものである。
今回も全巻揃えることはできず、まだ2、3、5巻は欠番のままだ。

 さて、この作品、「桂」の停滞も含めた、「みずほ」とのメインストーリーは、恋愛やコメディーやSFなどあらゆる要素が実にバランス良く描かれていて楽しくかつ面白い。
また、「みずほ」の描写が、現在では「年上萌え」とか「メガネ萌え」とかいう表現で一笑に付されそうな要素もあるが、そんな言葉では片付けられないような「暖かさ」に満ちている。

 私達普通の「男の子」が最初に抱いた女性へのあこがれは「妹」でもなく、「幼馴染み」でもなく、「ツンデレ同級生」でもなく、身近にいた優しい「お姉さん」の温もりだったのではないか・・・・・、幼稚園や小学校低学年の頃、「オバサン先生」が担任だった自分の学級に比べ、若い女の先生が担任の学級が妙にうらやましかった・・・・・、若い養護の先生が目当てでやたら保健室に入り浸った・・・・・、そんな懐かしさに満ちあふれた作品なのでした。
みずほ役の声優さんが、まったく十全な仕事をしてくれているのも、特記すべき点であろう。
ちなみにOVA版の13話では、みずほの母「はつほ」の濃厚なお色気も楽しめる。(^_^)

 私は2003年から深夜アニメの世界に足を踏み入れたので、2002年のリアルタイム放送時のことは知らないのだが、放送当時は結構フィーバーして、「最優先事項よ!」のセリフが流行ったり、舞台である「木崎湖」周辺が聖地巡礼で賑わったりしたとも聞いている。

 作品評価はこちらに。
最高評価の作品でした。

コメントする2個


HARIKYU さんのコメント (2010/12/05) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
*
竜巻回転 さん、毎度コメント有り難うございます。

何といいますか、「おねがい☆ティーチャー」は年上(といっても宇宙人)の女性教師との恋愛という、アニメではあまり見られない禁断の世界(笑)を垣間見ることができて、実に心地よかったですね。
時々は見返してみたい作品なので、早いとこ全巻揃えたいです。



今日は隣町で「おねがい☆ツインズ」の100円DVDを見つけたので買っちまいました。
こちらの方も結構面白かったと記憶してますので、もう一度配信動画と併せてじっくりと見てみようと思っています。
竜巻回転 さんのコメント (2010/12/04) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
HARIKYU様、お邪魔します。

おねティと言えば女性教師と男子生徒の恋愛というちょっと危険な香りを漂わす
ハラハラドキドキな関係がもう堪らなく面白かったですね~。
それにしても美人教師との恋愛なんて発想は正に男子にとってはロマンの塊かなと思いつつ(笑)、
でも桂にとっては色々と大変な毎日でみずほ先生との関係を世間からバレない様に秘密を守って行くけど、
しかし最初こそ形から入った夫婦関係だけど互いが触れ合って行く内に
みずほ先生と桂が関係を深めて行く過程が丁寧に描かれてたストーリーが良かったですよね。

本作の魅力に付いてはHARIKYU様の仰る通りに恋愛・SF・コメディのバランスが上手く噛み合い
それらの要素が本作独自の世界観を築いて、みずほ先生と桂のドタバタ恋愛を楽しく観れたかなと思います。
それと本作のOP「Shooting Star」は今でも印象深く非常に好きな曲の一つですね。

それでは。
HARIKYU さんのコメント (2010/12/04) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
*
カイネル・ドゥ・ラファティ さん、毎度拍手とコメントありがとうございます。(^_^)

何と、木崎湖には「おねてぃ」と「おねツイ」のキャラクター日本酒が売ってるのですか!?
これは是非とも飲んでみたい。
きっと、天にも昇る酔い心地なんでしょう。(笑)

聖地巡礼はフタコイ・オルタナティブの「二子玉川商店街」と大正野球娘の「麻布十番」くらいしか行ったことはないですねぇ。
まぁ、「鎌倉」もいろんな作品の舞台とはなってしますが。

どちらの作品もマイナーなので、キャラクター商品どころか、キャラクター画一枚飾ってある店はなかったです。
カイネル・ドゥ・ラファティ さんのコメント (2010/12/04) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
こんにちはです。
「おねがい☆ティーチャー」ですか。
私もこのアニメを視聴しました。

続編にあたる「おねがい☆ツインズ」や
ドラマCD「おねがい☆フレンズ」も面白かったです。

ちなみに私は去年、木崎湖に旅行に行きました。
有意義な旅だったものです。

http://www.accessup.org/pj/6_A5ABA5A4A5CDA5EBA1A6A5C9A5A5A1A6A5E9A5D5A5A1A5C6A5A3/20091028.html

それでは♪


[他の記事も読む]
<=次の記事 「夢色パティシエール・プロフェッショナル」 第9(59)話
=>前の記事 「ケロロ軍曹」


大分類が「今、 旧作アニメが面白い!!」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ