「侵略!イカ娘」 第6回

総閲覧回数:1,107,473回 / 推薦評価:117個(内 論客44人) / ブログ拍手:18,474
★★★★★★★★★★★★★★
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 「秩父札所を往く ⑩」 ~10番札所 大慈寺~
=>前の記事 「同級生2」(OVA)

1.
2010/11/09 侵略!イカ娘 > 「侵略!イカ娘」 第6回」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]


「侵略!イカ娘」 第6回 


 今週もコンスタントなお笑いと可愛さで脳内侵略されてしまいました、「侵略!イカ娘」の第6回。

 動画サイトでもコメントで画面が真っ白くなるほど、巷でも人気沸騰のよう。
一番怖いのは群集心理に呑み込まれてしまうことなのだけれども、それでもやっぱりイカ娘は「可愛い」としか表現のしようがなく、「何かほかにイイ形容詞はないのか?」と考えてみても、やっぱり「可愛い」という言葉しか浮かんでこない自分の語彙力のなさには溜息をつくばかりです。


 第①話 ヒーローショーじゃなイカ?  ★★★★☆

 海岸のヒーローショーで、敵役の「イカ魔神」に加勢したイカ娘。
これはイカ娘としては当然のスタンスですが、子供達もイカ魔神の応援に回ってしまってシナリオが狂い、舞台裏は大混乱。
千鶴の扮する能面ライダー「般若」の乱入で一件落着というお話でした。

 「能面ライダー」というのは「仮面ライダー」のパロディですね。
これまで、「仮面ノリダー」とか色々なパロディがありましたが、こちらは変身ポーズまで同一でした。

「仮面ライダー」のオリジナル放映は昭和46~47年頃ではないですか。
我が家からさほど遠くない、当時造成中のニュータウンで爆発シーンなどのロケをやってました。
時移り、今やそのニュータウンも老人ばかりのオールドタウンです。

  


 ヒーローショーの会場を通りかかったイカ娘は会場で盛り上がる子供たちと一緒にショーを見学することに。黒タイツの連中が子供たちに襲いかかり、お決まりの展開で登場したヒーローの名は“能面ライダー”。珍妙な容姿のヒーローに大笑いするイカ娘だったが、ボスであるイカ魔人が現れると表情が一変する!


 第②話 勉強しなイカ? ★★★★☆
 
 設定にやや無理があるようですが、イカ娘は実は数学が超絶得意だったというお話。

「三つ指ついてお願いしますと言わなイカ!」

 数学が苦手な栄子を前にしてすっかり図に乗っているところはイカ娘の面目躍如といったところでしたね。
でも、イカ娘の周りでは数学ができることは何の役にも立たなかったのでした。

栄子に、「返せ!今日一日の私の時間と失った何かを返せ!」と迫られて苦し紛れにスミを吐くシーン。
最古典のギャグパターンでしたけど、最高でした。(^_^)

  


 数学の問題に頭を悩める栄子の背後で、イカ娘が問題の答えを言い当てた。イカ娘がズルをしたと疑う栄子は、更に追加の問題を解かせるが全て正解してしまう。納得がいかない栄子は最難関大学の入試問題をイカ娘に吹っかけるのだが、イカ娘はいくつもの数式を書き並べていき・・・。


 第③話 恋じゃなイカ? ★★★☆☆

 勘違いが勘違いを生んだ展開がありがちとは言え、面白かったですね。

 ところで、イカをモチーフとしたキャラクターとして「イカ娘」は大成功ですが、他にイカを素材としたキャラクターはどんなものがありましたっけ?
思いつくものは、ハンド・メイド・メイの「イカリヤ」、それにフタコイ・オルタナティブの「イカファイヤー」くらいですが、他に何かありましたかね。
ご存じの方はお教え下さいね。

  


 サーフィン中に大波にのまれたところを悟郎に助けられた渚。翌日、れもんにやって来た悟郎に渚は改めて助けてもらったお礼を言うのだが、その様子を悟郎が渚に入れ知恵しているとイカ娘は勘違いしてしまう。悟郎に対して渚に近づくなとムキになるイカ娘の姿はまるで・・・。




[FFFpeeps] Shinryaku! Ika Musume 06... 投稿者 mralexz

コメントする


[他の記事も読む]
<=次の記事 「秩父札所を往く ⑩」 ~10番札所 大慈寺~
=>前の記事 「同級生2」(OVA)


大分類が「侵略!イカ娘」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ