「侵略!イカ娘」 第2回

総閲覧回数:1,116,504回 / 推薦評価:118個(内 論客45人) / ブログ拍手:18,489
★★★★★★★★★★★★★★
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 「夢色パティシエール・プロフェッショナル」 第2(52)話
=>前の記事 「秋の彩り」 2題

1.
2010/10/12 侵略!イカ娘 > 「侵略!イカ娘」 第2回」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:1個


「侵略!イカ娘」 第2回


2010/10/13 おかわり君様より拍手を頂きました。ありがとうございます。


 この「イカ娘」、ゲハハ!!とくるようなキワ立った諧謔はないけれど、先の見えるジワジワした笑いが実にイイですね。
「地球侵略だ!」などと背伸びをしてるけど、何もできない、何も知らない失敗だらけの「ドジっ子イカ娘」に癒されます。
「イカ娘」可愛いなぁ・・・・・。

 間の悪い、雑なテンポも逆に何とも魅力的。
とかくセカセカした現代社会の中にあって、このアニメを見る時だけは、そんな事どーでもいいような時間を過ごせるような気がします。


① 仲間じゃなイカ?

 ライフセーバーの「嵐山悟郎」クンと「海を守る者同士」としての連帯を感じたものの、スタンスの違いを感じてすぐさま訣別、「悟郎」の足を引っ張ろうと画策するも、流されていた少女を協力して助けてしまいました、とさ・・・・・。

  
  


触手がつって溺れていたところをライフセイバーの悟郎に助けられたイカ娘。ライフセイバーが海を守る仕事だと聞いて親近感を覚えるイカ娘だったが、実際の彼の仕事は人類征服を目論むイカ娘が想像するものとは違っていた。
仕事の足を引っ張ろうとするイカ娘を煙たがる悟郎に対して、仕返しを企むイカ娘の前にチャンスが訪れるのだが・・・。


② 祝わなイカ? 

「相沢たける」の誕生日に便乗して、自分も誕生日を祝ってもらおうと。
年令に見栄を張ってロウソクを立てすぎて吹き消せず、ついにはスミを吐いて、折角のケーキを台無しにしてしまいました、とさ・・・・・。
このスミを吐くオチは完全に読めましたね。
読み通りに展開する心地良さ。

  


人間が誕生日を祝うことに興味を示したイカ娘は、自分の誕生日を勝手に決め付けて誕生パーティをしてほしいとねだり始めた。千鶴の好意で早速イカ娘の誕生パーティを開くことが決定し、準備に取り掛かるれもんの一同だが、その様子を見たイカ娘は・・・?


③ 遊ばなイカ?

「長月早苗」の家にやってきた「イカ娘」。
「海の家れもん」より居心地は良く、ここを地球侵略の拠点にしようと画策するも、逆にコスチュームプレイでさんざんもて遊ばれてしまいました、とさ。
千鶴に次ぐ、第2の天敵出現のようです。

  


栄子の同級生、早苗が愛犬のアレックスを連れてれもんに遊びに来た。栄子がアレックスを可愛がる姿にやきもちを焼いたイカ娘は、犬と対等の扱いを要求するが、意図せず千鶴に犬として弄ばれてしまう。そんな様子を眺めていた早苗はイカ娘を自宅へ招くのだが・・・。




[FFFpeeps] Shinryaku! Ika Musume 02... 投稿者 mralexz

☆ 本記事はトラックバックを受け取る機能がなく、申し訳ございません。
ご来訪のブログ様はアクセス記録にて確認させて頂いておりますので、ご了承の程を。

コメントする(論客のみコメント可能記事)1個


[他の記事も読む]
<=次の記事 「夢色パティシエール・プロフェッショナル」 第2(52)話
=>前の記事 「秋の彩り」 2題


大分類が「侵略!イカ娘」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ