「会長はメイド様!」 第26話 (最終回)

総閲覧回数:1,163,103回 / 推薦評価:121個(内 論客46人) / ブログ拍手:18,571
★★★★★★★★★★★★★★
ひさしぶりにラムちゃんにご登場願いました。
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 「秋を告げる草」
=>前の記事 「スクラップドプリンセス」 雑談

1.
2010/09/24 会長はメイド様! > 「会長はメイド様!」 第26話 (最終回)」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:1個


「会長はメイド様!」 第26話(最終回)


2010/10/09 非論客(プロバイダー: NK5457 ホスト:NK5294 ブラウザー: NK9687)様より拍手を頂きました。ありがとうございます。


 今回は徹底して美咲と碓氷の「カレカノ」相互認識へのプロセス描写でしたね。
まぁ、呆気ないといえば呆気ないですが、原作継続中の少女漫画の帰着点としてはここしかないでしょう。
本来が女の子を喜ばせるためのアニメですしね。
2話の時点で結果ここに至ることは見えていたし、1話のレビューにも

「反目し合っていたヒロインと男主人公が徐々に惹かれて両想い・・・・・、という月並みなパターンのようにも見えますが、多分この作品は恋愛メインではなく、日常の学園茶番劇を描きながら、やんわりと恋愛面も描いてゆくのでしょう。
結果ではなく、アプローチそのものを楽しむアニメのようです。」

と書きましたがまさしくその通りとなりました。
予想通り、「深谷」は前回限りで自然消滅となりましたね。

まぁ、こうなった以上は適当にうまくやってくれ。(笑)

  


 さて、この「会長はメイド様!!」、初回の掴みはさほどではなかったものの、気付いてみれば、「美咲」の魅力にグイグイと引っ張られ、あっという間に最終回になっちゃったという感じでした。
男たるもの、本来は女子をリードしなければいけない立場なのですが、逆に「美咲」にグングンとリードしてもらう受け身的立場はずいぶんと心地良いものがありましたね。

 「美咲」の魅力については一言では言いにくいのだけれど、その竹を割ったようなスカッとした性格、何事にも一生懸命で、弱きを助け強きをくじく正義の味方の勧善懲悪感の持ち主と、例えは悪いけれど女性版「刺青判官」といったところでしょうか。
そんな彼女にも唯一、「猪突猛進」という欠点があって、向こう見ずに走ってしまうところがあるけれど、そんなところを変態宇宙人の「碓氷」がうまくフォローしつつも、「美咲」のハートにうまく入り込んでいましたね。
そんなこんなで、今回の「カレカノ帰着」というゴールに至ったのでありました。

 本作は「葵ちゃん」達サブキャラの役どころも適材適所で脇をガッチリと固めており、全体に見て密度の高い、本当に楽しませてくれる作品だったと思います。
今回でみんなともお別れなのは少々寂しいですが、存分に楽しませてもらったので、2期は別にいいです。(笑)

 本作はとりたててキワドイ描写もなく、男女の分け隔てなく楽しめるから、何も深夜アニメでもなくて良かったですよね。
尤も今はゴールデンタイムにアニメ枠は全然ありませんから、それも叶わないのですが、昔、「ハイカラさん」とか「ベルばら」をやっていた頃に本作を対抗馬としてぶつけていたならば、さぞかしウケていたのではないかと思います。(笑)
 
 感想記事の方も、途中1~2話サボりがありましたが、何とか最後まで完走できました。
読んで下さったみなさま、有り難うございました。
10月期からは、感想継続作品もなくなり、また1から書き始められます。
さぁ、一体どんな作品に巡り会えるのか、今から期待半分、心配半分といったところですねぇ。

総合評価  ★★★★★★☆ (とても良い~最高)



第26話「ずるすぎるよ鮎沢、碓氷のアホ!」


夢咲高校の文化祭で『U×ミシ』ファンの行列に流され、さくら・しず子とはぐれてしまった美咲と碓氷。合流できるまでの時間潰しに、美咲と碓氷は成り行きで『ラブトライアル』なるイベントに参加することになるがこのイベントにはある特殊なルールが。 “どんな試練を前にしても二人は繋がっていられるのか”──二人の絆の行方は!?



[SCC]Kaichou wa maid sama 26 End ! Vostfr 投稿者 misslolola


第27話(特別編・TV未放送) 「おまけだよ」


http://www.anime44.com/kaichou-wa-maid-sama-ova



☆ 本記事はトラックバックを受け取る機能がなく、申し訳ございません。
ご来訪のブログ様はアクセス記録にて確認させて頂いておりますので、ご了承の程を。

コメントする1個


HARIKYU さんのコメント (2012/10/28) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]

非論客様、はるばるサイト外からの訪問、ありがとうございます。

まぁ、本作は原作も完了していないアニメの事ですし、終盤の不消化感は致し方ないところなのかも知れませんね。
私も最終回に関しては決して納得はしておりません。
只まあ、本作はあくまで「 美咲 」のキャラクター魅力に酔う、という事で良いのだ!・・・・・と勝手に思っています。

またお立ち寄り下さい。
非論客 プロバイダ: 51626 ホスト:51729 ブラウザ: 4682
CSで見てました。

全26回というので、それなりに人気があった作品だと思うのですが、
(実際、少女漫画の王道という感じで面白かったけど)
そのわりには最終2、3回のちょっとはしょられ感が気になりました。
(個人的には、雅が丘とかの絡みなんか2度も要らんかったな)

なんかあったのかな?大人の事情とか?
HARIKYU さんのコメント (2010/09/25) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
*
十傑集さん、コメントどうも有り難うございます。

原作漫画は知らないのですが、このアニメでは「深谷」は終盤近くに突然現れ、好感度をグングン上げながら、最後は潔く散った、という感じでしたね。
仰るような、噛ませ犬状態をダラダラと続けるよりは、パッと現れてパッと散るキャラクターにしたのはシリーズ構成上の上手さのように思います。
好キャラクターとしても記憶に残りましたしね。(^_^)
十傑集 さんのコメント (2010/09/25) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
今回で本作は終了ですね。
アニメはどこで区切るかと思ってましたが、ああ納得。

ちなみに葵ちゃんなどは原作より早く出たぐらいですが深谷君は後だったような…。
11話で碓氷が林檎を拾って鮎沢家にお呼ばれした時には原作では美咲は深谷君と帰宅してくるのです。
でも、この時にお母さんが「美咲はお父さんと違うタイプの人がいいのね」と
早々に深谷敗北フラグを立ててしまうので延々と(視聴者に)同情されっぱなしは作品的に不味いのかもしれません(笑。
HARIKYU さんのコメント (2010/09/25) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
*
竜巻回転 さん、毎度コメント有り難うございます。

「会長はメイド様!!」、終わってしまいましたが、振り返ってみると、本作はシリーズ構成といい、ストーリー運びといい、作画美術といい、満点はあげられないけど、非常に良いアニメでしたね。
脇役にも空気キャラがほとんどいなくて、みんなほんとに良い仕事をしていました。
「萌え」や「エロ」がない分、人気はイマイチだったようですが、この際そんな奴は放っておきましょう。(^_^)

それにしても「メイド様」の鮎沢美咲といい、「お稲荷さま」の佐倉美咲といい、「美咲」には魅力満点の愛すべきキャラクターが多いですね。
次はどんな「美咲」に出会えるのか、今からワクワクしています。(笑)

・・・・・あっと、「WHITE ALBUM」の美咲さんを忘れてました。
肝腎の人を忘れちゃあいけない。(汗)
竜巻回転 さんのコメント (2010/09/24) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
HARIKYU様、お邪魔します。

もう最終回は最初から美咲がデレデレ状態な姿が反則的に可愛すぎて
観てて終始ニヤニヤ状態が止まらない感じで、もう最後の頃には完全にお腹一杯までに
2人の仲を楽しめたという所で一つの決着点としては申し分ない最終回だったと思います(^^)。

こうして最終回を終えて改めて最初から振り返りますと、本作は一にも二にも美咲のキャラクターが立っていて、
一言で言うなら美咲のパワフルな所が美咲自身と作品のストーリーを
活き活きした物に見せてくれたかなと思います。

そして美咲と釣り合う男キャラとしては碓氷が本当に良いキャラクターで、
しかも並みの少女漫画みたいな単なる爽やかなイケメンってだけじゃなく、
変態宇宙人(褒め言葉)と言われる通りに普段はかなり掴み所が無いけど、
でも、肝心な所では何時も冷静に物事を運び美咲をフォローする優しさが有って、
2人は性格的には正反対だけど、その辺りが逆に絶妙なバランスで釣り合ってる感じでしたね。
それにしても碓氷の超人と奇人が混ざった様なキャラは色々と面白くて、
個人的には少女漫画系の男キャラの中でも相当に印象深いキャラになりましたね。

本作に付いては2クールに渡り本当に面白かった作品でしたが、
でも唯一の心残りは碓氷が最後まで何者か分からなかった所が気になりますかね。
まあ、この辺りは続きの原作を読めばという所でしょうけど、
でもアニメが終わった時点では変態宇宙人って所で納得しておきます(笑)。

それでは。


[他の記事も読む]
<=次の記事 「秋を告げる草」
=>前の記事 「スクラップドプリンセス」 雑談


大分類が「会長はメイド様!」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ