「廃校をたずねて」 ⑫ ~小川町立小川小学校下里分校跡~

総閲覧回数:1,143,346回 / 推薦評価:121個(内 論客47人) / ブログ拍手:18,532
★★★★★★★★★★★★★★
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 「夢色パティシエール」 第44話
=>前の記事 「会長はメイド様!」 第19話

1.
2010/08/07 廃校をたずねて > 「廃校をたずねて」 ⑫ ~小川町立小川小学校下里分校跡~」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:5個


※ 本ページはサービス判カラープリントからスキャンした駒が多く、そのため鮮鋭度増強処理をかなりキツメにかけている画像もございます。 目にキツイ点、何卒ご了承下さい。


  ・ 廃校をたずねて ⑫ 


2010/08/07 無記名論客様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2010/08/07 羽幌炭鉱様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2010/08/07 シューゴ様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2010/08/07 KAMIKAZE様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2010/08/08 雪霞様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
 



  ~小川町立小川小学校下里分校跡~

「比企の小京都」と呼ばれる比企郡小川町にある廃校を訪れました。
町中よりはそう遠くない田園地帯に位置しているので「えっ、何でこんな所に分校が?」と逆の意味で思ってしまう学校です。









① 学校の入り口。
農村地帯のかなりわかりづらい場所にあります。




② 桑畑の向こうに校舎が見えました。

桑の葉は養蚕の貴重な飼料ですが、現在では養蚕業自体が凋落してしまい、荒れ放題の桑畑が多のです。
でも、ここの畑はよく手入れされていました。




③ 小さな学校の玄関。
古い木造学校というのは「厳格な教育現場」という感じがするのですが、ここにはそんなイメージはありません。




④ 校舎の全景。
平屋建てシンメトリーの素朴な校舎です。
狭い校庭に所狭しと遊具が並んでいます。1~4年生までがこの分校で学び、5年生から本校に通ったそうです。
  



⑤ 管理人さんのご厚意で内部を撮らせて頂きました。
ここは職員室と放送室の廊下。

  


⑥ 教室の入り口。
学校名と同じ名のクラスです。




⑦ 当時のままに机が並んでいました。
私達はこんなに小さかったかなぁ・・・。




⑧ みなみ、にし、ひがし・・・。
天井にあった方位板。




⑨ 壁には古い子供達の写真が。




⑩ 学校は現在、生涯学習施設として、母親学級や老人クラブなどに使用されています。
幼い子供達と母親が校庭で遊んでいました。




⑪ 施設の使用中はシルバー人材センターの人が詰めています。
この日は黙々とグランドの整備をされていました。




⑫ 日が落ちて、子供達もセンターの管理人さんも帰った後の下里分校。
廃校は・・・やはり寂しいです。
桜の咲く頃にまた訪れてみたいと思いました。

コメントする5個


HARIKYU さんのコメント (2010/08/08) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
*
KAMIKAZE さん、いつも拍手とコメント有り難うございます。

この学校は山の中、というわけではなく、比較的市街地から近いので、いろいろと第2の人生の用途があったのでしょうね。
そんな意味で幸せな廃校のひとつと考えてよさそうです。

この学校の現役時代から写真を撮り続けて自費出版された、アマチュア・カメラマンの方にもお会いしました。
KAMIKAZE さんのコメント (2010/08/07) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
今回は埼玉・小川町の廃校跡ですか・・・
大きな建物ではないものの、素朴で親しみやすいイメージのある校舎だな、という感じがします。
この校舎は、廃校後は生涯学習施設として、今も利用されているのですね。
校舎の新しい使い道が見つかったというだけでも、本当に良かったな、と思います。


[他の記事も読む]
<=次の記事 「夢色パティシエール」 第44話
=>前の記事 「会長はメイド様!」 第19話


大分類が「廃校をたずねて」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ