「会長はメイド様!」 第11話

総閲覧回数:1,223,292回 / 推薦評価:121個(内 論客46人) / ブログ拍手:18,613
★★★★★★★★★★★★★★
ひさしぶりにラムちゃんにご登場願いました。
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 「夢色パティシエール」 第36話
=>前の記事 「ローマの休日」

1.
2010/06/11 会長はメイド様! > 「会長はメイド様!」 第11話」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:1個


「会長はメイド様!」  第11話 


2010/06/18 非論客様より拍手を頂きました。ありがとうございます。


 今回は「しず子」の肝っ玉の太さに恐れ入りました。(笑)

 落としたリンゴの収拾がつかなくなった美咲「母」をヘルプして、ちゃっかり美咲宅へ上がり込んでいた「碓氷」。
床の修理も引き受けていたようですが、さすがに「イケメン」と「大工」というのは繋がり難い感じがしますなぁ。(^^;)

  

 「美咲」が「碓氷」の手をつかんで、家から引きずり出す場面を「さくら」と「しず子」に見られてしまい、ちょっとした勘違いもありましたが、何だかんだで「碓氷」を尾行し、正体を突き止めようということに。
結局、何が何だかよくわからなかったようでありましたが。

 「さくら」と「しず子」の凸凹コンビも、「ミーハー」と「堅物」の楽しいペアでしたね。
高級レストランを「水」だけでやり過ごす「しず子」の度胸は只者ではない。(笑)
「興味なんかない。」とはいうものの、実は「碓氷」の事をかなり気にしている美咲がかなり可愛かったりも。
マンションに一人住まいの「碓氷」には何か深い理由がありそうです。

 ここのところ、あまりインパクトのある回はありませんが、この作品、低予算アニメではないようで、画面構成とか、何気ないカット割りなどなかなか工夫されていて、視覚的にも面白いですね。
ストーリー以外にもこんなところで楽しんでいくのも、「会長はメイド様!」視聴の一方かと。  


第11話「碓氷拓海の秘密に迫る!」


美咲の母と出会い、ひょんなことから美咲の家に行くことになった碓氷。その様子を偶然見たさくらとしず子は、美咲に碓氷との関係を問うが、碓氷の話をしているうちに、その謎めいた私生活が気になったさくらは、「碓氷の家に行こう」と提案し、尾行することに。果たして碓氷の秘密とは?


 

※ 当日記はトラックバックを受け取る機能がなく、まことに申し訳ございません。
ご来訪のブログ様は「アクセス記録」にて確認させて頂いておりますので、ご了承下さい。

コメントする
1個


HARIKYU さんのコメント (2010/06/13) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
*
竜巻回転 さん、毎度コメント有り難うございます。

私も「しず子」の度胸を少し分けてもらいたいところです。(^^)

今回はばかに面白かったという人と、そうでもなかったという人が半々くらいですが、私はその中間ですね。(笑)
ここ2回ばかり特にキワダッタ回ではありませんが、地味に面白いです。
次回は体育祭ネタなのでかなり期待できるかも。
個人的には「葵」ちゃんの活躍がもっと見たいところなんですけどね。
竜巻回転 さんのコメント (2010/06/12) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
HARIKYU様、お邪魔します。

さて今回は定番ともいえる尾行ネタでしたけど、しず子の度胸には恐れ入りましたねぇ。
でも先週さくらの一件では全く首を突っ込まなかったのに今回は随分と積極的になってたけど(^^;)。
何か尾行する3人にしろ、尾行される碓氷にしろ双方に楽しいツッコミ所が色々と有りましたね(^^)。
しかし表向きは興味の無い素振りをしていても、
本心ではしっかりと碓氷を気にする様子の美咲は可愛いですね(^^)。

今回も楽しく仕上がってましたが、ただ欲を言えば碓氷がせっかく美咲の家に行ったのだから
美咲と碓氷に加えて母親と妹の4人の軽妙なやり取りをもっと多く観たかったですね。
その辺りだけが唯一物足りなかったかな。

それでは。


[他の記事も読む]
<=次の記事 「夢色パティシエール」 第36話
=>前の記事 「ローマの休日」


大分類が「会長はメイド様!」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ