いちばんうしろの大魔王 第5話

総閲覧回数:1,163,103回 / 推薦評価:121個(内 論客46人) / ブログ拍手:18,571
★★★★★★★★★★★★★★
ひさしぶりにラムちゃんにご登場願いました。
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 「夢色パティシエール」 第30話
=>前の記事 「ナノハナ」

1.
2010/05/01 いちばんうしろの大魔王 > いちばんうしろの大魔王 第5話」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]


  いちばんうしろの大魔王  第5話


 何なんだ、この展開は。(笑)
でも、面白い!!
地下迷宮のお宝探しの「真面目ストーリー」と、女性キャラ達が織りなす「お色気エロバカストーリー」が渾然一体となった素晴らしい回でした。(笑)

 今回の展開を手短に纏めるのはとても面倒臭いので略しますが、要は不二子「兄」はドラゴンの主になる資格がなかったために死んだのだ、ということなんでしょうか。
決して仕事を放り出して死んだ「弱者」ではなかった訳で、「不二子」も兄の死が不甲斐ないものではないことを知った時は、嬉しそうに泣いていましたね。

 「照屋栄子」は政府側の密偵、「生徒会長」と「三役」も政府から現状維持を託された「妖怪」だったことも解明されました。
「阿九斗」が果たして魔王にふさわしいかどうか、見極める役目も担っていたようですが。

 兄の死の謎を解こうと暴走した「不二子」を助けるべく、本気モードの「阿九斗」は完全に「デビルマン」ですな。
ちなみに私は「デビルマン」をリアルタイムで見ていました。
デビルマン強し!
ドラゴンをやっつけて従えた「阿九斗」はとうとう「魔王」になっちゃいました・・・・・!

 不二子「兄」を殺した金髪・白服の男が何者なのかは判然としませんが、この後しばらくはハーレム回とギャグ回が続いて、ラストの方で一気に解明されるのでしょう。

不二子「兄」の瞼が縫い合わされているのは不気味でしたねぇ・・・・・。



第5話 「地下迷宮にご用心」

「けーな」がばら撒いた地図のお宝を目指して、学院内は負傷者が続出してしまう。「阿九斗」は風紀委員として宝の探索をやめる様全校集会で呼びかけるが、突然乱入してきた「照屋栄子」の提案で地図の示す場所を確認する事になってしまう。
地図が示す学院の地下迷宮を目指す「阿九斗」と「ころね」、そしてヒロシ。
しかし、その地図が示していたのは、その昔魔王のみが所有する事をゆるされた秘宝が隠された場所であった・・・・・。



コメントする


HARIKYU さんのコメント (2010/05/02) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]

素空さん、いつもコメント有り難うございます。(*^_^*)

今回の詰め込み展開は、あっちこっちで評判悪いですけど、私は別段気にしないからどうでも構いません。(笑)
それよりもテンポの良さが印象に残りました。

ころね、絢子、けーな、不二子、みんな良い味を出してますね。
今後、どう阿九斗にエロく迫って、どうデレるのか非常に楽しみです。
でも、それよりも話の本筋を掴まなくては。(汗)
素空 さんのコメント (2010/05/02) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
こんばんは、たった今5話見ました。
やっぱ、この作品好きです。いや、かなり。
なんと言うか、愛すべきアホ展開と言いましょうかね、そんな感じですww

5話は、今まで一番展開が速かった気がします。ついて行くのが大変でした。
面白かったは面白かったですが、エロバカ方面で、もうワンパンチ欲しかったかなぁ・・。

次回は臨海学校だそうですね。
予告だけで、次回が待ち遠しいです。
凄い事やってくれることを期待しましょうww

では、また来週、多分来ます。


[他の記事も読む]
<=次の記事 「夢色パティシエール」 第30話
=>前の記事 「ナノハナ」


大分類が「いちばんうしろの大魔王」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ