「いちばんうしろの大魔王」 第2話

総閲覧回数:1,107,473回 / 推薦評価:117個(内 論客44人) / ブログ拍手:18,474
★★★★★★★★★★★★★★
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 「夢色パティシエール」 第27話
=>前の記事 「会長はメイド様!」 第2話

1.
2010/04/10 いちばんうしろの大魔王 > 「いちばんうしろの大魔王」 第2話」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]

☆ 「いちばんうしろの大魔王」 第2話  ☆ 

 何となく、今後への布石のような回でしたが、それでも十分に「次回以降、一体何が起こるんだろう?」という期待は抱かせてくれる内容でしたね。
お話的には、お色気を織り交ぜた「ころね」と「江藤不二子」のキャラクター紹介だけ、という感じになっておりましたが。

 「ころね」は、政府から派遣された阿九斗の「監視役」という設定ですが、外見にしろ、言動にしろ、まぁ、深夜アニメとしては月並みな、「萌え型アンドロイド」ですね。
ただ、尻尾がスイッチなっている、というのは変わってますな。

 「不二子」は両目に「泣きボクロ」があるという、これまた変わったキャラクターでした。
「泣きボクロ」も、片目だけだと、これは3次元でも、十分に萌え要素なのですけれど、両目というのはどうなんでしょうかね。
長所が相殺されてしまうような気もしますがね。

 さて、この「不二子」、「阿九斗」にやたらと好意的で、「絢子」との仲直りにも協力するとの事ですが、番組ホームページの「キャラクター紹介」の欄に

『学院女子寮の寮長を務める学園一のマドンナ。美人で生徒や教職員からの信頼も熱いが、その正体は学園を影から支配する黒魔術師。「魔王となる」阿九斗の力に目を付け、支配下に置こうと画策している。学院敷地内にある地下迷宮の隠し部屋で生首となった兄を従えて謀略を巡らせている。』

とあり、どのように「阿九斗」を利用しようというのか興味深いところです。
それにしても生首の兄とは。
どうしてこんなミステリアスな設定になったのか、知りたいですね。

 それと、どうして「けーな」が「阿九斗」に憑き纏うのか、冒頭のシーンが伏線になっているようですが、これまた回収待ちといったところでしょうか。
知りたい人はページ下部を。


第2話 「おかしな監視員」

編入初日に魔王と診断されてしまった「阿九斗」。周りの誤解を解こうと必死に行動するが、全てが裏目に出てしまい、ますます周りから冷たい視線を浴びる事になる。挙げ句に政府から派遣された人造人間リラダンの「ころね」に常に監視されたり、突然現れた「けーな」になぜか全裸で抱きつかれたり、いつも大騒ぎに。しかし、学院一のアイドルで女子寮長の江藤不二子は阿九斗の不遇を理解し、旬子との仲直りに協力すると言ってくれたが・・・。



※ 当日記はトラックバックを受け取る機能がなく、まことに申し訳ございません。
ご来訪のブログ様は「アクセス記録」にて確認させて頂いておりますので、ご了承下さい。

なお、あるサイトに1話に至る以前の設定が明かされていました。
理解の助けになるかもしれないので、引用して貼っておきます。


[クリックすると読める部分(乱暴な言葉遣い/非難を隠す為に使わないで下さい)]
 

コメントする


[他の記事も読む]
<=次の記事 「夢色パティシエール」 第27話
=>前の記事 「会長はメイド様!」 第2話


大分類が「いちばんうしろの大魔王」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ