「会長はメイド様!」 第1話

総閲覧回数:1,133,444回 / 推薦評価:121個(内 論客47人) / ブログ拍手:18,491
★★★★★★★★★★★★★★
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 桃の山里
=>前の記事 「君に届け」 第25話

1.
2010/04/02 会長はメイド様! > 「会長はメイド様!」 第1話」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]


「会長はメイド様!」 第1話


 掴みは「中の上くらい」といったところでしょうか、新番組の「会長はメイド様!」。
原作は少女漫画だそうです。
お互い反目し合っていたヒロインと男主人公が徐々に惹かれて両想い・・・・・、という月並みなパターンのようにも見えますが、多分この作品は恋愛メインではなく、日常の学園茶番劇を描きながら、やんわりと恋愛面も描いてゆくのでしょう。
結果ではなく、アプローチそのものを楽しむアニメのようですね。

・・・・・主人公の「鮎沢美咲」は、生徒の8割が男子という星華高校を変えるべく、意地とプライドで初女生徒会長に就任した様子。
学校では決して隙も弱味も見せられない立場です。
しかし、家庭事情はというと、父親が借金をかかえて「蒸発」中の超ビンボー生活。
母親一人の収入では家族3人の糊口はしのげず、妹は懸賞に一攫千金を狙い、本人は家計を助けるために「メイド喫茶でバイト中」という設定でした。
当然学校にバレてしまっては、マズイ訳なのですが、よりによって学校一のイケメン男、「碓氷拓海」に見られてしまったから・・・・・。 

と、いうところからお話の始まり。

 シリーズ構成が池田眞美子さんなので、そこそこには期待できそうですね。
「狂乱家族日記」のような失敗作もあるけれど、女性の視点に立った優しい構成をされる作家さんです。

 「美咲」のキャラクターや言動が、ちょっと前までやっていた、S・A(スペシャル・エー)「光」に類似しているところが気になるところですが、まぁ、そのうち慣れてくるでしょう。
あちらの方は設定が不愉快だった上に、お話の方も空中分解しましたが、構成作家がJ・H氏では仕方のないところ。
本作ではそのようなことはないでしょうが。

 さて、「3バカトリオ」にからまれた「美咲」を助けた「拓海」への代償は「1日だけ俺だけのメイドになる。」事だそうです。
不良連中も引く「拓海」とは一体どんな奴なんでしょうか。
「俺だけのメイド」で一体何を要求してくるのか?
次回も一応、楽しみにしてみたいと思います。

 なお、最初の方で「男子校は汚い」ようなイメージの画面がありましたが、実際には「女子校」の方が汚い、という話を聞いたことがあります。
私は共学校だったのでわかりませんが、遠い昔、とある試験を「工業高校」で受けたことがありますが、とても綺麗に整頓されておりましたよ。

 それと、メイド喫茶には秋葉原で何度か入ったことがありますが、特にどうということは・・・・・。(^_^;)
可愛いことは可愛いんですが、入り浸るようなところではありませんね。
「ツンデレメイド喫茶」というところもありますが、こちらはカップルでないと入れません。

【作品紹介】

共学になってまだ数年の星華高校は男子高だった名残で生徒の8割が男子だ。
そんな星華高校の初女生徒会長・鮎沢美咲。
学校の秩序を守るべく校内を厳しく取り締まる、文武両道の美咲のヒミツ──それはメイド喫茶でアルバイトをしていること!
学校の生徒にメイド姿がバレないようにと願っていたが、ある日、学校一のモテ男、碓氷拓海に見られてしまい…最大のピンチ!
生徒会長とメイドの二重生活はどうなる!?



第1話 「美咲ちゃんはメイド様!」 


 

※ 当日記はトラックバックを受け取る機能がなく、まことに申し訳ございません。
ご来訪のブログ様は「アクセス記録」にて確認させて頂いておりますので、ご了承下さい。

コメントする


[他の記事も読む]
<=次の記事 桃の山里
=>前の記事 「君に届け」 第25話


大分類が「会長はメイド様!」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ