「真・恋姫†無双~乙女大乱~」 第1話

総閲覧回数:1,133,444回 / 推薦評価:121個(内 論客47人) / ブログ拍手:18,491
★★★★★★★★★★★★★★
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 「夢色パティシエール」 第25話
=>前の記事 「おおかみかくし」 第12話

1.
2010/03/27 真・恋姫†無双〜乙女大乱〜 > 「真・恋姫†無双~乙女大乱~」 第1話」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]

☆ 「真・恋姫†無双~乙女大乱~」 第1話  ☆ 

 「恋姫†無双」の第3期開始ですね。
「恋姫†無双」は「無印」、「真」、ともに見ています。
「無印」では「関羽」と「張飛」の描く勧善懲悪型の道中劇が大変楽しかったのですが、「真」の方では「恋姫†無双」に期待していた娯楽の方向性がだいぶ別の方向に傾いてしまってちょっとガッカリしたのを覚えています。
一般的な評判でも、「真」も面白いが、やっぱり「無印」の方が面白かった、という声が多いですね。
さて、3期の「~乙女大乱~」ではどうかな、と。

 だいぶ手応えはイイですね。
これは今期はイケるかも・・・・・。
いよいよ今期は、新しい剣を手にした「劉備」が主役を張るのかな?といった感じ。
「関羽」はいかにも「頼りになるお姉さん」という感じなのですけれど、「劉備」の方はどうにも「頼りにならないお姉さん」とい感じで、このキャラは好きなのですよ。



 さて、どこでどう登場したのかまったく覚えていない、「可進」の飲まされた「猫子丹」の毒消し薬の材料を求めて、今度は3班に分かれての道中ですね。
「関羽」は「江東丸」を求めて「孫家」の許への単独行、「馬超」と「趙雲」は「持久草」を求めて「泰山」へ、「劉備」と「張飛」と「朱里」のトリオは「水鏡」の許へ「南蛮象の臍の胡麻」」を求めての旅へといざ出発と相成りました。
矢っ張り一番不安なのは「劉備組」ですね。(^_^;)
今後はこのトリオの道中を中心に描いていくのでしょうか。

 今回は無理なダイエットの反動の「つまみ食い」で、食あたりを起こした「劉備」を、一同が「出産」と勘違いするギャグ回でしたが、凄~く面白かったです。
これぞ「恋姫†無双」といった感じ。
ダンナ役を命じられた「馬超」がうろたえる場面も笑えましたね。
次回以降も期待して見ていくことにして参りましょう。
次回予告は「乙女排卵」
ナヌ??

 ところで、「医者、医者はどこだ!」の「張飛」のセリフはつげ義春の「ねじ式」のパロディです。
一体、このことをどれだけの人が知っているというのかナ・・・・・。


第1話(先行放送) 「劉備、新たに旅立つとのこと」



※ 当日記はトラックバックを受け取る機能がなく、まことに申し訳ございません。
ご来訪のブログ様は「アクセス記録」にて確認させて頂いておりますので、ご了承下さい。

コメントする


HARIKYU さんのコメント (2010/03/29) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]

おかわり君様、コメントどうも有り難うございます。

2期、3期が失速してしまうのは、良い素材を1期で使い切ってしまう、ということもありますが、おっしゃる通り、スタッフ意気込みが変な方向に傾いてしまうこともありますよね。
「スクールランブル」「夏のあらし!」誠に然りだと思います。

「恋姫」の3期は、また道中劇のスタートという感じで、1期のスタートに近く、また原点に戻った作品を見せてくれるのではないかと期待しています。
おかわり君 さんのコメント (2010/03/29) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
お邪魔します。
まだ評価コメントは書いていませんが、私も無印は古典的なギャグ、楽しい作風でかなり楽しめましたが、真はイマイチでした。
続編がイマイチといえば他にはスクールランブルとか夏のあらし!もそうでした。
1期が良かったから期待しすぎるというのもあるのかもしれませんが、キャラ押しが目立ち、その他がおざなりになることや、
「前回と同じ事をやってもダメだ」とスタッフが意気込んで裏目に出ることも多い気がします。
ではこれで。


[他の記事も読む]
<=次の記事 「夢色パティシエール」 第25話
=>前の記事 「おおかみかくし」 第12話


大分類が「真・恋姫†無双〜乙女大乱〜」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ