「おまもりひまり」 第7話

総閲覧回数:1,163,103回 / 推薦評価:121個(内 論客46人) / ブログ拍手:18,571
★★★★★★★★★★★★★★
ひさしぶりにラムちゃんにご登場願いました。
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 「おおかみかくし」 第7話
=>前の記事 「君に届け」 第19話

1.
2010/02/18 おまもりひまり > 「おまもりひまり」 第7話」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:1個


☆ 「おまもりひまり」 第7話  ☆ 



 にわかにドラマ性も帯びてきて、ますます目の離せない展開になってきましたね、今回の「おまもりひまり」第7話。
「緋鞠」と「くえす」の過去の確執や、立場の違いなども語られて、十分に納得のいく回でした。
相変わらず剛柔織り交ぜた巧みな構成は、30分間視聴者を画面に釘付けにします。
「くえす」の「乳揺れ」など、お色気を忘れないところなども素晴らしい。(笑)

 さて、いきなりの「カフェ・リリッシュ」座談会で、「くえす」は「優人」の許嫁だということが発覚し一同騒然としてしまいます。
取り乱した「リズリット」が、婚約解消の切り札として取り出したのは「記憶を消す紅茶」なる一品。
でも、「生まれてから今日までの記憶をきれいさっぱり消す。」というのでは「優人」には使えませんね。

しかし、良く考えてみると、この紅茶を「くえす」に飲ませれば良いのでは?と思うのですが。
その、「記憶を消す紅茶」でしたが、残念ながら中身は「空っぽ」でした。(笑)
このあたりの「妖怪湯飲み茶碗」、リズリットの間抜けな描写は可愛かったなぁ、と。

 「優人」の祖父が「くえす」を許嫁にしたのは、男系の「天川家」と女系の「神宮寺家」のバランスを考えて、良い子孫を残そうと考えたことなんでしょう。
でも、今の「優人」にとっては迷惑な結果になってしまいましたね。
「優人」の猫アレルギーも「くえす」が仕込んだものらしい。


 後半は結局、「緋鞠」と「くえす」のバトルになってしまいましたが。
「くえす」は西洋飛び道具も使用するんですねぇ。
呪文の込められたという弾丸が擦ってしまった「緋鞠」は、また悪の本性の発動寸前になってしまいますが、「戦いに染まって欲しくない。」という「優人」の言葉を思い出し、寸手の所でその場を退去。
「緋鞠」の本性を見た「くえす」は恐怖で震えが止まりません。
傷付いての「緋鞠」の帰宅・・・・・。
で、又しても続く?(泣)

 いやー、いつもいいところで終わりますね。
これ又来週が楽しみでなりません。
それにしても「くえす」が何度も口にした「あの日の約束」とは一体なんのことなんでしょうか。



第7話 「猫の想いと魔法少女のユウウツ」(公式ホームページより)

くえす様 登場で、危機感を高める凛子とリズ!
「私たちの出番が減っちゃうじゃない!」
「ふえぇ、そっちですか~」
「ネットでも、くえす様の人気がうなぎのぼりですぅ~」
「私は修正の話題しかない・・・なの」

     

あからさまな人気取りに出るリズ!
キスした者の余裕、浮かれる緋鞠。

    

そして、くえす様の襲撃が始まる!
緋鞠、絶対絶命!?

    



第7話 『猫の想いと魔法少女のユウウツ』をお楽しみに!



Omamori Himari - 07 投稿者 Latrah

コメントする1個


HARIKYU さんのコメント (2010/02/19) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]

きつねのるーとさん、いつもコメント有り難うございます。

「記憶を消す紅茶」はたとえ「リズリット」が急造したとしても、「くえす」は飲まないでしょうね。
そこで話が終わってしまいますし。(笑)

>それから今回も作画の細かさが際立っていたですね。
>発砲時以外、トリガーには指をかけないと言う銃器扱い上の常識

私は銃器には詳しくないんですが、随分と細かい点まで描かれているんですね。
新しい「常識」を覚えさせて頂きましたので、今度からアニメで銃を使う場面があったなら、気をつけて見てみたいと思います。
有り難うございました。(^_^)
HARIKYU さんのコメント (2010/02/19) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]

竜巻回転さん、いつもコメント有り難うございます。

「緋鞠」と「くえす」が歩み寄る気配はまったくなさそうですね。
ただ、このまま最終回までバトルが続くというのは不自然ですから、まぁ、何かのきっかけで「停戦」状態になり、しばらくはラブコメになって、また、ラストへもつれ込むのでしょう。
次回あたり、そのきっかけが現れれば良いのですが。
バトルよりはラブコメの方が個人的には好きなので、そうなって欲しいなと思います。

ヒロイン達については目下、2強3弱状態になってますが、このままではファンが納得しないので、3弱達にもあと1、2度見せ場があると良いですね。
特に凛子には同情票が集まっているようですし。(笑)
非論客 プロバイダ: 22678 ホスト:22621 ブラウザ: 7351
TB代わりにコメントします。きつねのるーとです。

>この紅茶を「くえす」に飲ませれば良いのでは?
それは確かに私も気が付きました。
最終的にはそれで解決したとかだったら大笑いですよね。
空っぽだった件に関してはリズが急造する方向で(爆)

それから今回も作画の細かさが際立っていたですね。
一番、感心したのはクエスの銃器の扱いです。
発砲時以外、トリガーには指をかけないと言う銃器扱い上の常識をちゃんと守らせているあたりなかなかセンスが良いです。原作者から厳重注意があったか、スタッフに心得がある人がいたかな?

それにしてもクエスに優人がしたと言う約束は一体なんだったでしょう。
気になりますね。
ではでは
竜巻回転 さんのコメント (2010/02/19) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
HARIKYU様、お邪魔します。

ここ最近の展開はバトルが目立つ印象でピリピリムードでしたが、
今回は冒頭での喫茶店での座談会を見て久々に和めた感じで、
それに先週はほとんど出番が無かったリズリットや凛子の出番が増えて良かったです(^^)。
でも凛子に付いては次回予告で出番が少ない事をネタにされてるけど(笑)

さて本筋のストーリーの方は緋鞠と「くえす」の戦いが激しくなってきて、
どうも現時点では2人が歩み寄る兆しが見えそうも無いし、
特に「くえす」の方が考えを改めるつもりが全く無さそうですね。
また今の「くえす」が拘ってる優人の忘れてる過去がどんな物なのかも気になります。

それでは。


[他の記事も読む]
<=次の記事 「おおかみかくし」 第7話
=>前の記事 「君に届け」 第19話


大分類が「おまもりひまり」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ