「君に届け」 第18話

総閲覧回数:1,163,103回 / 推薦評価:121個(内 論客46人) / ブログ拍手:18,571
★★★★★★★★★★★★★★
ひさしぶりにラムちゃんにご登場願いました。
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 「おまもりひまり」 第6話
=>前の記事 センチメンタルジャーニー

1.
2010/02/10 君に届け > 「君に届け」 第18話」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:2個


  「君に届け」 第18話


2014/03/10 えぼだいのひらき様より拍手を頂きました。ありがとうございます。



 今回は「千鶴」の逸話でしたが、「爽子」同様、私は「千鶴」や「あやね」も大好きなので、こうしたエピソードは嬉しいですね。
てっきり「千鶴」の恋の相手は「龍」だとばかり思っていたのですが、龍の兄だったとは。
それもかなり一途な恋のようで。
これは「爽子」同様、視聴者である我々も見事に騙されたんじゃあないでしょうか。

 さて、「あやね」の方はと言うと、独占欲と嫉妬の固まりのような相手に息苦しさを感じ、破局への結末。
「最初からこんなの望んでいない。」
そう、誰だってはじめから壊れると思って恋も結婚もしないですよね。
これは私自身の経験にも被るところがあり、身につまされました。

「アタシ、いい女になるんだー。」

「千鶴」のひたむきな愛ですが、何となく兄が婚約相手を連れて帰ってくるとか、そんな「千鶴」にとっては可哀想な展開も予想されますね。
この手の子は気丈だけどモロいから大丈夫かな。
大丈夫でしょうね、われらの「千鶴」なら。

 ふたつの「愛」に挟まれて、「爽子」と「風早」のおままごとは出る幕がありませんでした。



第18話 「千鶴の恋」 


千鶴と龍が2人で話す様子を見て、爽子は、2人は両想いなのではないかと想像が膨らんでいた。そんな中、千鶴が龍の誕生日プレゼントを買いに行くということで、爽子はついていき、その帰り道、思い切って千鶴の好きな人を聞いた。

 


コメントする(論客のみコメント可能記事)2個


[他の記事も読む]
<=次の記事 「おまもりひまり」 第6話
=>前の記事 センチメンタルジャーニー


大分類が「君に届け」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ