「ささめきこと」 第②話

総閲覧回数:1,107,473回 / 推薦評価:117個(内 論客44人) / ブログ拍手:18,474
★★★★★★★★★★★★★★
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 「アスラクライン2」 第3話
=>前の記事 「君に届け」 第2話

1.
2009/10/15 ささめきこと > 「ささめきこと」 第②話」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:2個


☆ 「ささめきこと」 第2話  ☆


大女には大女なりの悩みがあって、「純夏」が想いを寄せる「汐」の好みは小さくて、「可愛い」女の子。
せめて服装だけでもと、「汐」の勧めてくれた服を買い込み、告白に向かうもタイミングがつかめず、ひょんなことで、「汐」の口から発せられた、「純夏はタイプとは違う。」発言に、「純夏」は失意呆然。
ここに前から「純夏」に想いを寄せていた♂が一人、彼、「朱宮正樹」もまた、純夏が小さくて可愛い「汐」が好きだと知っていて、女装して「純夏」の気を引こうとする。
女装した「正樹」は実は「汐」が夢中になっていたモデルの女の子だった・・・・・。

ここまでが今回のお話。

何だかややこしい関係になってきました。
「女の子が女の子を好きになる・但し片想い」、という設定に、一方の娘を好きになる「女装少年」がいた、というかなり変わった展開は読めませんでしたが、面白い。
彼が今後どのようにストーリーに絡んでくるか、楽しみですね。

「正樹」は小さくて弱々しい少年なので、強くて大きい「純夏」に魅かれるんですね、だから女装までして彼女の気を引こうと。
まぁ、わからなくもありません。
要は「純夏」が「正樹」の気持ちを受け入れてあげればいいんですが。
でも、それじゃあこの先、お話にならないですな。(笑)

体育の時間まで、膝上黒ソックスを履いている「純夏」が印象的でした。



その二 『かわいいひとたち』


雑誌で見かけた読者モデルに夢中になる汐。いつものように浮かれて暴走する汐の様子に純夏は落ち込む。件の読者モデルは、クラス委員長で成績優秀でスポーツ万能ではあっても自分が汐好みの「かわいい女の子」ではないと思っている純夏にとって、汐の理想と自分自身のギャップを思い起こさせる存在なのだった。
思い悩む純夏を気にかけていたクラスメイトの朱宮正樹は、純夏に「村雨さんはかわいい」と告げる。その言葉に俄然自信を取り戻した純夏は、告白を決意して汐の家を訪ねる。だがいざ汐と向き合うと、なかなかタイミングが掴めないのだった。



[Formula]_Sasameki_Koto_-_02_[DBC6AE06] 投稿者 mralexz

コメントする2個


HARIKYU さんのコメント (2009/10/16) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]

お名前がわかりませんが、コメントどうも有り難うございます。

そうですね、ややこしい関係になってきました。
いわゆる三角関係というのではなくて、変形三角というか、三角ループ関係ですね。
まさか女装男子が絡んでくるとは思いませんでした。
「青い花」とは全然違ったアプローチで楽しいです。
この次は男装女子が絡んでくると面白い・・・って、それはないか。(笑)
非論客 プロバイダ: 268 ホスト:237 ブラウザ: 3878
こんにちわ。
女装少年の登場でただのユリ作品ではなくなってきましたね。
汐が真性のユリではなく、だだのかわいい女の子好きなら正樹とのカップルもありのようなきがするんですが、どうなるでしょうね。
おかしな三角関係ができそうです。


[他の記事も読む]
<=次の記事 「アスラクライン2」 第3話
=>前の記事 「君に届け」 第2話


大分類が「ささめきこと」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ