「アスラクライン2」 第2話

総閲覧回数:1,256,701回 / 推薦評価:121個(内 論客46人) / ブログ拍手:18,619

アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 「ささめきこと」 第①話
=>前の記事 「こばと」 第1話

1.
2009/10/08 同日2番目 アスラクライン2 > 「アスラクライン2」 第2話」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:1個


☆ 「アスラクライン2」 第2話  ☆


悲劇的な序幕・・・・・は、夢でしたね。
今回は比較的わかりやすいストーリーで、(それでも私は2回見ましたが)、「智春」が「操緒」を消滅させたくない、何とかしてハンドラー(演操者)やベリアル・ドール(副葬処女)の運命を変えたい、という気持ちは良く伝わってきました。

変なコアラの正体は科学部長「[満室・満席・満車]塔貴也」の疑似感覚入出力デバイスでした。
その科学部長「貴也」と第三生徒会会長の「橘高冬琉」は隣どうしの幼馴染みという関係、そして「冬琉」こそが鐵の先代のハンドラーであり、ベリアル・ドールを消滅させてしまった悲しい過去を持ち、そしてそのベリアル・ドールは「冬琉」の姉、「秋希」であったというもの。
「貴也」が学校に姿を見せないのは、「秋希」を思い出させまいとする、「冬琉」への思いやりであったから、という顛末でした。

さて、「貴也」との接触によって、「智春」は「操緒」消滅阻止へのヒントを掴むことはできるのでしょうか。

私も「操緒」には消滅して欲しくないので、是非共、「智春」を応援したいのですが、オープニングやエンディングの画面はハッピーエンドとも悲劇的終幕とも取れる手法を使っていて紛らわしいです。
焦らしますね。

黒崎朱里絡みの挿入部分はちょっと意味がわかりませんでした。
何かの伏線なのでしょう。


第2話(15話) 「悪魔に喰われた副葬処女」



<font size="1">Watch A-C2nd 02(15)ep in アニメ  |  View More Free Videos Online at Veoh.com</font>

コメントする
1個


[他の記事も読む]
<=次の記事 「ささめきこと」 第①話
=>前の記事 「こばと」 第1話


大分類が「アスラクライン2」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ