「青い花」 第⑨話

総閲覧回数:1,107,473回 / 推薦評価:117個(内 論客44人) / ブログ拍手:18,474
★★★★★★★★★★★★★★
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 「大正野球娘」 第8話
=>前の記事 「宙のまにまに」 第⑧話

1.
2009/08/27 青い花 > 「青い花」 第⑨話」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:1個


「青い花」 第⑨話


「ふみ」と「京子」の「失恋傷心ツアー」?ではないんでしょうが、唐突に今回は高1組女子キャラクター総出の「バカンス回」、いつもの水彩画調の美しい画風と相俟って、爽やかで楽しげな展開でしたね。

目的地は「清里」にある、「京子」の許婚「澤乃井康」家の別荘。
「あきら」の兄「忍」もアッシー君に駆り出されますが、完全に「あきら」に翻弄されてますね。
「京子」と「澤乃井康」の馴れ初めも紹介されておりました。
「康」の「京子」に対する想いの強さは、深甚なものだと感じ取れます。
この二人は当然結ばれるべきだと思うし、「京子」は「康」に対してもっと素直になるべきじゃあないでしょうか。

「Everybody Love Somebody Sometime」 (=誰かが誰かに恋してる)の蚊帳から外れ、一人「恋する乙女」ではない自分を残念がる「あきら」の姿も印象的でした。
でも、彼女はこのままでもいいと思うんですがねぇ。

さて今回、爽やかな高原の描写が印象的だった、小海線の「清里」という所は、私にとっては実になじみの深い場所でして、先ず中学生の頃、消えゆく蒸気機関車「C56」を何度も追っかけ回したところ。
次いで高校~大学の頃は大好きになった「八ヶ岳」を、ここ清里から何度も頂上を目指しました。
更には婚前旅行で泊まった「町営たかね荘」や「国民宿舎八ヶ岳ロッジ」のあった場所でもあります。
しかしその「国民宿舎八ヶ岳ロッジ」は10年程前に廃止され、先日久しぶりに宿舎跡を訪ねてみましたが、そこは既に建物の跡形もない更地と化し、婚前旅行をした前妻とは生き別れをしたという過去形も相俟って、虚しさがこみ上げてきましたよ・・・。(-_-;)

本作も残りもうあと2回、今回は終盤の盛り上がりに向けてのクッション回のように感じました。
クライマックスはどのように〆るのか?
今から非常に楽しみです。


第9話 「夏の夜の夢」  
  

夏休みに入り、京子の誘いで許婚である澤乃井康一家の清里の別荘へ向かう一同。あきらとふみだけではなく、あきらの兄や松岡の演劇部三人娘も一緒の賑やか旅行。一同はテニスにゴルフにハイキングにキャンプにと自然を満喫。自分たちでカレーを作ってそのおいしさに感動したり、夜中に怪談話をしてみたり...。そして、キャンプの夜は二人一組での肝試しをすることに。そこであきらは、康が本当に京子のことを愛しているのだと知るのでした。



[Koharubi]_Aoi_Hana_-_09_[C06AE202] 投稿者 gogogo_sago

コメントする1個


[他の記事も読む]
<=次の記事 「大正野球娘」 第8話
=>前の記事 「宙のまにまに」 第⑧話


大分類が「青い花」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ