CHIGEのブログ

[ガラケー版(QRコード)] 総閲覧回数:69,784回 / 推薦評価:131個(内 論客74人) / ブログ拍手:927
 15日14日13日12日11日10日9日8日
閲覧74 (+9)65 (+51)14 (+3)11 (-6)17 (+5)12 (-13)25 (-18)43
階位2929292929292929
ポイント1,626,8101,626,810
(+1,600)
1,625,210
(-866)
1,626,076
(+2,000)
1,624,076
(+1)
1,624,0751,624,075
(+3)
1,624,072
偏差値130.17130.19130.12130.21130.09130.12130.16130.19

最近閲覧されたログイン状態の論客
シャル / 弥生一 / 消しゴム / オグリキャップ / 十傑集 / Docty Junsai / HARIKYU / 667 / ウクレレ / オルタフォース / アマンドの木 / OYJAR40 / ゴーグル侍 / シューゴ / S・N / れいんぼーきんぐ / 僕、もらぃもん。 / 伏魔の剣 / シャルル / 無限堂 / めたこ / 竜巻回転 / リーフパパ / mosukuwa / 緑化事業団 / でぃすだーく / ざくろ石 / アカマ / 霧の童話
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
情報/
他己紹介
18/12/29
ブログ
[書く]
リンク集(無)
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
 作成日時分類記事タイトル
12019/02/14アニメ既視感
22019/02/02映画ついに観る「幻の湖」..
32019/01/06アニメあけおめ&私的2018年度アニメBEST5..
42018/12/31アニメ2018年秋アニメ総括&皆様良いお年を..
52018/12/10アニメ構ってオクトパス
=>前の記事 そろそろ
 反応日時来客名来客者の最近のメッセージ
12018/12/31S・N「とな吸」「アニマエール」「ゴブスレ」は個人的に「とても良い..
22018/12/04竜巻回転CHIGE様、お邪魔します。今期に関しては「アニマエール!」..
32018/11/08竜巻回転CHIGE様、この度は論客活動9周年おめでとうございます。そ..
42018/06/17S・N自分も今期は「こみがる」が一番楽しめました。(この手の作品は..
52018/06/04エクリプスはじめましてです。鉄血は1期の段階ではそこまで非難されてませ..
その他最近のコメント
1.
2019/02/14 「既視感」 分類: アニメ
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:5個

どっかで見たような


「魔法少女特殊戦あすか」の大鳥居あすかですが
どっかで見たような記憶が・・・

と思ったらこのキャラに似てたんですね。



いや・・それだけですけど。
それにしても主人公のキャラが三白眼ってのはセールスに響かないかな~と気になります。
まあそんなに売れるような作品じゃないと思いますけど。

良くも悪くもB級アニメ。
エログロとアクションが売りなんだけど肝心の作画がイマイチなので
もうちょい頑張ってほしい。

コメントする(論客のみコメント可能記事)5個

2.
2019/02/02 「ついに観る「幻の湖」」 分類: 映画
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:7個

https://www49.atwiki.jp/aniwotawiki/pages/30677.html

ついにというか何というか
日本映画専門チャンネルでこれが放送されたのでこれから観ます。

感想は後程書きますが「死霊の盆踊り」「デビルマン」「メガフォース」「チャージマン研」
「恐怖奇形人間」と並び称される駄作の中の駄作をこの目で確認しておきたい。
キングオブKUSO映画。

お話かわって
今季のアニメですが視聴中の作品が

☆どろろ
☆わたてん
☆上野さんは不器用
☆荒野のコトブキ飛行隊
☆魔法少女特殊戦あすか
☆えんどろ~
の6本です。

「けものフレンズ2」は第一話で切りました。第一期もあんまり好きではなかったですけど
少なくとも作品としての輝きはあったんですが。
2になったらもうその輝きがすっかり失せてしまってますね。

クリエイターが制約なくのびのびと作品を作ってたから、あの独特のゆるいノリが出てたんですね。
商売っ気が混じってしまいファンのハードルも上がってしまっては・・・・。

視聴中の作品の中では「わたてん」が一番気に入ってます。
作画がさすがの動画工房だけあってクオリティ高いし
みゃー姉のキャラが立ってます。やってることはあからさまに不審者だけど。

「魔法少女特殊戦あすか」はハードアクション路線なんですけど
作画が正直言って厳しい。
このハードな世界観を描くには作画のクォリティが低すぎです。もっと頑張ってほしい。
「マジカル自白剤」には笑ったけど。

コメントする(論客のみコメント可能記事)7個

3.
2019/01/06 「あけおめ&私的2018年度アニメBEST5」 分類: アニメ
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:11個

ちょっと遅れましたが皆様あけましておめでとうございます。

新年第一弾のライブの練習(1/4に越谷でやりました)とか
冬至~Xmas~年末年始にかけてのお仕事とかいろいろありまして
ブログ書くのが遅くなりました。

昨年はいただいた推薦数が30件、ブログに頂いた拍手が300個と長い間の活動期間で一番ポイントを
稼がせていただいた年になりました。この場を借りてお礼申し上げます。

今年はまた転勤があるのでいろいろ準備しておかなくてはならないことが多い年になると思いますが
ここでの活動とアニメ視聴は続けていきます。あくまでマイペースですけど。

それにしても昨年のアニメは豊作だったと思います。毎クールごとに視聴してる作品の数はだいたい3本が目安なんですけど
秋のクールは完走できた作品が5本もありました。

今んとこ冬の新作アニメで視聴しようと思ってる作品は「魔法少女特殊戦あすか」「私に天使が舞い降りた」
くらいなんですが、一応まずは第一話に目を通してどれがいいか選択してみようと思います。
ピンとくる作品は1クールにつき2本あればいいとこですけど。

それでは2018年度個人的アニメBEST5を発表させていただきます。

☆第1位「ゆるキャン△」

昨年1月に放送されたアニメで、事前情報でこれは絶対来る!と思っていた「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が
蓋を開けてみれば箸にも棒にも引っ掛からない(好きな人はゴメン)出来で大変失望させられたのですが
そのポッカリ空いた心の隙間を見事にこの作品が埋めてくれました。
微塵も期待してなかったからまさにダークホースで心奪われてしまいました。

とにかく「空気感」「キャラクターの表情の良さ」「雰囲気の良さ」が印象に残る作品でした。
山梨県に聖地巡礼まで行ってしまいました。山梨県~長野県の観光スポット用販促アニメとしては
完璧な出来だったんではないでしょうか。

☆第2位「こみっくがーるず」

このHPの評価順位だと現時点で47位と苦戦しておりますが
断じてそんな順位に甘んじるような作品ではないと言いたい。過小評価されていると思います。
キャラクターの個性、表情の豊かさ、一話ごとの構成の良さ、作画、演出、BGM
どれを取っても非常にいい出来です。あまり視聴者が多くなかったのかもしれませんが
まだ未見の方はぜひにでも視聴していただきたいと思います。
「まんがタイムきらら」系のアニメは個人的にはベタ甘な作品が多くて苦手だったんですが
これと「ゆるキャン△」は本当に素晴らしい出来栄えでした。

第3位「ラーメン大好き小泉さん」

原作漫画がもともと好きだったので本当に待望のアニメ化という感じでしたが
ほぼ完ぺきに原作漫画をアニメで再現してくれてました。昔の「美味しんぼ」に匹敵するほどの
原作再現率の高さで驚かされました。ちゃんとスタッフが原作漫画を読み込んでくれていたのが
わかりました。小泉さんと悠の関係が良かった。
というか悠を演じた佐倉綾音さんが良かった。ベストキャスティングでしたよ。
これと「ゆるキャン△」のコンボが観れた昨年1月~3月の木曜日夜は至福の時間でした。

第4位「プラネット・ウィズ」

90年代の熱血少年漫画を現代に蘇らせてくれたっていう感じの良作SFバトルアニメでした。
最初はなんだこりゃ古くせーとか思ってましたが、とにかくアイデアを出し惜しみせずに
次から次へと新しい敵や展開を用意してくれていてテンポがすこぶる良かったので
退屈しませんでした。いつの間にかのめり込んで視聴させられてました。
宇宙人の「閣下」「先生」のコンビが良かった。

第5位「りゅうおうのおしごと!」

昨今の将棋ブームに乗っかった(?)ライトノベルアニメでしたが
単なるロリコンアニメと思っていたら意外にもアツい展開が用意されていて
将棋の知識がなくても十分に楽しめる作品になってました。
原作小説のファンからはあまり評判が良くなかったようですが、構成も作画も良かったし
個人的には満足いく作品でした。
サブヒロインの桂佳さんが魅力的でした。

これと「アニマエール」のどっちを5位にするかで迷いましたが娯楽性の高さ
作画レベルの高さでこちらのほうに軍配が上がりました。

他にも「バキ」「ゴブリンスレイヤー」「となりの吸血鬼さん」「ハイスコアガール」
「すのはら荘の管理人さん」とか見ごたえある作品はいろいろ
ありましたけど、やはり年初に視聴した作品のほうがどうしても印象が深くなってしまうので
この順位になりました。

今年も面白いアニメが観られることを祈ってます。

コメントする(論客のみコメント可能記事)11個

4.
2018/12/31 「2018年秋アニメ総括&皆様良いお年を」 分類: アニメ
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:13個

というわけで2018年も終わりですけど
今年は結構楽しかったです。趣味の音楽活動のほうも今年は珍しくバンド形式で2本ライブやれましたし
仕事のほうもそこそこ上手くいきました。来年2月で現在の勤務先のお店が改装のため閉店するので
また転勤しなくてはならないのが不安要素ですが・・・。
今の埼玉県での生活にも馴染んできたところだったというのに。
MX-TVが観れなくなるかもしれない。

それはさておき今期のアニメの総括をすると
秋アニメはそこそこ面白い作品はあったけど全体的に小粒でした。

全話観終わった作品が「とな吸」「アニマエール」「ゴブスレ」「ゾンサガ」の4本です。
「やがて君になる」「青春ブタ野郎」「うちのメイドがウザすぎる」の3本は録画してあるのですが
まだ観終わってません。そのうち観ます。

「とな吸」「アニマエール」「ゴブスレ」に関しては「良い」の評価
「ゾンサガ」は「普通」にしました。

「とな吸」はかなり好みな作品でしたが全体的に平板な感じで単調でしたので
さすがに12話通して観ると飽きを感じてしまいました。もうちょっと波風を立ててくれたほうが見やすくなったと思います。
「アニマエール」は惜しかった。最終回でもうちょっと盛り上げてくれれば傑作になったと思います。
「ゴブスレ」はハードファンタジー路線を貫いてくれましたが作画が少し弱くて
アクションが映えてませんでしたので「良い」どまり。

「ゾンサガ」も前のクールの「ハイスコアガール」同様にお話が完結してないので評価が低くなってしまいました。
1クールアニメだったらもうちょい切りのいい終わり方をしてほしいです。

「うちのメイド・・」は2話まで観ましたが話は微妙だけど作画が良すぎる。
この作画で「アニマエール」を作ってくれていれば「最高」にしてたと思います。
実に惜しい。

毎年恒例のアニメBEST5の発表は来年に持ち越します。

それでは皆様良いお年を。自分は大みそかまで仕事ですけど。

コメントする(論客のみコメント可能記事)13個


CHIGE さんのコメント (2019/01/01) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
>S.Nさん

あけましておめでとうございます。こちらも「とな吸」への推薦ありがとうございました。
秋クールに関しては作品的には小粒でしたけど悪いシーズンではなかったと思います。

残る作品群を消化したうえでBEST5を決めたいと思います。
今年もよろしくお願いします。
S・N さんのコメント (2018/12/31) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
「とな吸」「アニマエール」「ゴブスレ」は個人的に「とても良い」位ですが、
「最高!」に届く作品は残念ながら無かったですね。

それから「とな吸」と「ゴブスレ」の推薦ありがとうございます。
良いお年を!

5.
2018/12/10 「構ってオクトパス」 分類: アニメ
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:7個

構って!オクトパス


とな吸第10話でソフィーが灯にクリスマスプレゼント(吸血鬼なのに・・)した
漫画なんですが、なんか面白そうなんでUpしました。

ソフィー曰く「万人向けでおススメの作品」とのことですが・・。

こういう「作品中作品」って古くは「ドラえもん」に出てきた「ライオン仮面」あたりがルーツなんではないか
と思います。しかし吸血鬼なのにアニメやラノベが好きで300年前から貴重本を収集していて
エドガーアランポーの初版本にサインまでもらっているという設定はイカし過ぎです。

コメントする(論客のみコメント可能記事)7個

=>前の記事 そろそろ
↑上へ