舞台版「ハンドシェイカー」レポ

総閲覧回数:896,840回 / 推薦評価:7個(内 論客5人) / ブログ拍手:899
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書(メール)
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
DB構築()
他己紹介
17/02/25
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
全て
1.作品DB初心者向け
2.作品DB関連
3.アニソン名曲紀行
4.着メロ情報
5.Archive
6.アニメとか。
7.舞台探訪
8.鉄道関連
9.Colopl
10.nijiasu
11.雑記、日常
12.他論客様 交流型
13.FLAT
14.Barnirun
コロニーな生活


第494912コロニー


↓ちょっと自作着メロなど晒してみる。
対応機種:au・SBフィーチャーフォン
Androidの方は着信音設定アプリより。

2019/08/30 UP!!
The Abyss 128和音版(岡崎体育)
http://j-ken.com/a.php?a=899122


Don't stop [FULL] MP3版
(ハンドシェイカー、Robert de Boron)
http://j-ken.com/a.php?a=893748


POP TEAM EPIC [TV size] 128和音版
(ポプテピピック、上坂すみれ)
http://j-ken.com/a.php?a=889326


最強○×計画 [TV size] 64和音版
(すもももももも 〜地上最強のヨメ〜、MOSAIC.WAV)
http://j-ken.com/a.php?a=629886


stardrops
(アステリズム -Astraythem-、霜月はるか) 128和音版
http://game-melody.com/?207681


Hop Step Jump!
(温泉むすめ ゆのはなこれくしょん、SPRiNGS) 128和音版
http://j-ken.com/a.php?a=897800


<=次の記事 Barnirun's "Ringtone melody Room" (第2版)
=>前の記事 りゅうおうのおしごと! 舞台探訪レポ【OSAKA】

1.
2018/02/03 アニメとか。 > 舞台版「ハンドシェイカー」レポ」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]
コメントする3個


先週は土曜出勤~会社の新年会のあと、大阪を飛び出して東京へ。

1月24~28日に上演されていた、舞台版のハンドシェイカーを鑑賞してきました。
http://stage-hs.strikingly.com

2.5次元の作品も初めてで、配役が発表されたときは「コスプレ……?」とか思ったものですが、
劇場に入ったときにその不安は払拭。
最初のあいさつや舞台鑑賞の注意点を述べるために舞台に現れたのは……まごう事なく、マキハラでした。

上演後に流れた、最後の「今日はありがとうございました、気をつけてお帰り下さい」的なセリフまでもナガオカがひたすら口下手でマキハラと痴話喧嘩するなど、作品を完全に自分たちのものとして昇華させているのは見事でした。


【良い点】
俳優さんがちゃんとそれぞれキャラに成り切っていて、キャスト・スタッフ全員の物語への愛が感じられた。
殺陣がカッコイイ。アニメの背景がぐるぐる回るCGとは別の良さがあり、背景もプロジェクションマッピングで可能な限り再現。
劇中のBGMはアニメの楽曲をそのまま使用。かかる曲とタイミングも大半は一致していました。効果音はオリジナルとのことでしたが違和感なし。
全体的にトモキやブレイクとバインド、あとムスブの出番や心理描写が増えています。


【悪い点】
基本的に原作のアニメを忠実になぞっているため、アニメを未見だと複数回見ないと意味がわからないかもしれません。
アニメ版の声優じゃないとイヤ、という方には受け入れられないかも。


↓↓以下、原作(アニメ版)の設定と舞台版の差異。↓↓

個人的に黄色がツボったところ、は要らんやろーと思ったところ。
小説版は未読なのでそちらの設定を引き継いでいるものがあるかもしれません。

原作(アニメ)の設定舞台版の設定
1冒頭、ブレイクの急襲を受けてタヅナとコヨリが逃げ惑うシーンから始まる冒頭、回想で芥川夫妻に双子が産まれて祝福するシーンから始まる
2戦闘中、バインドはただブレイクに従って喘ぐのみブレイクに「私たちの願いのために、もっときつく縛って」など懇願する
3高槻家に招き入れられたコヨリ、食事のあとはタヅナと一緒にお風呂入浴シーンカット(そりゃそうか)
41話で偶然車を修理したことでタヅナとチヅル・ハヤテが知り合う学食で初対面
5マキハラの研究室で謝るチヅルは焼売を断り続けるマキハラがチヅルにむりやり焼売を食べさせる
6ブレイクとバインドの望みは「優しさ、関わる人を助けたい」とあいまいで、関係性もあまり語られない幼なじみで恋人となったブレイクとバインドだったが、ブレイクの家庭の経済事情からバインドの両親が交際に猛反発。それを認めさせることが望みだった
76話のED後、戸籍の書類を映して、リリとマサルが実の姉弟ではない……?、と匂わせて終わるラストシーンのそれぞれのペア出演シーンで、リリ「血が繋がってなかったことをどう思ってるの?」と明言
8四年前の回想が11話のほぼ全編を使って語られる。シグレの姿も登場四年前の回想はリリとマサル撃破後に「マキハラが実はハンドシェイカーだった」と告白するくだりで全て語られる。シグレはセリフの中での登場にとどまり名前も出ない。コウイチも登場しない
9学園祭の前、トモキはひたすらタヅナやリリに土下座トモキのアドリブタイムスタート。舞台裏のネタや「台本に『右手を上げる』みたいなノリで『笑わせる』って書いてあるんだよぉ!」などとノリノリ。観客へのスペシャルサービス
10ブレイクとバインドは学園祭にただの客として訪れるブレイクとバインドは学園祭で仲良く音響スタッフのアルバイトをしている。ラストシーンで「楽器をやる人達をサポートする仕事をしたい」と言うくだりへの説得力が増す
11コダマとの戦いで傷ついたタヅナは、翌日両親の制止を振り切って家を出るちゃんと両親を説得して出る
12タヅナの心が反映されてジグラートに戎橋が、コヨリの心が反映されてジグラートに大阪城が浮かび上がるが理由の説明は特に無いその理由は、それぞれの場所に重いトラウマを抱えているから(タヅナは過去にムスブと戎橋付近ではぐれた記憶、コヨリは過去にシグレに裏切られた記憶。そのためマユミのジグラートも大阪城)
13コダマが実は地下アイドルだという回想が、敗北後に語られるタヅナが虫の息になるタイミングで語られる(その間にコヨリ衣装替え)
149話でコダマとヒビキを撃破後、10話のレストランバイト等を経てナガオカと遭遇するコダマとヒビキ撃破の直後にナガオカが現れ、会話のあと流れで戦闘へ(衣装の都合)
15タヅナはコヨリをどこかで亡きムスブに重ねていたが、6話のリリ&マサルとの闘いの中で吹っ切れるナガオカとの闘いまでムスブの面影を引きずり、ナガオカの挑発もあり「俺が……ムスブを殺したんだ……」とまで言わせる
16過去編の13話で、ムスブの臓器がコヨリに移植された……?という示唆のみムスブの心臓がコヨリに移植されたと明言。コヨリにムスブが乗り移って励ますような演出で、↑で精神を消耗したタヅナを説得する
17(ナガオカ戦のあと)マキハラの研究室で、タヅナが「チヅルさんに電話を掛けないと」と研究室を去るマキハラ「コヨリ君はもうかなり健康だから、手を繋がなくても大丈夫。もうジグラートにも行かなくて済む。タヅナ君、今までありがとう!!」 (勿論そんな事で絆が消えたりはしないけど)


願わくは、舞台版の大阪上映やアニメの2期も……きびしいかなぁ。


あわせて読みたい(読んでほしい)記事一覧

ハンドシェイカー 複製原画展へ行ってきたよー http://sakuhindb.com/pj/Barnirun/20161104.html
ハンドシェイカー 勝手にサウンドトラック http://sakuhindb.com/pj/Barnirun/20170213.html

地域別 舞台探訪記事【大阪キタ編】 http://sakuhindb.com/pj/Barnirun/20161219.html
地域別 舞台探訪記事【大阪ミナミ編】 http://sakuhindb.com/pj/Barnirun/20161220.html
地域別 舞台探訪記事【大阪北部・東部編】 http://sakuhindb.com/pj/Barnirun/20161221.html
地域別 舞台探訪記事【大阪南部・西部編】 http://sakuhindb.com/pj/Barnirun/20161222.html
地域別 舞台探訪記事【大阪市外編】 http://sakuhindb.com/pj/Barnirun/20161223.html
PV内 舞台探訪記事 http://sakuhindb.com/pj/Barnirun/20161016.html


コメントする3個


[他の記事も読む]
<=次の記事 Barnirun's "Ringtone melody Room" (第2版)
=>前の記事 りゅうおうのおしごと! 舞台探訪レポ【OSAKA】


大分類が「アニメとか。」の記事
この論客の記事全て
↑上へ