20周年記念の新作映画が制作決定

総閲覧回数:1,008,423回 / 推薦評価:156個(内 論客58人) / ブログ拍手:12,506
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
情報/
DB構築
他己紹介
19/10/19
ブログ
[書く]
リンク集(無)
My Play List
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
<=次の記事 書いた本人専用メモ書き
=>前の記事 所沢移転&西武ライオンズ誕生から40年

1.
2019/03/25 (2019/03/26更新) 「20周年記念の新作映画が制作決定」 分類: アニメ関連の話題
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:11個



https://natalie.mu/eiga/news/325113

他の論客さんの記事を見てこの速報があったのを思い出しましたが、リンク先と動画の方にも出ているとおりテレビアニメ「おジャ魔女どれみ」シリーズが今年で放送20周年を迎えた事から、それを記念した新作映画「魔女見習いをさがして」の製作が正式に発表されたそうです。

本映画の監督を務めるのは、上述のどれみや「美少女戦士セーラームーン」、「HUGっと!プリキュア」といった作品などで知られる佐藤順一氏と映画「プリキュアスーパースターズ!」の鎌谷悠氏、佐藤氏と同じく「おジャ魔女どれみ」のオリジナルスタッフである栗山緑氏が脚本、馬越嘉彦氏がキャラクターデザインと総作画監督をそれぞれに担当されるそうで、それらの面でもかなりの力を入れている事がわかりますね。

昨年はプリキュアシリーズが15周年で今年はどれみが放送開始から20年を迎えたのが感慨深いものを感じると同時に、こうした女児向けアニメも同じ東映の看板作品であるスーパー戦隊や仮面ライダーなどのシリーズ同様に長年に渡る歴史の積み重ねから来ているとあらためて実感するばかりです。

詳細についてはこれから徐々に発表されていくかと思いますが、同時間枠のアニメでプリキュアの先輩でもある本作品がどのような展開になっていくか今から非常に楽しみになりますね。

コメントする11個


Mr.KN さんのコメント (2019/03/31) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
こんばんは、オルタフォースさん。コメントありがとうございます!

やはり放送から20年という月日が経過した事で、そうした部分も当時の視聴者が感慨深さを覚えた理由かもしれませんね。

シルエットに出ていた9人はこれも後々に詳細が明らかになると思いますが(個人的には新世代の魔女見習いというを展開を希望したいです)、もうすぐ発表になる新元号になった来年の公開日が自分も待ち遠しいところです。

ではまた。
オルタフォース さんのコメント (2019/03/30) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
こんばんは。今度はこちらにお邪魔します。

動画は世代だった人が見るとグッとくるようになっていますね。コメント欄の反響の大きさが雄弁に語っております。
シルエットは合計9人いるけれど、一体だれなのでしょうか。

来年が待ち遠しいです。
Mr.KN さんのコメント (2019/03/26) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
こんばんは、サンシースーさん。コメントありがとうございます。

どれみが放送開始した1999年も気が付けば20年前だった事に年月の流れを実感するばかりですね、実際問題として。

セーラームーン終了後の東映女児向けアニメはその間に「キューティハニーF」やどれみの前番組だった「夢のクレヨン王国」、同時期に「神風怪盗ジャンヌ」といった作品もなども代表的なところでは放送されていたものの、シリーズ化で長く続いたのは本作の方で結果的にはTVシリーズだけでも4シーズンに渡るロングランだったのが興味深いところです。

本作は変身ヒロインアニメとして見ても面白かったですが、ストーリーも主人公であるどれみ達だけでなくクラスメイト達にもスポットライトが当てられていたのが個人的には良かったと思いましたね。

ではまた。
サンシースー さんのコメント (2019/03/25) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
『おジャ魔女どれみ』シリーズの放送から20年も経つとは・・・。

『おジャ魔女どれみ』シリーズというと、当時の東映が
『セーラームーン』シリーズに代わる新しい少女アニメとして製作された作品で、
本作は、『魔法使いサリー』や『ひみつのアッコちゃん』などを始めとする
東映魔女っ娘アニメをベースに、新たな要素を加えた作品で、
当時、『セーラームーン』シリーズなど始めとする美少女戦士物がマンネリ化し、
視聴者に飽きられつつあった中で、本作は、新たな魔女っ娘アニメとして受け入れられ、
ヒットした作品だと言えます。


[他の記事も読む]
<=次の記事 書いた本人専用メモ書き
=>前の記事 所沢移転&西武ライオンズ誕生から40年


大分類が「アニメ関連の話題」の記事
この論客の記事全て
↑上へ