竜巻回転の日記/書き物

[ガラケー版(QRコード)] 総閲覧回数:222,814回 / 推薦評価:211個(内 論客114人) / ブログ拍手:2,066

 23日22日21日20日19日18日17日16日
閲覧99 (-6)105 (+66)39 (-9)48 (+27)21 (-25)46 (+29)17 (-12)29
階位1920202020202020
ポイント2,266,533
(+1,510)
2,265,023
(+176)
2,264,847
(+3)
2,264,8442,264,844
(+1)
2,264,8432,264,843
(+103)
2,264,740
偏差値168.05167.99168.00168.01168.04168.05173.32173.34

最近閲覧されたログイン状態の論客
シャル / 消しゴム / S・N / HARIKYU / 墨汁一滴 / オルタフォース / / 改造された大きな声で / 横浜学園都市部 / CHIGE / ねぎ麻雀 / 霧の童話 / かっと / 緋室葉介 / D40 / OYJAR40 / カイネル・ドゥ・ラファティ / アーマーひろっち / bit / Barnirun / サンシースー / あかねちゃん / かぷ / 古代米ダブル / Reeg / lion / 人狼カイザー / 塩キャラメル / ねこじゃらし
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
DB構築
他己紹介
17/02/25
ブログ
[書く]
リンク集(無)
My Play List
 作成日時分類記事タイトル
12017/03/22風夏ネタバレ展開にはならなかったけど……..
22017/03/04アニメ全般..abemaTVで放送して欲しいギャルゲーアニメ..
32017/02/18 書いた人本人専用メモ書き
42017/02/15風夏風夏6話・感想
52017/02/10ホワイトアルバム2..ホワイトアルバム2一挙放送..
62017/02/04アニメ全般..いやぁ凄い悪女が登場しました..
=>古記事7. 2017/02/02 意外なWHITE ALBUM推し?
 反応日時来客名来客者の最近のメッセージ
12017/03/22霧の童話3大ヘタレ作品連チャンを企画するなら、その後の「口直し」とし..
22017/03/06HARIKYU・「センチメンタルジャーニー」なんかも推したいですね。例の「..
32017/02/05S・N3話のラストである程度察してたけど、いや予想以上のビッチでし..
42017/02/04HARIKYU・私はいつも弥生さんとのキスの味を思い浮かべているんですが、..
52017/02/04ねぎ麻雀アレを実写側でどうやるかもまた楽しみです。..
その他最近のコメント
1.
2017/03/22 「ネタバレ展開にはならなかったけど……」 分類: 風夏
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:4個

今期アニメの中でも原作のネタバレで話題を呼んでた「風夏」でしたが、
ただ実際の所は当初に言われてたネタバレ展開にはならず
途中から完全にアニオリ展開になったみたいですが、
因みに個人的には風夏死亡が避けられた事は良かったと思いましたが。

ここに来て大方の予想を覆す展開となった本作ですが、
尤も風夏死亡の最悪展開は避けられたと言っても
ストーリーの内容自体が面白いかと言われると正直に言って微妙で、
特に風夏のバンド脱退に付いては流石に身勝手な行動かなと思い、
しかも風夏の場合は自分の我が侭で周囲を巻き込む形で作ったバンドだから
なおさら自分1人で勝手に脱退を決めた風夏の行動には好感を持ち難いと思いました。

また恋愛面の方も小雪が優に振られてしまったけど、
それにしても小雪を振ってまで優が風夏に向かうのは釈然としなく、
正直に言って一度は付き合った小雪の事を振ってまで
優が風夏に強く惹かれる部分が有った様には見えないけど、
とにかく小雪に関して話を戻すと彼女が振られてしまったのは個人的には残念だったかな。
まあポジション的には如何にも負けヒロインという立場だから
小雪の失恋という結果も仕方なしだったか。

さて本作も11話まで視聴して来たけど何だか最近の展開はあまり納得の行く物が無いというか、
それ以前に8話の学園祭ライブでのビール瓶投げのシーンを見た時点で
個人的には不快な気分となって本作に対してのテンションが落ちてるけど、
これで最終回で風夏がバンドに出戻りでもしよう物なら(出戻り展開が濃厚だが)、
風夏への印象が相当に悪い物になり下手な茶番展開を見せられた気分になりそうだが、
それでも此処まで来た以上は最終回まで見届けるつもりではいますが……。

コメントする(論客のみコメント可能記事)4個

2.
2017/03/04 「abemaTVで放送して欲しいギャルゲーアニメ」 分類: アニメ全般
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:8個

この間abemaTVで「School Days」の視聴を終えたけど、
まあ内容としては相変わらず醜い結末だったと改めて思い知る所でしたが、
因みにここ最近「WHITE ALBUM」と「WHITEALBUM2」
それと「true tears」とabemaTVでギャルゲー原作アニメを視聴したが、
コメントの反響という点では断トツで「School Days」でしたね(汗)。

さて「WHITE ALBUM」「WHITE ALBUM2」「true tears」
そして「School Days」とギャルゲー原作アニメが立て続けに放送されて来たが、
せっかく上記の作品達が放送されたのだから、
ここで個人的にabemaTVで放送して欲しいギャルゲー原作アニメを挙げると、

君が望む永遠
efシリーズ
こみっくパーティー無印
Canvas2
SHUFFLE!
ダ・カーポ無印

この辺りに挙げた中でも特に観たいのは「君が望む永遠」ですかね
せっかく「WHITE ALBUM」と「School Days」が放送されたのだから、
ここは最後の3大ヘタレの一角である「君が望む永遠」は是非とも放送して欲しいですね。

後は、こみパ無印にefシリーズもabemaで放送して欲しいのと、
また「SHUFFLE!」は空鍋シーンが来たらコメントで盛り上がりそうな気がしますが(汗)。

コメントする(論客のみコメント可能記事)8個


竜巻回転 さんのコメント (2017/03/22) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
霧の童話 様、コメントありがとうございます。

確かに仰る通りギャルゲー男前主人公シリーズってのも面白そうですね。
ただギャルゲーの主人公って何となくヘタレのイメージが強そうな中で
男前の主人公となると「To Heart」の浩之や
或いは「グリザイアシリーズ」の雄二の他にとなると、
個人的には「うたわれるもの(無印)」のハクオロも入れてみたいですね。

>伊藤誠も番外編OVAだと一転して「好青年」に描かれてるンですけどねえ…

スクイズのOVAは一度は観てみたいと思った時期も有ったのですが、
ただ本編の悪印象を引き摺ってしまい結局は未視聴のまま現在に至りますが、
それでも本編とはどのぐらい雰囲気が変わってるのかに付いては興味は有るのですけど。

それでは。
霧の童話 さんのコメント (2017/03/22) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
3大ヘタレ作品連チャンを企画するなら、その後の「口直し」として
無印『To Heart』『グリザイアシリーズ』に因る「男前主人公」企画も検討して頂きたいですね。
まあ『To Heart』の浩之ちゃんは続編『Remember my memories』だと残念な事に成ってますが…。

伊藤誠も番外編OVAだと一転して「好青年」に描かれてるンですけどねえ…
その「改善策」自体がギャグとして処理されちゃってる辺り、如何にも『スクイズ』らしいというかw
竜巻回転 さんのコメント (2017/03/06) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
HARIKYU様、コメントありがとうございます

>センチメンタルジャーニー

そうですね、ギャルゲーアニメ傑作の中では
センチメンタルジャーニーも放送して欲しい作品の一つですが、
ただ本作はマイナー中のマイナーですので、
もしabemaスタッフが本作に目を付けて放送する事になったら
相当なサプライズになりますね。

>SHUFFLE!

楓の空鍋事件は当時に於いて絶大なインパクトが有りましたが、
ただ現在では後発であるSchool Daysの悪名が高過ぎで
SHUFFLE!の方は意外と印象が薄れてしまった感も有りますので、
もし当時を知らない人が楓の空鍋シーンを見たら
どの様な反応をするのか気になりますね。

それでは。
HARIKYU さんのコメント (2017/03/06) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]

「センチメンタルジャーニー」なんかも推したいですね。

例の「空鍋事件」も、リアルタイム知らない世代にとっては炎上するかもしれません・・・・・。


3.
2017/02/18(下げ記事)
書いた本人専用メモ書き
4.
2017/02/15 「風夏6話・感想」 分類: 風夏
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:2個

今回の6話はサブタイが「氷無小雪」という事で小雪が好きな自分としては楽しみにしてたが、
それでは早速6話の感想に参りたいと思います。

まずは冒頭の収録シーンでは調子が悪い小雪だけど、
やはり前回での優がうっかり口に出してしまった言葉が気になってる所ですが。

それとAパートに入ってからは小雪の回想シーンとなりましたが、
因みに昔の優と小雪に付いては小雪の方が優をリードして行く感じでしたけど、
ただ優と遊び終わって小雪が家に帰ると両親が喧嘩しており、
小雪の家庭事情に関してはかなり険悪な状態に陥ってるという所でしたが。

結局の所は小雪が引っ越したのは両親の離婚という家庭の事情による物だったが、
まあ家に居る時の小雪は家庭の険悪な雰囲気に嫌気が差して、
そんな小雪にとって唯一に安らぎを得られる時間というのは優と一緒に居る時だったが、
ちなみに小雪と優が「たまちゃん」「ニコくん」と呼び合う様になったのは、
小雪の歌が上手だと優が褒めたのと、また小雪が歌ってたヘッジホックスの歌が優も好きで、
人気バンドであるヘッジホックスの「たま」「ニコ」による影響を受けて、
優と小雪は一緒にバンドをやるという約束を交わしたエピソードが有ったからという所でしたが、
こうして幼い頃から優との思い出が色々と詰まってる小雪からすれば
優への想いが溢れてる部分というのは納得出来るという所ですね。

そしてBパートに入ってからは小雪が優の家にやって来て、
この間の事を謝るのと、またチケットの方を渡しに来ましたが、
因みにこの時における2人のやり取りに付いて言えば、
互いに気まずさが有って声を掛けにくかったという事だけど、
この時に遠慮気味な態度を取った優に対して少し怒る小雪を見てると、
当時の幼い頃と変わらない小雪が優をリードするやり取りが微笑ましいかなと思いましたが、
ただ、この後に優が風夏の話を持ち出してしまうけど、
流石に小雪としては唐突に風夏の話を持ち出されるのは面白くないという所で、
せっかく2人きりの話で盛り上がってた所に水を差す形となってしまったけど、
でも最後の帰り際にはいつか一緒に同じステージでライブしたいと約束を交わしますが。

それと優の家を出た後の小雪は偶然風夏と会う事になって銭湯に連れられたが、
因みに銭湯での小雪と風夏の入浴シーンという
いつも通り本作におけるサービスシーンのノルマを達成しつつ(笑)、
風夏と小雪のヒロイン2人が共に親睦を深める内容が良いなと思いました。

それでは最後に6話の纏めですが今回はサブタイ通りに小雪メイン回となったけど、
個人的には期待通りの内容で非常に楽しめたし、
今回のエピソードを見て改めて小雪の事を応援したいなと思いました。

そして今回のEDで使われた「雪花火」という曲ですけど、
もう小雪のテーマ曲らしい切なさが胸にグッと来る感じで、
今回の「雪花火」にしろ「MEMORIES」にしろ、
小雪のテーマ+早見さんのボーカルが本当に魅力的で、
本作に関しては曲がかなり魅力的な印象が強いですね。
また今回の「雪花火」みたいに冬の切なさがグッと来る曲となると、
個人的にはやはり「WHITE ALBUM」の曲を思い出す物が有りました。

今回の6話に付いては改めてになりますが良い回だったなと思いますが、
ただ最後のCパートが明らかに不穏な空気で、
小雪を応援してる立場としては色々と不安な気持ちにさせられてる状態となってますが。

コメントする(論客のみコメント可能記事)2個

5.
2017/02/10 「ホワイトアルバム2一挙放送」 分類: ホワイトアルバム2
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:3個

明日からabemaTVで「ホワイトアルバム2」の一挙放送が行われて、
土曜日には1話~7話、そして日曜には8話~13話が放送されて、
また一挙放送が終わった後も現在放送されてる1のレギュラー放送が終わった後の枠には
2のレギュラー放送が有りますので一挙放送を見逃したとしても直ぐに観れますが、
因みに個人的には土日に用事が有って一挙放送を観る時間が取れなさそうですので
そういう点では直ぐにレギュラー放送の予定が有るのはありがたいですね。

また最近は久々にマッタリと原作をプレイし始めたので、
取り敢えず2月中はアニメ・ゲーム共にホワイトアルバムを楽しんで行こうと思います。

コメントする(論客のみコメント可能記事)3個

6.
2017/02/04 「いやぁ凄い悪女が登場しました」 分類: アニメ全般
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:4個

TV放送ギリギリの際どい描写や或いは印象的なタイトル名で
今期の中でも話題を呼んでる「クズの本懐」ですが、
ちなみに本作も現時点で4話まで終えたけど、
まあ今までも呆気に取られるシーンが多かったですが、
ここに来て更に本作らしい負の展開が入り込む流れに
俄然と目が離せなくなって来たかなと。

特に4話において目が行くのは何と言っても茜先生のキャラなんですけど、
もう一言で茜先生の事を申せば物凄い悪女ですね。
いやぁ、ここまでインパクトの強い悪女は
個人的には「WHITE ALBUM」の弥生さん以来で、
むしろ弥生さんの場合は冬弥1人ターゲットを絞ってたのに比べると、
茜先生の場合は他の女が好きな男を掠め取るのに快楽を覚えて
今まで複数の男に手を出した事を思えば
はっきり言って弥生さんの遥か上を行く悪女というか、
もはや悪女を通り越してクズの領域まで達してる感が有るが、
とにかく茜先生のヤバさは半端じゃないですね(汗)

まあ、そんな感じで本作に関しては茜先生のヤバさに唖然とさせられながらも、
一方ではあまりの強烈なクズっぷりが逆に目が離せないというか、
個人的には茜先生のヤバイ魅力に嵌りつつ有りますが、
何はともあれ個人的には弥生さん以来に戦慄を覚えたキャラクターで、
そして茜先生が無双してる間が一番面白そうですかね(汗)

そういう分けで個人的には茜先生のキャラを一番の楽しみとしながら
最後まで本作の視聴を続けようと思います。

コメントする(論客のみコメント可能記事)4個


竜巻回転 さんのコメント (2017/02/05) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
S・N様、コメントありがとうございます。

改めて4話に関しては茜先生のインパクトが強烈だったなという所でしたが(汗)、
まあ本作の場合は茜先生のキャラばかりが目立つ格好ではありますが
でも他のキャラにしてもかなり問題のあるキャラが多くて、
仰る通り現状でまともそうなのは鳴海先生と後はのり子ぐらいかなって感じですが、
ただ、まともそうなキャラに限って本作においては影が薄く見えるけど、
何はともあれ歪んだ側のキャラクターがストーリーを動かして
興味を惹かせるというのが如何にも本作らしいかなと思いながら、
本作に関しては個人的に今期の中で一番に興味深い作品となってますね。

それでは。
S・N さんのコメント (2017/02/05) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
3話のラストである程度察してたけど、いや予想以上のビッチでしたね茜先生。
この作品って、鳴海先生などの一部を除いて狂人しかいないんですかね・・(汗

でも逆に本作に興味が出て来ましたよ、茜先生がラスボスになりそうな気がします。
竜巻回転 さんのコメント (2017/02/04) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
ねぎ麻雀 様、コメントありがとうございます。

本作はアニメと実写が同時進行で放送されていて
本当は実写の方も視聴しようと思ってたのですが、
でも1話で不覚にも見逃してしまい結局の所は未だに視聴してないけど、
ただアニメとの比較をしたいという意味でも
今後は実写の方も見逃す事なく視聴してみたいと思います。

それでは。
竜巻回転 さんのコメント (2017/02/04) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
改造された大きな声で 様、コメントありがとうございます。

茜先生に関しては前回の3話でもヤバそうな雰囲気を漂わせてましたが、
今回の4話でいよいよ本性を現してからが本当に凄かったというか、
久々に強烈な悪女を見たかなと思いながら
茜先生が本性を見せ始めた事で本作が俄然と面白くなって来たかなと。

さて今回は完全に茜先生の掌で踊らされた花火だけど、
ただ今後に関して花火が茜先生に対してどの様に対抗するのかという感じですが、
でも現時点だと花火が茜先生に対抗できるイメージが全く思い浮かばないけど、
果たしてこの泥沼ともいえる争いがどの様な形で進んで行くのか楽しみですね。

それでは。
ねぎ麻雀 さんのコメント (2017/02/04) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
アレを実写側でどうやるかもまた楽しみです。
改造された大きな声で さんのコメント (2017/02/04) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
やっぱりドロドロ系は、誰かが悪人じゃないと成立しませんよね!
いやー楽しみになってきましたね……自覚するクズと無自覚なクズの戦いを期待してます。

=>古記事7. 2017/02/02 意外なWHITE ALBUM推し?
RSS購読
RSS
ブログ表示スタイル
リスト/携帯(QRコード)
画像/動画/リンク
表示開始年月
分類
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声