超電磁砲×心理掌握

総閲覧回数:365,693回 / 推薦評価:278個(内 論客132人) / ブログ拍手:3,915
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
DB構築
他己紹介
17/05/17
ブログ
[書く]
リンク集(無)
My Play List
<=次の記事 レベル0同士の邂逅
=>前の記事 過去の阪神大賞典を振り返る

1.
2020/03/23 「超電磁砲×心理掌握」 分類: アニメ全般
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:4個

今回のブログのタイトルは「とある科学の超電磁砲T8話」のサブタイである
「超電磁砲×心理掌握」なんですが、
コロナの影響で放送が遅れてた8話が先日に放送されたので
今回のブログは「とある科学の超電磁砲T8話」の感想を述べたいと思います。

今回の8話において今まで謎だった食蜂さんの動きが明らかになりますが、
因みに食蜂さんがシスターズを確保した目的は木原幻生の目的を潰す為と、
それと黒子達の記憶を改竄したのは食蜂さんの気遣いによる物で、
もし黒子達が幻生に目を付けられたら直ぐに殺されるからとも言いましたが。

そんな食蜂さんの話を聞いた美琴は最初から自分に言ってくれればと言うけど、
でも食蜂さんは美琴に対して自分の事情を打ち明けるほど信用してる分けではなく、
また美琴は過去に目立った行動をしてマークされてるので
隠密行動してる食蜂さんとしては美琴と組む事は逆に動き難くなるとも言いましたが。

確かに美琴が裏切るなんて事はまず考えられないけど、
でも美琴と食蜂さんの間にそこまでの厚い信頼関係が有る分けでもなく、
しかも食蜂さんの場合は能力で相手の思考とか全て分かるから、
だから自分の能力が利かなく何を考えてるか分からない美琴相手だと
完全に信用できない部分が食蜂さんの中には有るって感じですね。

まあ2人の思う所は色々と有りそうだけど、ただ今回の8話を視聴して
今までかなり怪しそうに見えた食蜂さんのキャラが実は良い人なのと、
それと美琴と口喧嘩してるシーンが観てて楽しかったが、
ただ食蜂さんに付いてはレベル5の能力者と言えども体力的には凡人って感じで、
この辺りは能力と基礎体力は別物って感じですが、
そう考えると普通に運動能力も高い美琴って結構凄いのではと思いましたが。

後は美琴と食蜂さん以外では、黒子は美琴の事を忘れてる状態とは言え、
でも潜在的な部分において美琴を気にしてるツンデレぶりが可愛いなと思ったり、
また佐天さんが友達から忘れられたら嫌だなという心境も分かる物が有って、
そして初春も復活という所で、確かに現在は美琴の事を忘れてる状態だけど、
それでも黒子・初春・佐天さんが深い所で美琴と潜在的に繋がってる雰囲気が良くて、
この辺りにおける友情の深き部分が超電磁砲の魅力かなと思いながら、
次回以降に関しては幻生に立ち向かう美琴と食蜂さんは当然として、
黒子・初春・佐天さんの3人による今後の活躍も楽しみですね。

コメントする(論客のみコメント可能記事)4個


竜巻回転 さんのコメント (2020/03/24) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
OYJAR40様、コメントありがとうございます。

黒子と言えば普段の状態だと美琴に対しての暴走っぷりが楽しいのですが、
でも今回みたいな記憶を失ってる状態においてのツンデレぶりは
普段の黒子では見られない可愛さが見られたって感じでしたね。
また初春が花飾りをしてない所も非常に珍しかったが、
ちなみに初春の場合って花飾りが本体ってよくネタにされてますが(笑)、
やはり初春といえば花飾りってイメージが多くの視聴者に印象付けられてる感じですね。

改めて超電磁砲に付いて言えば仰る通り本当に魅力的なキャラクターが多くて、
自分も目移りしてしまう位なんですが、
ちなみに1期・2期の時は特に気にしてなかった湾内さんと泡浮さんのキャラに付いては
今回の3期目を視聴して一気に好きになって、この3期目に入ってまた好きなキャラが増えましたね。

それでは。
OYJAR40 さんのコメント (2020/03/23) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
お邪魔します。
私も(?)このエピソードをコミックで読むまでは黒子イチオシだった者です(今では目移りしてしまうくらい好きなキャラだらけ・苦笑)。確かに今の黒子もなかなか可愛いですね!
そして今回、何気に本体が取れてしまった初春、というレアな絵を見ることができるのもなかなか楽しかったです(初春は花飾りが本体、という噂w)。


[他の記事も読む]
<=次の記事 レベル0同士の邂逅
=>前の記事 過去の阪神大賞典を振り返る


大分類が「アニメ全般」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
↑上へ