蔦屋のブログ

総閲覧回数:426,954回 / 推薦評価:60個(内 論客36人) / ブログ拍手:845
 18日17日16日15日14日13日12日11日
閲覧47 (+3)44 (+3)4141 (+19)22 (-32)54 (+30)24 (-6)30
階位152152152152139138138138
ポイント402,630402,630402,630402,630
(-40,262)
442,892442,892
(+1)
442,891
(+4)
442,887
偏差値68.6368.6368.6368.6470.5670.5670.5670.56

最近閲覧されたログイン状態の論客
オルタフォース / 弥生一 / 消しゴム / 九天公爵 / アマンドの木 / Docty Junsai / でぃすだーく / 十傑集 / CHIGE / ミルナ- / ゴーグル侍 / KAMIKAZE / れいんぼーきんぐ / 改造された大きな声で / 紅葉青水 / OYJAR40 / 雪霞 / カイネル・ドゥ・ラファティ / めたこ / シャル / ねぎ麻雀 / シャルル / シューゴ / 667 / 将刃 / 情熱 / MA-15D / HARIKYU / 伏魔の剣
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
DB構築
他己紹介
17/02/25
ブログ
[書く]
攻略記事リンク集(無)
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
 作成日時分類記事タイトル
12019/05/01独断と偏見に基づくゲーム..「SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE」..
22019/04/26日々のたわごと..デミウルゴス。
32019/04/20日々のたわごと..ままならないママ。..
42019/04/11日々のたわごと..うわ、これは庇いようがねえ。..
52019/03/26感想日記新アニメ版「どろろ」。..
=>前の記事 ダウンサイジングというより、ダウングレード。
 反応日時来客名来客者の最近のメッセージ
12019/04/13紅葉青水>逆に、興味深いのは~実力と自負があるのです。これ読ん..
22019/02/11アマンドの木利用可能なエネルギーが有限で、利用可能な空間が有限でなら、そ..
32018/01/23オルタフォース封神演義は未放映話を除いては全23話ですよ。というか(初アニ..
42017/10/12アマンドの木「戦争広告代理店」のネタをやりたかった脚本家と、そのネタを全..
52016/11/06アマンドの木利益の拡大とは、資本の自律的な活動であって、個人の思想信条と..
その他最近のコメント
1.
2019/05/01 (2019/05/20更新) 「「SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE」プレイ雑感。」 分類: 独断と偏見に基づくゲームプレイ記
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:1個

フロムソフトウェアが送る死にゲー。
ネタバレを避けたい方は…と書きたいところだけど、ネタバレ以前に世界観・キャラクター紹介のためのチュートリアルステージだけで死にまくる。
ネタバレしたくてもネタバレになってない。公式サイトとか紹介記事に普通に載ってることを知るだけの最序盤で百回以上死ねる。

とりあえず、死にまくって理解したことをまとめる。
くどいようだがこれらの設定は紹介PVとかでも載ってることである。ネタバレになってない。
事実と考察と妄想が混じってるので注意。

①少年と忍び
本作の根幹。プレイヤーの分身である忍びはある幼い少年を主君と定めている。
その主君が、誘拐され囚われてしまう。

②戦国武将と少年
斜陽の国を憂う武将が、忍びの主君を攫った。

少年、忍び、戦国武将、誘拐…よくあるキーワードで、お世継ぎ騒動かと思いきやどうも違う。
戦国武将は正統な後継者である少年が邪魔で殺そうとした、とかではないのだ。

③忍びは二度死ぬ
忍びは一度倒れても蘇る。
それは主君である少年の血統の力による賜物なのだという。
肝心なのはここだ。忍びが特殊な血統であるわけではない。少年と血縁関係があるわけではない。
主君の血統の力は、何のゆかりもない雑兵同然の忍びに、一度死しても蘇る力を与えるのだ。
二人はただ「主従関係」にあるというだけ。
それだけの関係性で人外の力を授けることができるのだ。有象無象の忍びにさえ。

②の意味が、やっとわかる。
殺すでもなく、下克上するでもなく。
武将が何故少年を攫ったのか。

この少年、名前を「九郎」という。…多分、時間の神「クロノス」のことだろう。
少年の血統は「竜胤」と呼ばれている。…死と再生を司る「ウロボロス」のことだろう。
これは面白くなってきた。
死んでは何度でも挑戦するという、ゲームとプレイヤーのメタ構造を模してるぞこの作品…

コメントする1個

2.
2019/04/26 「デミウルゴス。」 分類: 日々のたわごと
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]

<契約の起源>
仮説①:『神の下の契約』なので本来は『同じ価値観・共感を共有しあえるもの同士に許されたこと』だった。
仮説②:①がどこかで『価値観・共感を共有しあえないもの同士だから結ぶもの』に変遷した


価値観を共有する血族内でのみ使われていた『契約』というソフトウェアを、価値観が異なる異民族に対しても使えるようカスタムした…ってのが、古代における『契約』の変遷過程だろう。単純に考えて。

普通、隙あらば相手から1円でも金を毟ってやろうと考える相手など、契約・取引をしたいとは思わん。
その前に、意思疎通し価値観を共有しあってると思えるもの同士でも発生する認識の齟齬と、そのトラブルを回避するための契約が、スタートラインだろう。

まぁでも、一つの部族内でグルグル金が回るだけだと、できる事業はたかが知れている。
それよりは、複数の部族で金を回して事業を回したほうが、圧倒的に物事の進展量は上だ。

だから、多少のトラブルの発生には目を瞑って、あんまり契約を結びたくない相手とも契約を結ぶという話になる。
デメリットよりメリットの総量が勝るなら、それを押し通す。
そこには一族全員が見ることのできた、かつての共通の神はいない。
契約という名の偽の神(デミウルゴス)が、真なる神を装って祀られる。

有能な偽の神(継母)が、無能な真なる神(実母)を駆逐する。

ここで、神の意義が『正当性』から『有能さ』にシフトする。
神は有能でなければ存在できない。神は競争にさらされる。
…そして有能生存競争の果てに、神は『評価者の価値判断基準を歪める』という手に出る。
神への盲目的な服従と絶対性が叫ばれる。神自身の保身のために、信者を食い物にしはじめる。
その上、神は駆逐できない。意義が『有能さ』にシフトしたからだ。
倒れればより狡猾な神が現れるだけだ。

…かくして、神の子羊が贄に捧げられる。磔刑に処される。
親に責任が取れないなら、子供に責任を取ってもらうしかなくなるのだ。

コメントする

3.
2019/04/20 「ままならないママ。」 分類: 日々のたわごと
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:2個

「さよならの朝に約束の花を飾ろう」:永遠の18歳でママの役得のみ希望のエルフ。
「劇場版アニメゴジラ 星を食う物」:英雄の母になりたかったエイリアン男。
「BEATLESS」:母親の死体を弄んで実母の地位簒奪、愛情資産の不労所得を望む継母アンドロイド。
「約束のネバーランド」:食用時飼育監ママ(注:一番ぶっ飛んでるけど唯一人間)。

ヒロイン証券取引所、ママ銘柄の株がストップ高。
平成最後の月に、2018~2019年度のヒロイン(?)を総括すると、総じて「ママ」に分類される。

以前、主人公にとって、ヒロイン≒外界の価値が値崩れを起こしていると書いた。

なら主人公は、得るものの無い不毛な荒野(ヒロイン)である外界に背を向けて、内側、つまり母親を求めよう、探ろうと志向するのは当然の帰結なのだろう。

そして豊かな母を掘り進めて、深淵の混沌を掘り当てた。

「さよ朝」のエルフ母は、いい年していつまでも子供じみた考えが抜けないし、『ママ』呼ばわりだと老けたように思えるのが嫌で、『姉』呼びするように我が子を言いくるめる有様だった。
逆に、「ネバーランド」を守護する大人のママは、子供を家畜程度にしか考えてなかったりする。

・・・が、母のおぞましさを知ったところで、母離れできるかといえば、そうでもない。
母親が怪物でも、それで外界:ヒロインが楽園になるわけではないからだ。

外界:ヒロインに絶対的な価値が付加されることに繋がらない。
世界と彼女の価値は、ゼロ円どころか、マイナス値のままだ。
だから、母胎の中で一生外に出ることなく終えたい、終えるべきだと思うのも道理だ。
「劇場版アニメゴジラ 星を食う物」が原始人エンドなのは、そういう発想だ。
母なる地球、母なる太陽の寿命とともにあの世界の人類は生を終えるだろう。

あるいは母胎の中で、「外に出た夢を一生見続ける」。
「BEATLESS」で、夢見がちな主人公は、自動化された人工子宮の中で、自分の善性を投影した伴侶ヒロインだけを眺め続けた。
その伴侶ヒロインは、価値ある過去≒主人公の実母を破壊し辱めることでしか、自分の価値をアピールできなかった。詭弁と、劣化品しかなかった。
この作品ほどヒロインの無価値さを示すものもない。
死体も思い出さえも、影もカタチも残っていない母親にすら劣る、モノだった。

…駄目だ。前回のダウングレードの潮流を煮詰めようと思ったんだが、どうにも上手くまとめられてない。
価値の在処を探す、創るのが物語だとして、それが難航してて試行錯誤をしてる感じはわかるんだが…。

コメントする2個

4.
2019/04/11 「うわ、これは庇いようがねえ。」 分類: 日々のたわごと
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:1個

メトーデ中心の人間関係図


図に起こすとわかりやすい。
レイシアというかヒギンズ、徹底的に故人を辱めた上で、母の地位を横取りしたかった。
仮にアラトがメトーデを母親だと気づいても、庇いようがないぞこれ。

コメントする1個

5.
2019/03/26 「新アニメ版「どろろ」。」 分類: 感想日記
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:4個

12話視聴。
純粋に、原作より上手いじゃないかと思ってしまった。
百鬼丸と多宝丸、どこまで寓意が込められているかはわからないが、自分が不意に思い出したのは「イサクとイシュマエル」兄弟、そして「イサクの燔祭」だ。

イサクとイシュマエルの話はざっというとこんな話。
族長アブラハムには、側室との間に生まれた長男(イシュマエル)がいたのに、後になって正室との間に次男(イサク)が生まれてしまった。
…争いの種にならぬよう、どちらかが、いなくなってもらわねば困る。

そして「イサクの燔祭」は諸説あるが、上記の内容を踏まえればこんな話だろう。
イサクとイシュマエルの父:アブラハムは途方に暮れた。
後継者は一人しか選べない。
生残性、確実性という点なら答えは簡単だ。
既に育った長男イシュマエルがいる。次男イサクはいらない。
余計な子育てコストをかけられるような余裕は、砂漠の民にはない。
けれど、イサクを生贄に捧げようとしたその瞬間、神(新しい倫理観)がアブラハムの手を止めた。

…さまざまな言い伝えがあるため、当事者らの年齢が定まらず状況が推察しにくいが、身も蓋もないことを言えばこういう話だ。

百鬼丸と多宝丸の二人は、どちらがイサクでどちらがイシュマエルなのか、はっきりと割り振りがたい。
そもそも二人とも正室の子だ。
そして長男は最初から鬼神の生贄とされること、長男の犠牲の上に国の繁栄が築かれることを、族長:醍醐景光は目論んでいた。
この世界に我が子を想ったアブラハムはいない。

まぁ、なんだ、その、兄弟たちの母が自害しようとしたのが象徴的というか。
ゼロサムゲームの閉じた世界だと、そうなる。
親が二人消えて、子供二人が生き残るなら、人数は差し引きゼロだ。
特に醍醐景光は契約を結んだ張本人だ。そら、契約者と支払者が一緒なのが普通だろうし。

…理屈の上では、旧世代にはとっとと滅んでもらって、新世代の糧になってもらうのが妥当だよなという。

コメントする4個

=>前の記事 ダウンサイジングというより、ダウングレード。
↑上へ