十傑集の日記/書き物

総閲覧回数:720,414回 / 推薦評価:566個(内 論客154人) / ブログ拍手:3,031
 18日17日16日15日14日13日12日11日
閲覧126 (-42)168 (-40)208 (+85)123 (+4)119 (+12)107 (-7)114 (-15)129
階位77777777
ポイント8,483,955
(+451)
8,483,504
(+979)
8,482,525
(+1,555)
8,480,970
(+2,648)
8,478,322
(+44)
8,478,278
(+1,797)
8,476,481
(+1,971)
8,474,510
偏差値442.88442.93443.04443.23443.29443.51443.54443.77

最近閲覧されたログイン状態の論客
れいんぼーきんぐ / ルネサント / 飛蝗亀軍師 / 消しゴム / シャル / てとてと / アカマ / 赤青黄緑 / rangame / 無慈悲1020 / 弥生一 / サンシースー / 667 / CHIGE / オルタフォース / アマンドの木 / ミルナ- / 塩キャラメル / キノポン / ゴーグル侍 / 悪魔の羽(Qoo) / ルミナ / カイネル・ドゥ・ラファティ / 634 / 無限堂 / 霧の童話 / はんぶらび / ウクレレ / 伏魔の剣
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報/
DB構築()
他己紹介
17/10/24
ブログ
[書く]
攻略記事リンク集
My Play List
 作成日時分類記事タイトル
12019/09/01スポーツ世界柔道選手権2019
22019/08/30ドラマヒーローのテコ入れ..
32019/08/23ドラマ幻の「海王奇談」
42019/08/15コミック「シルバー仮面」から「強殖装甲ガイバー」へ..
52019/08/08世界名作劇場..格差社会拡大
=>前の記事 ギャラリー(読者)を呼ぶマッチメイク
 反応日時来客名来客者の最近のメッセージ
12019/09/01ミルナ-そういえば家の父親が好きだったので知ってるんですけど萬屋錦之..
22019/08/08伏魔の剣柿崎先生が『闘獣士』とほぼ同時期に描き初めた『GREEN B..
32019/07/09霧の童話元々「狂鬼人間」は三沢主役エピとして用意されていたものの、勝..
42019/07/05霧の童話十傑集さん、此の度はあたくしが喰い付きそうなネタを振って頂き..
52019/06/13アマンドの木名前の元ネタが源氏物語なので、むしろここからが本番という気分..
その他最近のコメント
1.
2019/09/01 スポーツ > 世界柔道選手権2019」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:5個

先ほど終了しました。

各国同士の戦いとなる団体戦では柔道母国としての総合力が発揮されたでしょうか。

対して個人戦を『日本対世界』で捉えると国内で層が厚い軽中量級に比べ、上の階級では群雄割拠となり盤石とはいかないかも。一番、印象に残ったのは
初の金メダルを目指す田代選手が女王
・アグベニューに挑んだ女子63キロ級。

二、三回戦は他国代表を十数秒で下しているアグベニューと11分に渡る死闘を演じ、指導3つの反則負け寸前まで追い込みながら返し技で技ありを取られ終了。

惜敗の涙を流す田代以上に、「今は私の時代」と豪語していた女王が号泣して互いの健闘を称え合った。

実力が伯仲した者同士は互いに心技体の限界に挑まねばならないゴールデンタイム方式ならではの熱戦だったでしょうか。

現在、放送中の「いだてん」もスポットを当てているのがタイム競技ばかりなので、ここまでの試合はなかなか無い。

コメントする(論客のみコメント可能記事)5個

2.
2019/08/30 ドラマ > ヒーローのテコ入れ」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:7個

現在、平日の午前中にBS日テレで「桃太郎侍」の再放送が放映されています。
序盤の内容をすっかり忘れていたので、たまに観直しているのですが驚いたのは代名詞ともいうべき、
お面と「一つ人の世、生血を啜り…」の決め台詞は最初の2クールでは全く無かった事。
要は視聴率低迷のテコ入れで、これが大当たり。「仮面ライダー」の変身ポーズと同じようなモノです。
もっとも後輩ライダーのテコ入れは逆ベクトルのケースの方が多い。
Ⅹライダーは海底基地のオヤジAIが息子の自立を促すという名目で自爆してしまいカイゾーグ設定は意味をなさなくなる。
スカイラダーは飛行能力をパワーアップ後に使わなくなったと言われていますが実際には毎回、飛んでいたのは最初の1クールだけ。
(2クール目には飛ぼうとして失敗した話が一回、入った程度)
結局、ヒーローのアイデンティティは①敵との絡みの中で発揮され②視聴者が真似し易いorしたくなる仕草や言い回しがウケる。



話を「桃太郎侍」に戻しますが、初期は登場するのは小悪党程度で誰も死なないようなエピソードもあります。
その分、ヒーロー性を強調した後の展開よりストーリーは練られていたかもしれません。
自分が特に印象に残ったのは14話。船乗りの男と商家の娘が恋に落ちるも、本家乗っ取りを企む叔父が妨害するという内容。
桃太郎が叔父一党を叩きのめすものの、一度は跡取りとなった男は住む世界の違いを痛感して去って行く。
この時には「愛があれば身分の違いが何だ」と励ましていた桃太郎は
後に藩主の跡取りが見合いから逃げてきた際には「生まれながらに背負わねばならぬものがある」と正反対の事を言うようになっており
こういった現実を見てきた故の言葉なのかもしれません。
ちなみに、このカップル+主役の馴れ初めは叔父がチンピラを雇って娘のかどわかしを画策した場面なのですが、
さすがシルバー仮面!あんまり強くねぇ…!!

コメントする(論客のみコメント可能記事)7個


十傑集 さんのコメント (2019/09/01) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
コメント有難うございます。

>「破れ傘刀舟」
ひょっとしてレンタルショップで見かけているかもしれないので、あったら確認してみます。

>「水戸黄門」「遠山の金さん」
かもしれません。子供の頃は「江戸を斬る」は主役が金さんなのに桜吹雪見せないなぁ…で地味に感じました。
ミルナ- さんのコメント (2019/09/01) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
そういえば家の父親が好きだったので知ってるんですけど萬屋錦之介氏の「破れ傘刀舟」という時代劇があったみたいですが
これの決め台詞が「てめえら人間じゃねえや、たたっ斬ってやらあ」という物だったという事ですけど、これも最初は
無かったらしいですね。最初からテンプレを徹底してるのは「水戸黄門」だけ?あ、遠山の金さんもだっけ?w

3.
2019/08/23 (2019/08/26更新) ドラマ > 幻の「海王奇談」」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:6個

昨日は対馬丸事件75周年のNHK特番を観ていました。これで思い出したのは「怪奇大作戦」のパイロット台本「海王奇談」。

円谷プロ企画文芸室長の金城哲夫は金塊密輸団が科学トリックを用いて怪物による海難事故を起こし、SRIが真相を暴くエピソードを
第1話のシナリオとして提出したがTBSの橋本洋二プロデューサーは「テーマが無い」とこれにNGを出す。
「怪奇」ファンのほぼ全員がワーストエピソードに上げるであろう第17話「幻の死神」も似たような話で映像化されていますが
開幕戦のマウンドを任されるエースとローテーションの谷間で登板する投手では求められるピッチング内容が異なるという事でしょうか。
といっても「海王奇談」は即、没シナリオになった訳では無く対馬丸事件を絡める構想が持ち上がりました。
橋本Pは後に『対馬丸撃沈は疎開に影響を及ぼすと考えた日本政府が緘口令を敷いた。
軟禁&迫害されてきた生存者が亡霊騒ぎを起こし解明に乗りだしたSRIは対馬丸事件の真相そのものに近づいていく』というアイデアを語っている。
しかし一度は改稿を承諾した金城氏は結局、「やはり書けません」と自ら没にしてしまいました。



同郷である上原正三(以下、ウエショー)は曰く「自分は九州に疎開していたが、金城は沖縄戦を体験している」
ウエショーは「怪奇大作戦」の中でも戦争をテーマとして最も前面に押し出した第15話「24年目の復讐」、
後に「帰ってきたウルトラマン」でも東京焦土作戦が展開されるグドン&ツインテール前後編を手掛けています。
エンターテイメント志向が強い金城氏も「ウルトラセブン」第42話「ノンマルトの使者」を扱いますが、その先には踏み込めなかった。

昨晩の特番において当時10歳で対馬丸に乗船していた上原氏(金城姓もそうだが沖縄では割と多い名字らしい)は
『数日に渡る漂流の挙句、辿り着いた陸地で旅館に集められ高圧的な軍人達により他言無用を迫られた』と語っていました。
日米問わぬ国家や軍隊、戦争の理不尽さ。特に自分達を守るどころか本土を守る盾と見なす政府に沖縄人はどんな想いを抱くのか。
戦後半世紀を経て公開された情報を四半世紀の段階で嗅ぎつける橋本Pの先見性も光りますが、金城氏は重過ぎる実体験故に筆が動かなかった。
「怪奇大作戦」には第3話「白い顔」のように金城&上原の共同脚本もあるので
ウエショーが後事を託されていれば「海王奇談」が映像化される可能性もあったでしょうか。
内容が重過ぎて第1話から視聴率大コケの可能性も無くはないですが…。

コメントする(論客のみコメント可能記事)6個

4.
2019/08/15 コミック > 「シルバー仮面」から「強殖装甲ガイバー」へ」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:7個

昨日、「シルバー仮面」評価文の中で「強殖装甲ガイバー」にも言及しましたが原作者の高屋良樹氏はマジでリスペクトを抱いていたかも。
根拠としてストーリー面での共通点が幾つも散見されます。
①一般社会に認識されていなかった怪人の存在が途中でオープン化。
②前半に行くあての無い逃亡劇が展開される。
③宇宙船が、やっと動いたと思った直後に壊れてしまった事を切っ掛けにヒーローが巨大化。
「シルバー仮面」最終回では春日兄弟が宇宙船で旅立っていく一方、MATとZAT隊員で二股をかけたひとみ姉さんはキカイダー01婚約者と一緒に見送る側。
「ガイバー」も主人公がクロノス穏健派と休戦協定を結んだ辺りで連載が止まっていますが
降臨者と戦うため宇宙に旅立つ者、地球に留まる者、その過程で脱落(=戦死)する者と各キャラの落し所を固めている最中なのでしょうか。
休載期間は過去最長の三年に及んでおり、少年サンダー某作やヤングアニマル某作に負けず劣らずになってきましたが…。

「私は原作で復活した」「ぬかせ!エロ要員が!!」

キャラに関してはリスペクト前提の仮説になりますが「シルバー仮面」で残念に感じた光二&光三&叔父貴の要素を高屋氏は振り分けた?
手に入れた強大な力のため周囲を巻き込んでしまう事に苦悩する深町晶。
敵か味方か判らぬ謎の人物として登場し、復讐心がモチベーションの巻島顎人。
小物キャラ扱いながら甥の人生に大きな影響を与えた元クロノス日本支部長の巻島玄蔵。
特に巻島玄蔵は30巻以上続いている原作単行本の1巻で退場するキャラながらアニメでは中間管理職の悲哀を振りまき、
リストラの逆恨みパワーでガイバーⅠと刺し違えているなど中々に印象が強い。
実際、アニメで一番にパワーがあったのは89年版OVA終盤の辺りではないかと。

片や原作で一番、盛り上がったのは魅奈神山近辺逃亡劇の件だったろうし、やはり高屋氏の「シルバー仮面」前半展開へのオマージュでしょうか。
父と子の殺し合い惨劇によるトラウマから変身に制約が生まれ、それを乗り越える事による主人公の成長とヒーローの復活。
それに併せて巻島に片想いしていた瑞紀の気持ちが晶に傾いていく様と流れるような王道展開。
ただ、そういったヒロインの心理を89年版OVAにおいて前倒しで描いた三年後に(脚本家が交替した)ACTⅡを作ってしまったのは大人の事情感が強い。
後にアプトムがガイバーⅠに「あの頃のお前はもっと死に物狂いだった」と語ったのは作者の自分自身への言い聞かせだったかもしれません。
ホント、完結できるの?

コメントする(論客のみコメント可能記事)7個

5.
2019/08/08 世界名作劇場 > 格差社会拡大」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:8個

世界名作劇場ファミリーカレンダーの来年度デザインが発表されました。

https://calendo365.com/item/nk-493/

「フラン犬」「ロミオ」「赤毛のアン」「ラスカル」の四強に加えて



今年のラインナップでもあった「ポリアンナ」「トム」「三千里」が連続出場。

当然、皺寄せは他のマイナー作品に行く。12月の全員集合カットは全作品網羅なんで面倒くさいから、止めっ!という感じ。

ロリコン属性三倍の赤! なんて二度とエントリー機会は無いかもしれない…。

コメントする(論客のみコメント可能記事)8個

=>前の記事 ギャラリー(読者)を呼ぶマッチメイク
↑上へ