古典主義が受けた共感メッセージ

総閲覧回数:91,103回 / 推薦評価:359個(内 論客135人) / ブログ拍手:35
 10日9日8日7日6日5日4日3日
閲覧16 (-17)33 (+10)23 (-3)26 (-2)28 (-1)29 (+6)23 (+3)20
階位1111111112121212
ポイント4,769,485
(-1)
4,769,486
(-101)
4,769,587
(+6,454)
4,763,133
(+2,547)
4,760,586
(+6,608)
4,753,978
(+1,600)
4,752,378
(-2)
4,752,380
偏差値280.93280.96281.01280.48273.10272.84272.81272.84

最近閲覧されたログイン状態の論客
ルネサント / れいんぼーきんぐ / シャル / アカマ / てとてと / ショウ♪♪ / 回顧趣味 / オルタフォース / ミスター000 / マリィ / おいらんど / MONKEN / 世之介 / 飛蝗亀軍師 / mosi / 竹犬千代 / サシス / 黒沢 / とーほー / 悪魔の羽(Qoo) / 伏魔の剣 / 佐々成政 / リリカル472 / sato / 実名ではない / 消しゴム / りゅーいち / クイーン・ローザ / 十傑集
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /:   /
DB構築()
他己紹介
17/02/25
ブログ
[書く]
リンク集(無)

1. 2019/11/19 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 by ルネサント
悪い点をこれだけ挙げるところに凄く関心します。本当に盛り上がれないというのは一番の欠点です。最初の要素も不要だったし、台詞だけだとついていけないのでハリーの父と3人の友人の過去描写を行ってから説明すべきでした。しかし、他の作家さんや自分にとってもどうゆう作品作りが盛り上がれないのかなどいい反面教師になったというのがこの作品から学んだことです。
2. 2019/11/18 ハリー・ポッターと賢者の石 by ルネサント
あらゆる問題点を指摘しており、的確な表現は見事です。本当にキャラ描写を徹底してほしいですね。悪い意味で変わってないし、もう少し成長というものを期待して見続けましたが少しだけだったと思います。(またはその逆だったかもしれませんが)また、ラノベ調という言葉はこれまで理解できていませんでしたが古典主義さんのレビューを拝見してようやく理解することができました。おかげでいい勉強になりました。出来るなら4作目以降のレビューも拝見したいものです。
3. 2019/11/15 ハリー・ポッターと秘密の部屋 by ルネサント
さすが古典主義さんです。鋭い観察眼を持っていますね。5作目を昨日に鑑賞したから分かりますがドビーを連れてった方が危機的状況を打破できた気がします。(5作目が一番自分は盛り上がりました。)蛇が体温感知をできるのは聞いたことがありましたがこれには気づきませんでした。感心しました。少なくても自分もおすすめできる映画として推奨する事はとても出来ませんね。スターウォーズやMCUが如何にエンターテインメントして優れているのかがよく分かる事が出来ました。それだけでも見た意味はありました。
4. 2019/11/13 変身忍者嵐(石森章太郎版) by 霧の童話
読者の読解力を試すかのような「挑発的」な実験精神も刺激的でしたね。渓谷に木霊する幼子の「おかあちゃーん ! 」から、苦渋の表情白で滝に佇むハヤテへと切り替わる第3話「白い狐、枯れ野を走る」のラストなんざ、敢えて割愛された時間軸にこの上ない悲痛さが漂っていて堪りませんわ。
5. 2019/09/16 クロノ・トリガー by サシス
自由なストーリー進行、精巧なドット絵、ゲームを彩る神曲の数々。過去の行動が、未来の世界に影響を及ぼす細かな設定と、SFCで、これだけのクオリティを兼ね備えた名作は他に無いですね。
6. 2019/04/04 上野さんは不器用 by アカマ
やはり惚れた理由の一つくらいは欲しいところですね。アスペ漫才、というのはあまり考えませんでしたが、私の場合、ただひたすら下ネタがウザい、という印象でした。発明ネタも変に小難しい表現を使ったりで伝わりにくいし、これ何が面白いんだろうと思いながら見てました。
7. 2019/03/14 SSSS.GRIDMAN(グリッドマン) by rie-ru
私と評価は異なりますが考察部分がすごく参考になりました。私自身無知なもので。アカネの怪獣趣味にはそういう背景があったんですね…
8. 2018/11/26 映画 HUGっと!プリキュアふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ by プリキュアくん
スーパー戦隊や仮面ライダーの映画で大勢の戦隊やライダーが登場しても、ここまで酷い話にはなりません。ギネス記録のためだけに他のオールスターズを犠牲にするやり方は許せません。
9. 2018/10/28 映画 HUGっと!プリキュアふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ by 無限堂
引っ張り過ぎた反動が現れたと同時に、観客騙しの作品しか作れないなら数年に一度の展開にするか、思い切って終止符を打った方か良いかも知れません。先祖の星矢もDBもセラムンもどれみも退くべき時は退きましたし、劣悪な作品を観させられる程遣り切れない物はありません。
10. 2018/09/19 仮面ライダーエグゼイド by ジョニーナンマイダー
パラドと手を組む40話、最近見たけどgood! 懺悔するパラドがいつものニヤニヤ顔から、目だけ泣き顔になるのはスゴ技
11. 2018/09/14 オーバーロードⅢ by もさま
私もアインズがともかく小物臭い(というか物語を展開させるためのマネキン?)に感じられます
12. 2018/09/09 アイアムアヒーロー by 鉄風
>日本SF系映画では抜群の出来と言える。 -ーまさに破格のできでした。日本映画の映像でここまで圧倒されたのは久しぶりです。
13. 2018/04/22 人類は衰退しました by E・カリング
原作を知らずアニメ版に満足していましたので、「監督が原作者が設定したテーマを履き違えている」というのは非常に気になる記述でした。アニメ版のファンにも原作を勧める際の指針として支持したいと思います。
14. 2018/03/25 ヴァイオレット・エヴァーガーデン by CHIGE
正直駄作ですねこれ・・。初回を観終わった瞬間期待しまくってたテンションがダダ下がっていくのを抑えられませんでした。京アニは石立太一を馘首したほうがいいと思います。
15. 2017/10/01 ナイツ&マジック by wein
『4本(以上)アームのロボ~』、主人公は進化みたいなことで自負してましたが、この部分自分も引っかかりました。人型にこだわる事は全くなくなってしまうし、背中に腕があるとして思い通りに動かせるのかという感覚的なところにも違和感を感じました。
16. 2017/08/20 リトルウィッチアカデミア(TVシリーズ) by E・カリング
きわめて漫画的な構図とかデフォルメの仕方とかいかにもトリガーらしくて大好きなんですが、そのトリガーらしい作画に溢れた回というのは結構少なかった気がします。ストーリーの薄さも仰るとおりですし、ここはまだ2クール作品を創る体制が整ってないんじゃないか?と感じられました。
17. 2017/05/23 メガフォース by CHIGE
劇場で観たんですか・・・ご愁傷さまです。
18. 2016/11/20 ももくり by wein
「新しいの買って返すべきだろう、そこは」同感です!、体育授業のたびにすり替えようとする栗原さんを止める親友の図があっても良いかもしれない。
19. 2016/10/26 アイガー・サンクション by 十傑集
>「大画面必須。テレビ画面だとインパクト半減なので他の弱点が露になる」 納得です。
20. 2016/08/16 あまんちゅ! by tty
おっしゃる通り要素&描写がいちいち異物感が強く纏りが全然ありません、作者氏は異物感ある要素をARIAでは纏め上げていたのですが…。
21. 2016/06/05 僕だけがいない街 by やきおにぎり
激しく同意
22. 2016/05/04 SUSHI POLICE(スシポリス) by E・カリング
文化摩擦という硬派なネタに、文化を守ろうとする主人公側が悪役ポジションという意外な構成に、どういう決着をつけるのか興味を持って観ていましたが、この終わり方は肩透かしでした。いくら多文化共生を気取っても素材の衛生管理というハードルがあるので、各々の国の各々の文化に見合った寿司を楽しめばいいということには出来ないはずなのですが。
23. 2016/02/22 走れメロス by Merci
斬新なぶった切り方でした、読んでいて面白かったです。純文学というジャンルにとらわれず、ある意味で非常に素直に読むとそうなるよなぁ、という納得感が素晴らしい評価文でした。「ステキにお子様」に大笑いしました。
24. 2015/12/14 映画 ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー…ですか!? by エクゾディア
奇遇ですね。同じ日にあなたと感想を書くことになろうとは、主人公サイドの掘り下げが足りなかったと言うのは大いに納得、見せ場も良くてサラマンダー男爵に生き続ける事の幸せを伝えた所ぐらいです。
25. 2014/08/30 アナと雪の女王 by ホットジュピター
3人の相互理解や内省の欠如、オラフを物語上生かし切れていないなどの欠点には、指摘されて初めて気づきました。確かにもっと面白くできましたね。
26. 2014/05/29 キルラキル by 狗が身
総合評価全文に納得です。貴方の仰る理想の展開、自分も観てみたいと思いますね。
27. 2014/04/20 キルラキル by cipherxx
0 >欲張りすぎ---確かに。何でも過剰に詰め込んだりやり過ぎようとしたりして収拾がつかなくなって構成破綻に陥ったのをハイテンションでごまかして逃げ切ろうとしているような気がします。心情面の設定や描写の薄さも気になったのですが構成そのものが壊れ掛けていたのも痛かったと思います。
28. 2013/09/30 無人惑星サヴァイヴ by キノポン
自分とは評価の方向が違いましたが、確かに何でもかんでもチャコの万能な知識ありきだったのは緊迫感に欠けるところがありましたね。
29. 2013/01/04 アベンジャーズ by cb2000ks
良い点も悪い点も大いに同感です(自分はまだ「マーベルファン歴」が長くないので、知らないことのほうが多いからです。とはいえ、内容はかなり楽しめました!)。ちなみに、「ディズニーXD」で、アベンジャーズのアニメ版も放送していますが、こちらもおもしろいですよ!おすすめします!
30. 2012/11/28 ヨルムンガンド by アメリカンイーグル
僕はこの漫画が好きなほうなのだが、たしかに薄っぺらい何かを感じ取っていたので共感できた。軍事的政治的な話は明るくないので良く分からないが、知ってる人からしてみると突っ込みどころ満載なのだろうと貴方のレビューを見て思った。推薦。
31. 2012/08/29 座頭市と用心棒 by 十傑集
二大スターだけでなく、エゴ丸出しの醜い群像を怪演する脇も魅力。←この一言に同意。
32. 2012/06/01 ゴッド・ディーバ by cipherxx
これは久々の衝撃でした。思わず電波受信してしまいました。バンカー・パレス・ホテルへGOします!!!
33. 2012/05/24 這いよれ!ニャル子さん by プー長
良い点/悪い点、各々一番目の指摘に同意です。ラヴクラフトという奇想の宝庫を題材にするのであれば、それに負けないアイデアがやはり欲しいですね。一ラヴクラフト読者(ビギナーですが)として推薦。
34. 2012/05/17 這いよれ!ニャル子さん by YSY
>>「面白い」ものを見たい、という向きには絶対に薦めない。
時間の無駄である。
ストレートなこの一言に全く同感です。
確かにこの作品独自の面白さはどこにもないように思えます。
35. 2012/05/07 フライトナイト by はんぶらび
この映画の長所を的確に表現した、良いレビューです
36. 2012/05/03 唇にパンク by CHIGE
よくまあこんなマイナーな作品を・・。メタルは70年代のハードロックがパンクの影響を受けて過激化したものと思われます。それにしてもスィープとかの高度テクを使ってる時点でパンクじゃないと思うんですけどね。
37. 2012/01/07 ベンジャミン・バトン 数奇な人生 by 十傑集
やはり「ガンプ」を先に観ていると評価が辛くなるのは避けられないでしょうね。
38. 2011/11/08 コードギアス 反逆のルルーシュ by ムシュカ
「本作のラヴ萌え要素に着目して見る視聴者には、これでもかとサービス満点の牛丼だ。」洞察力のあるレビューとても参考になりました。なぜこれほどのヒット作が自分には全く面白くないのかが初めてわかりました。
39. 2011/10/17 C by ai5
作品のテーマとしては明確なものなのですが、個々の視点から大小色んな捕らえ方ができる良い作品に仕上がってたと思います。「国積」に関しては目から鱗でござった
40. 2011/06/19 テルマエ・ロマエ by はんぶらび
この漫画の長所と短所と、的確に表していると思います。
41. 2011/06/19 ゾンビパウダー by はるすけ
作者の持ち味は「少女漫画路線の萌えキャラ」という部分に同意します。
42. 2011/04/25 機動警察パトレイバー 2 The Movie by 十傑集
>会議で何の逃げ道も用意せず、放言する両隊長 自分もこの場面、違和感を感じました。南雲隊長はジッと耐えるし、後藤隊長なら取引材料ぐらいは用意する。二人が太田になったようでした。
43. 2010/11/09 NEEDLESS (ニードレス) by 名もなき詩人
設定だけは/ストーリーは見れると書いてしまいましたが、設定といえば設定ですね
44. 2010/10/18 化物語 by 名もなき詩人
忍野の語り・あまり注目されない点かと思いますけど、私も好きな部分です
45. 2010/10/18 DEATH NOTE (デスノート) by 名もなき詩人
知恵比べになってない・賢そうに見えるか?が大事であり。リアリティ溢れる知恵比べを表現するのは本当に難しいですよね
46. 2010/10/13 火の鳥 by 名もなき詩人
「復活編」「望郷編」はイメージ先行でまとまりが悪いのチョコチョコありますよね。私はそこそこは面白かったですが、最高をつけるのは苦しいです
47. 2010/10/03 世紀末オカルト学院 by 名もなき詩人
尺に合わせてドラマが雑/あまりに多くの要素を詰め込みすぎましたね。私はギャグは笑えましたけど。
48. 2010/03/31 鉄人28号 by おきゃん
わたしも読んだことがありますがガッカリでした。鉄人28号の造形(デザイン)や設定自体は素晴らしいものですが、漫画としてのストーリーやプロットは稚拙で作者の苦悩・試行錯誤が伺えます。逆に絶賛するほうが作者に対して失礼だと思う。登場人物も右往左往しているだけの中身(テーマ・主題)のない紙芝居になっています。しかし、だからこそ後世の人たちの自由な発想を可能にし、新たな鉄人像が次々に創造されていくことになったと思います。仰られるようにドラマツルギーとしては「今川監督の手法は必然かつ最も正しいあり方」だと思います。
49. 2010/02/27 三四郎 by mind
確かに作品の胆とも言える、三四郎とヒロインの会話シーンに人間味が感じられませんよね。
50. 2009/12/16 葉桜の季節に君を想うということ by プー長
今更ながらの推薦失礼します。自分は本格推理ファンなので、新本格派の作家陣にも期待を寄せているのですが、彼らの抱える問題点・欠点を適切に指摘されていると思います。
51. 2009/10/25 円盤皇女ワるきゅーレ (ゆーふぉーぷりんせすワるきゅーレ) by せんぬき
設定に説得力を持たせる為の代案のくだりに、「オーパーツ」という単語がでてきますところに、作品に対する真面目さと視点の妙、の、両立を感じました。
52. 2009/10/25 沈まぬ太陽 by coinboard
「漫画の一種」という表現に非常に同意します。社会的な題材を扱うゆえの過大評価気味とも思える著者の作品の本質を具体的に表す言葉として的確です。著者の作品すべてに当てはまる問題点を指摘しつつ、その価値を冷徹に判断しきった優れた批評だと思います。
53. 2009/10/17 LIAR GAME (ライアーゲーム) by せんぬき
「最大公約数の幸福」という表現が特に、簡潔かつ的確で凄いなあと思いました。
54. 2009/08/24 こころ (こゝろ) by Merci
国語の教科書に取り上げられまくっているがために、「投げっ放し」という作品として最大の欠陥があまり指摘されていない小説だと思います。起承転結の「結」が欠けていると言いますか・・・。漱石作品でも、オチの付け方が比較的上手い作品やキャラクターが立っている作品もあるので、漱石作品というくくりでみても課題評価されている作品に思えてなりません。
55. 2009/06/28 バビル2世 by 十傑集
今川監督のくだりに凄く納得しました。「マーズ」といい横山氏は主人公サイドの描写が淡々としていて本来、今川氏と水と油とも思えますが・・・。この矛盾を納得できる形で言い当てています。
56. 2009/05/20 マーズ by 十傑集
確かに原作版「デビルマン」のように個人としての絆を持った人間=美樹を奪った種としての人間=人類全体に対する主人公の絶望感というドラマはありませんね。
57. 2009/03/15 リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い by 十傑集
まさに超B級。日本でいえば「怪獣総進撃」とか「ゴジラ FINAL WARS」という感じでしょうか。
58. 2009/01/15 ドン・チャック物語 by ジャンボーグQ
そうでしたね、結構腕っ節の強いチャックでしたが、何時も悲しい目にあって泣いてました。 で父さんに諭されてEND。 こんなパターンだったと記憶してます。
59. 2009/01/12 ジムボタン by ジャンボーグQ
良かった~ 俺だけでなく、比較してたの(汗) K100
60. 2008/12/04 ひぐらしのなく頃に 解 by おきゃん
「二次創作的手法」が強みと仰る評価内容に納得です。評判だったので上質の怪奇幻想推理モノを予想していたら、蓋を開けたら、ただの阿弥陀クジの結果をいじくりまわしていただけというお粗末さでした。
61. 2008/09/13 人造昆虫カブトボーグV×V(ビクトリー・バイ・ビクトリー) by herba
アナーキーってのは言い得て妙。OPとEDは意味無いよなぁ
62. 2008/09/05 火の鳥 by herba
「大判で読むべき」…そう思う。
63. 2008/07/26 スネーキーモンキー蛇拳 by せんぬき
評者氏の言葉を借りますと、まさに評者氏は本作を「純粋な気持ちで祝福」されていると感じました。
64. 2008/03/07 仙術超攻殻ORION by おきゃん
仰るように物理、数学、科学、魔術、なんでもありの痛快カオスワールド、ハチャメチャアクションコミック。口頭の呪文が見えるし縄のようにまとわりつくなど斬新な表現が秀逸です。例えネタが分からなくても読み直すと意外な発見があるかもしれない(^^)。蔵書必須コミック。
65. 2007/12/04 カムイ外伝 第一部 by herba
おっしゃるとうり、第一部と第二部は別物として扱う方が良いと思いましたので評価欄を分けました。ジャンギャバンさん、TCC さん、承認ありがとうございました。
66. 2007/11/14 ZEGAPAIN - ゼーガペイン - by スペ9
本作の未熟な点を承知しつつもSF者としてとっても愛ある分析の出来ているコメントですね、流石。
67. 2007/10/28 BLACK LAGOON - ブラックラグーン - by アマンドの木
最後の二行が、端的で的確で美しい。
68. 2007/10/16 ニューロマンサー by おきゃん
この小説の捉え難いストーリーの骨子をとても分かりやすく紹介しています。とにかくこの作品は全体像がつかみにくいのでそこでひっかかる読者が多いと思いますが、仰る様に繰り返し読むことで他の小説では味わえないものを得られます。
69. 2007/07/25 続・白い巨塔 by 十傑集
ああ、それで大映製作の劇場版は勝訴と退職で終わったんですね。
70. 2007/05/07 源氏物語 by 羽幌炭鉱
光源氏はギャルゲーの主人公、というユニークな視点も面白いのですが、それだけでなくこの作品の非凡な所を説得力ある形で述べてらっしゃいます。とっつきにくい印象のある古文の名作をとっつきやすくさせる一文です。
71. 2007/01/08 サルでも描けるまんが教室(サルまん) by herba
私がどうにも言葉にし難くくてもどかしく感じていた部分を上手く表現していただいたように思います
72. 2006/12/17 範馬刃牙 by 羽幌炭鉱
本作品における問題点とその根深さを見事に言い表しています。
↑上へ