「最高の中の最高」の投票を総合点から排除&作品ランキングの変動

[ガラケー版(QRコード)] 総閲覧回数:3,951,143回 / ブログ拍手:2,572
作品DB等各サービスの機能追加情報や、技術系・面白系記事を中心に提供。
記事の投稿は基本Twitterでも告知させて頂いています。
連絡は作品DBの論客の方なら私書、DB外ユーザの方ならメールTwitterで可能です。
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書(メール)
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報/
DB構築()
ブログ
[書く]
攻略記事リンク集
My Play List
<=次の記事 今のところ今期のOP/ED/PVで気に入っている曲
=>前の記事 ユーザビリティ::「ドラえもん ゲーム」って何だ? & 直帰率改善模索

1.
2009/04/06 作品DB開発/運用 > 「最高の中の最高」の投票を総合点から排除&作品ランキングの変動」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:1個

1. 「最高の中の最高」の投票を総合点の構成要素から外しました
2. 作品ランキングの変動
3. まとめ

1. 「最高の中の最高」の投票を総合点の構成要素から外しました

「最高の中の最高」の投票を総合点の構成要素から外しました。
これからは、単純にユーザーのプロフィール内での表示と、重なったユーザーの結びつけ機能だけになります。
変更した理由は、総合点の説明がこれがあることで、単純に言えるものではなくなっていたことです。
これを外した事で、総合点は単純に
総合点 = 平均点x評価数
であると言えるようになりました。
また、今までその配分が改めて見直してみると大きかったので、作品評価ランキング(総合点ベース)の上位に一部変動が起きています。
2. 作品ランキングの変動

目だったものを紹介。

[アニメ]
新順位旧順位作品名
1位3位幽☆遊☆白書
2位1位天空の城ラピュタ
3位4位カウボーイビバップ
4位7位ドラゴンボールZ
5位6位デジモンアドベンチャー
6位10位機動戦士ガンダム
7位2位カレイドスター
8位15位スラムダンク
9位14位となりのトトロ
10位8位スクライド
旧Top10
プラネテス 5位 => 14位
∀ガンダム 9位 => 26位

カレイドスター、プラネテス、∀ガンダムといった、
一般向けという意味では知名度が落ちる作品が順位を落としました。
熱心なファンによる最高の中の最高で押し上げられていた分が結構あったということですね。
代わりにTop10圏外からスラムダンク、となりのトトロといったジャンプ、ジブリの著名作品が入ってきました。

あと、ラピュタが1位から落ちました。
ちょっとびっくり。
でも、ちょっと昔の投票について、漫画との混同・複数投票の有無について幽☆遊☆白書についてはこれから見直してみるので、それで少々は落ちるかもしれません。
ってか、幽☆遊☆白書の板って、昔不思議な程賑わっていたなぁ。

[漫画]
新順位旧順位作品名
11SLAM DUNK
24今日から俺は!!
36ドラゴンボール
43銀魂
58DEATH NOTE
65寄生獣
79HUNTERXHUNTER
810ジョジョの奇妙な冒険 - 第3部 -
92うしおととら
1011鋼の錬金術師
旧Top10
ドラえもん 7位 => 11位

全般的に変動はアニメに比べると小さめでしたが、うしおととらが7位程落ちました。
コアな熱狂的なファンによる最高の中の最高投票が多かったということでしょうか。

[TVゲーム]
新順位旧順位作品名
11ファイナルファンタジーVII
23ドラゴンクエストV -天空の花嫁-
34ドラゴンクエストⅢ -そして伝説へ…-
42クロノ・トリガー
55ファイナルファンタジーVI
66星のカービィ スーパーデラックス
71ファイナルファンタジーV
810ファイナルファンタジーX
98ファイナルファンタジーIX
1013スーパーマリオRPG
旧Top10
テイルズ オブ ファンタジア 7位→11位

変化は少なかったですが、テイルズがTop10から脱落してスーパーマリオRPGが入り、益々スクウェアエニックス&任天堂の寡占状態が磐石になりました。

[小説]
1位↑ 半分の月がのぼる空
2位↓ 十二国記
1位の作品が変わりました。

[TVドラマ]
1位↑ TRICK
2位↓ フルハウス
国産ドラマTRICKが1位を奪還。

[2008年ランキング]
<漫画>
1位↑ トリコ
2位↓ ダブルアーツ
ダブルアーツをかわしてまだ連載中のトリコが1位を取りました。
しまぷー、やるなー。

<日本映画>
1位↑ ザ・マジックアワー
2位↓ デトロイト・メタル・シティ
話題作のデトロイト・メタル・シティをザ・マジックアワーがかわして1位に。
3. まとめ

個人的には、もっと早くそうすべきだったかな、と思う結果に。
一部の熱気の反映度合いは薄くなったけれども、こっちの方が一般性としては優れたランキングかな、と思いました。

コメントする1個


管理人さん さんのコメント (2009/04/06) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
春夏秋冬さん、コメントどうもです。
おー、相変わらず問題発見の着目点が冴えていらっしゃいますね。

自分は「最高の中の最高」が一体どんな点数配分をされていたのかすっかり忘れていたのですが、外してみてその影響の大きさにちょっとびっくり、改めてヘルプで計算方法を確認してまたびっくり、でした。

最高の中の最高投票数x10
というのもあるのですが、それに加えて
最高の中の最高投票数x最高の中の最高投票数
というのもあったので、極一部ですが投票数が2桁に乗っていたような作品では累乗効果でかなりブーストが効いてしまっていました。

例:
・カレイドスター
30票 x 10 + 30票 x 30票 = 1200ポイント
・天空の城のラピュタ
29票 x 10 + 29票 x 29票 = 1131ポイント

掛け算の部分は、それは複数の投票が集まったらその投票が正しいとするやり方ではありますが(1票ではその部分は1ポイントにしからならない)、累乗の性質上ある点を突破してからはその効果が巨大になり、全体から見れば極一部の人の意見の最高の中の最高の比率が、本来の大多数の投票に対して比率が極端に高くなり、両要素による加算で歪になっていたようです。

あとは、問題はその比率と考えて計算方法を変えて下げるだけ、という選択肢も確かにあったのですが、総合点の性質が普通の一見の人にも分かるようになることを優先して、シンプルにさせて頂きました。
私でもヘルプ見なければ分からない点数付けのカラクリになっていましたし(汗)、また「それが何か」という意味で、単に「平均x評価数」だと明示できると、その意味を単なる計算上の数値としてではなく、感覚として「捉える」ことも出来、そちらの方が良いと考えさせて頂きました。

コメントの投稿頻度制限については、書いている側にとっても、読んでいる側にとっても同一者による高頻度の投稿によりデメリットが生じている部分があったので(書き手側としては知らぬ内に反感を買っていたり、読み手としてはまたかよと思うようになったり)、こちらの考えではありますが、誰かにデメリットを与えるというわけではなく、書き手と読み手両者にとって改善になるようにという考えで修正させて頂きました。
あとは、やり取り的なもの・何度も投稿したいものは、必要なら掲示板の方にお任せ出来る部分も出来てきたからというのもありますが。
春夏秋冬 さんのコメント (2009/04/06) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
おはようございます。

うわーなんてタイムリーでしょう。

実は近々「最高の中の最高」+10Pって高くない?
って感じの日記書こうと思ってたんですよ。
ホントお疲れ様です。

でも・・欲を言えば、最高の中の最高は+1~2Pにして、
(最高)3+1~2Pの方が選ぶ方も嬉しい感じになるのかなーと思いました。
まあでもやっぱり、無しにした方がおっしゃる通り正しいのかと思いますけどもw

前回のコメント規制も合わせて見事な処置(制裁)でした~m(_ _)m


[他の記事も読む]
<=次の記事 今のところ今期のOP/ED/PVで気に入っている曲
=>前の記事 ユーザビリティ::「ドラえもん ゲーム」って何だ? & 直帰率改善模索


大分類が「作品DB開発/運用」の記事
この論客の記事全て
↑上へ