作品追加系の機能・ルールの幾つかの整備

[ガラケー版(QRコード)] 総閲覧回数:3,925,327回 / ブログ拍手:2,554
作品DB等各サービスの機能追加情報や、技術系・面白系記事を中心に提供。
記事の投稿は基本Twitterでも告知させて頂いています。
連絡は作品DBの論客の方なら私書、DB外ユーザの方ならメールTwitterで可能です。
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書(メール)
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報/
DB構築()
ブログ
[書く]
攻略記事リンク集
My Play List
<=次の記事 変動::Alexaのランキングのシステム的な更新
=>前の記事 DB的なキリ数字記念/参加者数20,000人超え

1.
2008/04/20 作品DB開発/運用 > 作品追加系の機能・ルールの幾つかの整備」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]

1. ゲームのサブカテゴリー追加
2. 作品追加のルールの掲載
    1. 1人あたりの承認待ち作品数上限
    2. 追加対象外の作品
    3. シリーズとしてまとめるべきもの
    4. 未発売作品の登録のタイミング

1. ゲームのサブカテゴリー追加

サブカテゴリーの追加をゲームについて、まず開始してみました。
現在データの入力において対応していますが、それを活用した統計等々でのまとめページの用意は、別途今後実装させて頂くことになると思います。
ゲームは分類が公式サイトや書籍で表示されていることが多いので、比較的やり始めやすいので、まず対応させてみました。
ゲームでの運用実績が貯まっていったら、他の大分類での適用も考えていこうと思います。
2. 作品追加のルールの掲載

「作品追加・更新の作業ルール」
として、今まで出てきた話を幾つかまとめてみました。
入り口・提案画面・承認画面全てにおいて掲載されています。
    1. 1人あたりの承認待ち作品数上限

・現在1012個 / 状況・スキルに応じて管理者の判断で個別の方ごとに上下させて頂くことがあります。

↑基本的により多くの提案がされるように支援するのが方向性ではありますが、そうはいっても一人あたりの上限は幾つかの意味であった方が良いと判断したので、設けてみました。
上限に達した場合、承認テーブルに載せてある提案が承認されるよう、支援に回って頂ければと思います。
(上限に関係なくご自分の提案されたものについてはとりわけ質・コメントの面で支援は常に気にして頂くようお願い致します)。
    2. 追加対象外の作品

・18禁作品
・一線を越えた性的な内容を主とする作品: ふたりエッチ, Desire
・民族的嫌悪を表題とする作品: マンガ嫌韓流, マンガ嫌日流
・「八仙飯店之人肉饅頭」のようなタイトルも内容も過度の猟奇的表現を主とするもの(「エルム街の悪夢」のようなものは指さない)
・同人作品
・作者/制作者が特定できない作品
・政治・宗教・民族的な理由での対立を招くと容易に予想できる作品(例: マンガ嫌韓流、いわゆるA級戦 犯 ゴー宣SPECIAL, 悪魔の詩, etc...)

↑今まで掲載されていたルールと、承認コメント欄で会話されいたものをまとめてみました。
    3. シリーズとしてまとめるべきもの

・年度毎のシーズンを反映して出るゲーム(野球・サッカー・競馬・競輪・F1・オートバイなど)
・同一ゲームのゲーム機の機種違い: Nintendo DS版、PSP版、Play station版など
・同一ゲームの亜種: ポケットモンスター赤・緑など
・オンラインゲームの同一版でのアップデート: ファイナルファンタジーXI・信長の野望Onlineの追加カートリッジなど

↑承認コメント欄で会話されいたものをまとめてみました。
    4. 未発売作品の登録のタイミング

・発売日の確定と公式サイト情報が必須。

↑システム化(強制化)されていますが、一応ルール掲載しておきました。

コメントする


石鯉 さんのコメント (2008/04/20) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
修正確認しました。
ありがとうございます。
こちらこそ舌足らずでお手数おかけしてしまい申し訳ありませんでした。

では。
管理人さん さんのコメント (2008/04/20) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
石鯉 さん、度々すみません。
状況確認できました。
インターネットエクスプローラーの方で問題が生じていたので修正しました。
うーん、そんなところでブラウザーによる差が出てしまうとは。。。
どうもありがとうございました。
石鯉 さんのコメント (2008/04/20) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
何度もすいません…

開くと言うのは評価板の方でしょうか?
それとも,詳細の方でしょうか?

詳細のサブカテゴリーの部分が「ゲームの場合選択して下さい」になっていて
どのジャンルを選んだのかが分からないと申し上げたかったのですが,
舌足らずでした…

それから,私が使用しているのはInternet Explorerです。
これによる問題はないと思うんですが,詳しいことは分かりません。

では。
管理人さん さんのコメント (2008/04/20) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
> ただ,図々しいお願いで申し訳ないんですが,管理画面でも確認できるやり方が何かあると有難いのですが…
ですが、私の環境ではですが(ブラウザー: Firefox)、「リッジレーサー」を見られると、赤での警告が開いていなくてもついていないのと、また開いてみると、サブカテゴリーが既に選択されている状態になっているかと思います。
それで識別できるかなと思うのですが、石鯉 さんの環境ではそのようになっていませんでしょうか?

P.S それとも開かない状態で、サブカテゴリーの内容表示をさせて欲しいということでしょうか?
それは確かに役立ちそうなのでやっておきます。
石鯉 さんのコメント (2008/04/20) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
ご丁寧にありがとうございます。

管理画面
http://www.accessup.org/anime/suggest_title.asp?key=Ridge%20Racer&category=game
で反映の有無の確認ができなかったので,反映されていないのかなと思ったんですが,確認不足でした。
すいません…
ただ,図々しいお願いで申し訳ないんですが,管理画面でも確認できるやり方が何かあると有難いのですが…

では。
管理人さん さんのコメント (2008/04/20) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
> たらこさん
コメントありがとうございます。

①毎日のペースという意味ではそうですね。
ただ、提案者の方の作業にしても、承認者の方の作業にしても、毎日コンスタントに、そうした綺麗な数字にならないのが大概の場合なので、一気にやりたいと思った時に、どこまでストックさせれるか、というのが考え方の基本になっています。

ちなみに、網羅されているデータソースを元に作品DBの作品の欠けについてチェックしてみますと、網羅の面で欠陥、つまり作業という意味ではDBにはまだかなりの量があるのは事実です。
例えば、ゲームに限ってPlaystationが発売された1994年の作品を見てみると、登録されているのは8個、登録されていないのは9個、という状態で、半分以上のソフトがまだ登録漏れしています。
なので、DBの「漏れ」を気にして登録される方の場合、リストを手元に追加系の作業をされると簡単に上限に達すると思います。

ただ、承認の作業の敷居と手間が高まったこともあり、また承認者のリソースも限られているので、数が多すぎても処理しきれないので、上限設定をするのはバランス上やった方が良いと判断しました。
それ以外にも、既に提案したものとか等承認画面に載せたご自分の提案へのケアを宜しく、というメッセージ面もありますが。

なお、承認作業はしたい方以外される必要はないのですが、
私の場合は提案して頂いたものについて作業をすることは義務的な面があるので(として今は活動しています)、
この上限は私が個々の方のご提案について処理して回して行くことが可能だと思っている数で調整させて頂いていると思って頂ければと思います。
厳しいなと思ったら下げるかもしれません。

②は、まだそこまで細かい実運用までを現時点で考えているわけではありませんが、問題が起きた時に状況をコントロールできるようにする為、記載させて頂きました。
色々まだ状況に応じて調整している過程なので、その過程でそうした詳細について考えていくことも出てくるかもしれません。
基本的には、おっしゃる通り、先にルールを設けて、その上でルールベースで運用することになると思います(そうでないと私の「恣意」が入ってしまいますので)。

③読書系は作品DBに既に入っているものがありますが、単なる読書系は「小説」と重なるのが入りえるので、既に入っているもの含めて「小説」の方に移動させようと思っています。
「読書」をあえて設けなかったのは、それは「ゲーム機」のものとはいえ、作品DB的には「小説」の分類がある以上、どうしても不都合が出るので、「ビデオゲーム」という分類としては外そうと考えたということです。

学習ゲームは所謂学習ゲームと言われる部類ですね。
微妙な分類ですが、「学習ゲーム」と言われるゲーム機のソフトはそこに置いて頂くことを想定しています。
本格でも発売元や世の中が「学習ゲーム」と定義しているのなら、それはそれで提案者が提案されたいのなら良いと思います。
http://www.accessup.org/jgame/7_DS_20Butiful_20Character_20Training/edit_history.html
らへんのやりとりを元にしたものですが、これはサブカテゴリーを定義したことで、領域が広がった事例として捉えて頂いて良いかと思います。

逆に、サブカテゴリーまで定義したので、そこに入っていないのは、その分野にも入れられない、と考えていただければ(必要ならサブカテゴリー自体を提案して下さい)と思います。
例えばゲーム機のDSでは「家計簿ソフト」が出ていますが、それは現状のゲームのどこのサブカテゴリーにも入らないので、「ゲーム」としてアウトということになります。
管理人さん さんのコメント (2008/04/20) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
> 石鯉さん (問い合わせなので先に返信させて頂きます)
えっと、どういう状況でしょうか?

サブカテゴリーは「ゲーム」についてだけ設定が可能ですが、今のところ
http://www.accessup.org/anime/j_update_info.html
追加と更新において、動作を自分の方では確認してあります。
セレクトボックスでサブカテゴリーを選ぶという仕様です。
既存のゲームの情報の更新は、今のところ大概においてサブカテゴリーが設定されていないので(が、今後は必須なので)、情報の更新には必ずサブカテゴリーの設定をして頂く必要があります。

ちなみに、サブカテゴリーが設定されたことの確認の方法としては、
http://www.accessup.org/jgame/7_Ridge_20Racer/
のようにページ上部のタイトルの後ろに
(ゲーム:サブカテゴリー)
という形で表示されていることで確認することができます。
それか更新履歴の差分にsub_catとして現れていることで確認できます。
http://www.accessup.org/jgame/7_Ridge_20Racer/edit_history.html

もしもできましたら、URLを入れて問題の起きるページ遷移について教えて頂ければと思います。
宜しくお願い致します。
石鯉 さんのコメント (2008/04/20) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
サブカテゴリー…入力してもDBに反映されないみたいなんですが…
よろしければ,仕組みについて詳しく教えてください。

では。(分かり辛い文章ですいません…)
たらこ さんのコメント (2008/04/20) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
お疲れ様です。

では若干個人的意見を。他の人も意見を言ってくれるといいんですが・・・・。

1人あたりの上限は「5個」ベースの上下変動くらいがちょうどいいと思います。
このあたりは管理人さんと全然数が違いますね(笑)。
人間としての器の問題!?(汗)
それでも一応「毎日5個登録・承認(←あり得ないけど)」×365日・・・・
十分ではないでしょうか?

②スキルに応じてというのは、もう管理人さんが権限をふるう分野ですが、仕方ないと思います。賛成です。
同じ間違いを繰り返す人には、ふるってもらうしかないですね。
管理人さん、悪者になって下さい(笑)。

ただ管理人さんの意向は、「罰」としてのイメージではもちろんなく、「気をつけて下さい」の意向なのは十分はわかってます(私だったら逆ですね(笑))。
ひょっとしたら、もっとシステマティックに考えていらっしゃるのかな?
あとは実際に「くらっちゃった人」がその意向をくんでくれることを願います。

こういうのは、明確に「日本語タイトル間違い 2減」「英語タイトル間違い 1減」とか、将来的にはちょびっとずつルール整備をしていくといいかもしれないですね。
結局はその方が(くらった人が感じる)不公平感も減るだろうし。

③ゲーム、広げましたね(笑)。ほぼ何でも登録できますね(笑)。
1.サブカテゴリー「学習」って・・・・。本格的学習ソフトは入れないんですよね。
2.個別ですけど、DSでの読書(本)関係とかが、学習になるのでしょうか?

とまあ感じたままを言ってみました。

ここしばらくの承認作業を体験して・・・・
ゲームの承認作業が一番難しかったです。


[他の記事も読む]
<=次の記事 変動::Alexaのランキングのシステム的な更新
=>前の記事 DB的なキリ数字記念/参加者数20,000人超え


大分類が「作品DB開発/運用」の記事
この論客の記事全て
↑上へ