日英自動翻訳機能をサイトに入れてみました

総閲覧回数:3,964,057回 / ブログ拍手:2,585
作品DB等各サービスの機能追加情報や、技術系・面白系記事を中心に提供。
記事の投稿は基本Twitterでも告知させて頂いています。
連絡は作品DBの論客の方なら私書、DB外ユーザの方ならメールTwitterで可能です。
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書(メール)
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報/
DB構築()
ブログ
[書く]
攻略記事リンク集
My Play List
<=次の記事 perl::DB_Fileのperldoc
=>前の記事 クローラー::YodaoBot-Image

1.
2008/02/16 作品DB開発/運用 > 日英自動翻訳機能をサイトに入れてみました」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]

色々エラーが起きているのを放置しているうちに(使わないから気づかないうちに)かなり寂れてしまった英語版ですが、寂れ対応で(?)日英翻訳機能をサイト側に実装してみました。
今までエキサイトの翻訳機能を使っていましたが、それだとページ丸ごと翻訳した状態にしなければいけない&処理が遅い&使うのが手間&余計なところに日本語が入る(フレームで)、という問題があるので、サイト側に機能を持ってきました。

英語版評価+日本語版評価翻訳版
http://www.accessup.org/eanime/7_Dragon_20Ball/
という構成にしてあります。
言わずもがなですが、自動翻訳には性能面で限界がありますが。
カタカナやひらがなの自動翻訳機能は自分の方である程度実装しました。

ちなみに、これも辞書でチューニングがある程度はできる系統なのですが、その分作業が増えて時間消費を今日・昨日とある程度してしまいました。
はまり過ぎないように気をつけなくては。

あと英語版はドメインレベルから設計し直しした方が良さそう。

コメントする


[他の記事も読む]
<=次の記事 perl::DB_Fileのperldoc
=>前の記事 クローラー::YodaoBot-Image


大分類が「作品DB開発/運用」の記事
この論客の記事全て
↑上へ