特殊機能による画像表示機能の対応範囲拡張

総閲覧回数:3,982,784回 / ブログ拍手:2,596
作品DB等各サービスの機能追加情報や、技術系・面白系記事を中心に提供。
記事の投稿は基本Twitterでも告知させて頂いています。
連絡は作品DBの論客の方なら私書、DB外ユーザの方ならメールTwitterで可能です。
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書(メール)
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報/
DB構築()
ブログ
[書く]
攻略記事リンク集
My Play List
<=次の記事 仕組み::ALEXAランキングが死んでいく & Netratingsの復活
=>前の記事 携帯版懇談室

1.
2007/06/23 作品DB開発/運用 > 特殊機能による画像表示機能の対応範囲拡張」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:4個

1. 日記等特殊機能が使えるところでの画像表示機能の変更
2. 画像共有サイト日本語版
3. 画像共有サイト英語版
4. 各社を使った例 兼 検証
5. 後書き

    1. 日記等特殊機能が使えるところでの画像表示機能の変更

FlickrがYahoo!に買収されてアカウントの取り方が英語が分からない方には難しくなったこと、
Buzznetが日本語版サイトは廃止して英語版サイトに統合したこと、
を受けて、新たに画像共有サイトを探しておいた方がいいかなと思っていたのですが、
増えていく画像共有サイトにいちいち対応していくと作業が遅れてしまうので、
日記等での画像表示機能について以下のような変更をしました。

・.jpg, .gif, .png, .bmpという部分が含まれるURLは画像として表示

ですので、私が把握していない画像共有サイトであっても、上記条件を満たしていれば、画像として貼り付けることができます。

但し、「.jpg#」という風に#を最後に付ければ、画像表示ではなく、画像に対する単なるリンクになります。
例:http://img01.pics.livedoor.com/001/b/5/b59a53d81c2374bfa20e-L.jpg#
画像共有サイトのものではない画像は、自分の日記に取り込む形で表示するのはネチケット違反になってしまうので、そういう場合には#を画像のURLの後ろに付ける表記を活用して頂ければと思います。
    2. 画像共有サイト日本語版

フォト蔵
http://photozou.jp/
動画共有も出来るサイト。

Stickam
http://www.stickam.jp/
動画共有も出来るサイト。

Livedoorフォトアルバム
http://pics.livedoor.com/
    3. 画像共有サイト英語版

Flickr
http://flickr.com/
Yahoo.comに買収されたのでFlickrのアカウントを取る=Yahoo.comのアカウントを取るということになります。
運営体としては一番安定していると言えるでしょう。

Buzznet
http://www.buzznet.com/
Buzznet.jpという日本語版インターフェースが提供されていましたが、
日本は撤退してしまい(日本側の共同運営者だったトランスコスモスが手を引いたので)、
今は英語版インターフェースから利用する必要があります。
但し、英語版に日本語版のアカウントも引き継がれており、buzznet.jp時代のユーザーもそのまま使うことができます。
    4. 各社を使った例 兼 検証

ないのは後で追記していきます。
掲載の画像は今手持ちのものが限られているので、変なものばかりですが。

フォト蔵


Livedoorフォトアルバム


Stickam

    5. 後書き

ここもあるよとか、不具合がありましたらお知らせ下さい。

コメントする4個


[他の記事も読む]
<=次の記事 仕組み::ALEXAランキングが死んでいく & Netratingsの復活
=>前の記事 携帯版懇談室


大分類が「作品DB開発/運用」の記事
この論客の記事全て
↑上へ