削除提案理由の追加

総閲覧回数:3,976,870回 / ブログ拍手:2,585
作品DB等各サービスの機能追加情報や、技術系・面白系記事を中心に提供。
記事の投稿は基本Twitterでも告知させて頂いています。
連絡は作品DBの論客の方なら私書、DB外ユーザの方ならメールTwitterで可能です。
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書(メール)
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報/
DB構築()
ブログ
[書く]
攻略記事リンク集
My Play List
<=次の記事 所謂全文型検索エンジンの実装をしました=>全作品検索が利用できるようになりました
=>前の記事 変動::ALEXAランキングが国別のトラフィックを表示するようになった

1.
2007/02/19 作品DB開発/運用 > 削除提案理由の追加」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]

元々ルール的にはありましたが、選択肢にそれ特別という形で確保されていなかったので、
網羅しとくという意味と明記しておくという目的の為、以下のルールを作品評価の削除提案理由の選択肢に追加しました。

・他人の評価のコピー
・作者・演技者の作品の制作能力と関係ない点の批判 / もしくは行為・成果ではなく人格批判にまで脱線した批判

コメントする


管理人さん さんのコメント (2007/02/24) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
1. Re: ろぎさん
2. Re: altemaさん

1. Re: ろぎさん

多分ろぎさんの言われるパターンは削除対象ではないと思われます(何事もケースバイケースですが)。
思想自体をコンテンツにする場合、それは「行為・成果」に入る領域だと思われますので。

但し、そういう曖昧な場合も生じえることを承知の上で書いた
「もしくは行為・成果ではなく人格批判にまで脱線した批判」
が意味するところとしては、確かに作品の質に関係する論理にはなっているけど、それは人格批判の方向に傾きすぎ(脱線し過ぎ)になっている、という場合を、ケースバイケースによっては、削除対応できるようにする為です。

具体的に言うと、例えばアニメの作品とかで、
「人格が破綻しているからこんな駄目な作品が作れたんだな。それがよく表れている。」
みたいなのは、
確かに「作品の制作能力と関係しえる作者批判」になりますが、
その表現は「行為・成果を超えて、人格批判にまで脱線した批判」
として捉えて、規制させて頂くという趣旨です。
2. Re: altemaさん

うーん、そうですね、ただ、
複数の理由が選択できる→それぞれの理由について該当部分/詳細理由を記述して貰わないといけない
(単に選択を複数選べるだけにすると、それぞれがどこに該当するのか分からなくなってしまうので)、
ので、
提案者と判断者の手間や、
手間がかかる分、削除しなければというプレッシャーが増えてしまうので、
必ずしもメリットになるとは言えないかなと思います。
実際、複数ラジオボタンのところで選べなくても、あとのフォローは理由詳細のところで記述して頂くことが可能なので。
altema さんのコメント (2007/02/20) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
お疲れ様です。

要望になりますが、削除提案をする際には必ず「提案提出理由」
のいずれかにクリックしなければなりませんが、削除提案を送る際に
該当する書き込みの削除理由が2つ以上出てくる場合もあります。
そこで、削除提案の項目を複数選択出来るようにしてもらいたいのですが、
検討していただけないでしょうか?

それでは失礼しました。
ろぎ さんのコメント (2007/02/20) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
質問

削除提案の理由の中で、作者の人格批判もあげられていました。

確に中傷は絶対ダメだけど、ある種の文学作品には、作者の思想(考え方や人格)が作品の中には織り込まれてることがある。
この場合、作品の評価をする上で、作品に内在する作者自身(の人格、考え方、)も批判の対象になることがあります。
(エンターテーメントではありえない話だけど、文学作品や私小説では物語の筋を追うだけでは、作品の表層しか見えていない、と言う場合もあります)

こういう場合も、、作品を批判するなかで、その矛先が作者自身に及んだ時点で、削除の対象になるんですか?


[他の記事も読む]
<=次の記事 所謂全文型検索エンジンの実装をしました=>全作品検索が利用できるようになりました
=>前の記事 変動::ALEXAランキングが国別のトラフィックを表示するようになった


大分類が「作品DB開発/運用」の記事
この論客の記事全て
↑上へ