書いた本人だけが閲覧可能になる閲覧制限機能の追加

総閲覧回数:4,013,763回 / ブログ拍手:2,609
作品DB等各サービスの機能追加情報や、技術系・面白系記事を中心に提供。
記事の投稿は基本Twitterでも告知させて頂いています。
連絡は作品DBの論客の方なら私書、DB外ユーザの方ならメールTwitterで可能です。
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書(メール)
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報/
DB構築()
ブログ
[書く]
攻略記事リンク集
My Play List
<=次の記事 検索情報源::サーチエンジン情報リソース集
=>前の記事 トップページの最新100作品リストは1番目以外別ページに分離しました

1.
2006/12/22 同日2番目 作品DB開発/運用 > 書いた本人だけが閲覧可能になる閲覧制限機能の追加」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]

1. 本人限定閲覧機能
2. 日記投稿ボックスまわりレイアウト微調整
3. 2度押し防止の制限改善
4. 効率の改善
5. 終わりに

1. 本人限定閲覧機能

書き物(日記)にその記事を書いた本人だけが読めるというオプションを追加しました。
(↓の記事
http://www.accessup.org/pj/6_B4C9CDFDBFCDA4B5A4F3/20061222.html
が例)

他人に見せる為でないメモ書きや、自分の為だけの記録をする時にご使用下さい。
自分用オンラインメモ帳の代わりにもなると思います。
なお、この選択をした時は、どのような選択をしてもブログ検索には投げられませんし、作品DBのトップページのリストに上がってくることはありません。
またコメントを付けることもできません。
2. 日記投稿ボックスまわりレイアウト微調整

上げ止め、階位制限、同日追加記事のオプションは下の方にまとめました。
3. 2度押し防止の制限改善

日記の2度押し防止の制限を、2度押しされた時には
「2度押し防止機能が働きました。ブラウザーが実行の間は処理が終わるまでお待ち下さい。単にページを戻って来たとかの場合、次は押せるようになっていますので、問題ないのなら再度投稿ボタンを押して下さい。」
と出し、本当に必要ならもう一度押せば、再度実行できるようにしました。
これはまだ日記系だけですが、他の方にも適用範囲を広げようと思います。
4. 効率の改善

日記投稿/コメント付け/ファン登録でトップページのリストを更新する時に、
2タイプのトップページ+imodeの更新順10ページが更新されていたのを、
通常のトップページだけ更新させるようにさせました。
作品リストのTop100と分離したので可能になりました。
5. 終わりに

何か問題を発見されましたらお知らせ下さい。

コメントする


[他の記事も読む]
<=次の記事 検索情報源::サーチエンジン情報リソース集
=>前の記事 トップページの最新100作品リストは1番目以外別ページに分離しました


大分類が「作品DB開発/運用」の記事
この論客の記事全て
↑上へ