携帯版総合評価表示 / バグ直し / 階位制限等

総閲覧回数:4,013,763回 / ブログ拍手:2,609
作品DB等各サービスの機能追加情報や、技術系・面白系記事を中心に提供。
記事の投稿は基本Twitterでも告知させて頂いています。
連絡は作品DBの論客の方なら私書、DB外ユーザの方ならメールTwitterで可能です。
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書(メール)
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報/
DB構築()
ブログ
[書く]
攻略記事リンク集
My Play List
<=次の記事 作品情報でも特殊機能を使えるようにしました
=>前の記事 制限記事

1.
2006/10/14 同日2番目 作品DB開発/運用 > 携帯版総合評価表示 / バグ直し / 階位制限等」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:1個

1. 携帯版評価表示
2. 大きめなバグ直し
3. 階位制限

1. 携帯版評価表示

1ページ目に総合評価を表示するようにしました。
2. 大きめなバグ直し

作品情報の変更で、英語タイトルに空白がある場合、階位301-800の人が情報を変更できないというバグがあったことが報告で分ったので、修正しました。
ご迷惑おかけいたしました。
3. 階位制限

詳細は、↓の階位制限がかかっている記事をお読み下さい。

コメントする1個


管理人さん さんのコメント (2006/10/22) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
たらこさん、コメントどうもありがとうございます。
本当は、もっとバンバン新機能は出していきたいんですけれどもね。
なかなか仕事が忙しくて、大きな新機能のリリースは近頃は沈滞気味です。

そうですね、インターネットが流行った頃に、色々とその可能性について考えられていたら、物事は多々変わっていたかもしれませんね。
まあ、その頃の時代を経験した方は、みんな思うことかなぁ、とは思いますが。
しかし、プログラミングの方面から先生というのは珍しいですね。
逆の方面(先生→プログラミング)の方は、私の隣に職場では座っておられますが。

私の場合は、幾つかの偶然もあり、そういうのに手を染め始めましたが、その頃コアとなると考えていた「アクセスアップ業」から、見事に外れてきてしまって、アクセスアップ.orgというドメイン名と、現在主に利用されているコンテンツが、結構外れたものになってしまってきています(汗)
大局では見方はあっていたけど、詳細レベルでは、外れてしまったかな。
本当はその時屋号でとった1stclassとかでとりたかったのですが、さすがにそういうのはとられていて、ふとaccessupでしらべてみたら、空いていたのでとりました。
どうもaccessupというのは英語ではないようなので(traffic upとかみたい)、日本ではある程度メジャーな語でも空きがあったんでしょうね。

先生って仕事は昔はやりたいなぁ、と単純に思ってそう言っていたのですが、家庭教師などをしてみて、私は教える能力とモチベーションは高くなさそうだ、ということに昔気づいてから、さっぱりそんなことは考えなくなりました。
人付き合いが好きな友人は楽しい仕事だと言っていますが、そういう感性に私は欠けるところがあるんでしょうね。
ただ、友人にとっては、教えるのは楽しいけど、「塾で働いて自分の安定した場所を築く」ということは、非常に厳しい行為であるようですが(色々と苦闘です)。
たらこさんは、楽しくやれて、成功も出来ているようで、何よりです。
たらこ さんのコメント (2006/10/14) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
次から次に、すごいですね。

実は「はるか昔」、短い期間ですが、コンピュータ会社で働いて?いたことがあります。
OSは「UNIX」で、言語は「C」。かたかたプログラミングしてました。

趣味の世界だったんですけど。本当は。←強調

当時で言うワークステーションの世界です。
「C++」なんぞが出てきたころ、きれいさっぱり足を洗いましたが。

んで、今はPCに悪戦苦闘する毎日。嗚呼・・・・。
画像貼り付けすら、ヨタヨタ・・・・。嗚呼・・・・。
何でここまで落ちぶれてしまったのか。ははは。

今考えると恐ろしい・・・・。
なぜって?
その会社、次々に人がやめて、なぜか私がいろいろプログラミングしたような。
そんな技術ないのに・・・・(爆笑)。

しかも、一応制作者だからといって、現地での作動テストにまで同行させられて。
後にも先にも、あんなに冷や冷やしたことはなかったですね。
またその企業、大企業だったし!!

そのころのインターネットは、ほとんど英語だったので、便利だけど日本では普及しないだろうなぁ~と思っていたら、すぐ普及。まったく先を見る目がありません。

管理人さんのプログラミング?の様子を思い浮かべると、ちょっと懐かしくなりました。


[他の記事も読む]
<=次の記事 作品情報でも特殊機能を使えるようにしました
=>前の記事 制限記事


大分類が「作品DB開発/運用」の記事
この論客の記事全て
↑上へ