懇談室のルール策定ver1.0 & ルール全般 & レイアウト

総閲覧回数:3,978,162回 / ブログ拍手:2,585
作品DB等各サービスの機能追加情報や、技術系・面白系記事を中心に提供。
記事の投稿は基本Twitterでも告知させて頂いています。
連絡は作品DBの論客の方なら私書、DB外ユーザの方ならメールTwitterで可能です。
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書(メール)
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報/
DB構築()
ブログ
[書く]
攻略記事リンク集
My Play List
<=次の記事 懇談室のリストページのレイアウト(表示項目)修正
=>前の記事 最速一括検索::「日」「英」ボタンの追加+α

1.
2006/10/04 作品DB開発/運用 > 懇談室のルール策定ver1.0 & ルール全般 & レイアウト」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]

1. 近況
2. 私書箱ルール
3. ルールについて
4. 削除提案のエンハンスについて
5. レイアウト

    1. 近況

理由は公然で言うものでもないのではしょると、公私ともども忙しく、特に私書箱に対応できていない日々が続いていて、心の重しです。
今日は会社で泊まり仕事決定ですが、夜食ついでにちょっと休憩ということで、日記書いています。

さて、懇談室のルールを、日記の方の案から、懇談室の方に移してみました。
(あとで、たらこさんに、遅れながらも返信しなくては)。
基本的な対応の仕方のコンセプトは、メールでいうフォワードを優先するということです。
それをするかしないかの判断と転送だけをしますので(それなら私も手間がかからないので)。

懇談室での削除に関するルール
[対応開始の手順]
管理人さんに私書箱で通知して下さい。 通常、まずは「改善提案」でお願いします。 改善提案は、管理人さんが転送する価値の有無・妥当性の判断をした後、基本的にはそのまま該当者に転送されるので、転送先の方の心に伝わる書き方で丁寧にお願い致します。 提案者の名前は、明らかにされません。 もちろん、内容が文言として丁寧になっているのなら、ご自分で私書箱から直接送るのもありです(但し、往々にしてトラブルにつながることも多いので、相手の方との関係も考慮して判断して下さい)。 その後、反応があった場合、その要旨と結果を、提案者に伝達させて頂きます。 その後、1週間以内に反応がなかった場合、場合によっては、管理人さんの判断で、削除されることもあります。

[主な削除理由]
1. スレ元内容が他者の意見の批判を目的としたものになっている <= この場合は「やりとり」より「削除」が優先されます(後ろのレスも消されることになる為)
2. レスがスレ元の書いたローカルルールから逸脱
3. 複数人からの意味の通った削除提案
4. 喧嘩状態

    2. 私書箱ルール

ついでに、あとで私書箱のルールも、もっと細かいものにしようと思います。
特に、私宛に来るものが、何らかのアクションを期待しているもので、とりわけ負荷が大きいので(あっちを立てるか、こっちを立てるか。だからみんながみんな納得できないものでも行動の根拠となる明示された「ルール」は必ず必要)、私の方への「タスク依頼」になる私書については、別途ルール作りをしようかと思っています。
意見伝達の役として、「転送依頼」、という項目を作ろうと思います。
ある程度の納得の上、転送依頼に少々管理の立場からの意見を加える形で転送させて頂きます。
削除も削除でトラブルを招くこともあるので、話が通じる方とはまずは意見転送から始めて、そこからエスカレーションする手順をもうちょっと打ち立てていこうと思います。
    3. ルールについて

私のルール整備・対応システムの作業遅れが問題をもたらしている面も多大にあり、申し訳ないことではありますが、他人に意見を出すことでトラブルに巻き込まれている方が出ています。
ただ、その正否はどうあれ、自分も反発を受けることがあることは認識しておいて下さい。

もちろん、普段から話合うような関係にいる方とかだったら、アドバイスしてあげるのもいいでしょうが、そうでない場合には、注意から始まる関係になるので、言葉を心に届かせるには、慎重な手順と書き方が必要で、なかなか大変です。相手が、相手を思ってのアドバイスと感じるか、もしくは、単にそういう書き込みを自分が気に入らないから、という趣旨で伝わるかによって、同じことを言っていても、結果は全く異なることになります(ちなみに、私もこれについては、色々至らない点はあり、精進しないといけませんが)。

また、異なる立場の方が二方いる時点で、特にどちらが正しいということはないと思います。
相手の考えがこうだ、と考えることも、多くの場合、すれ違っていることも多いと思います。

ただ、そうした立場の違いはあるにせよ、どういうことをしたらより良い環境になるかについては、判断できるとは思います。
問題とする場合には、個別の方やその書き込みというより、どっちかというとそれを規制していないルールや場の方を、取り組み相手となる問題と考えた方がいいでしょう。
問題となるルールと、対応が遅れている管理人さん(=つまりは私)を、理詰めやプレッシャーで追い詰めてくれた方が、多分トラブルも少なく、手続きとしても妥当で、ベターな結果をもたらしやすいと思います。
    4. 削除提案のエンハンスについて

作業中です。
手は付けています。
これができれば、もっと色々と軟着陸や、問題点の認識の共有等、意思の疎通がしやすくなる筈なので、できるだけ早く実装したいですね。
今週末に何んとか完成させられればと思っています。
    5. レイアウト

50音はサーチボックスの下に移動させてきました。
また、選択ボックスには、きちんと「選択」と表示するようにしました。
あと、[最近投稿された他の作品]にカーソルが合うだけで自動的に画面スクロールするようにしました。

コメントする


管理人さん さんのコメント (2006/10/13) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
大変返信が遅れました。

> たらこさん
方向性を模索中の懇談室の盛り立てありがとうございます(^^)。

懇談室のルールについては、たらこさんの意見なども参考にして、初期のルール候補に比べると、ある程度連絡を優先するルールにしてみました。
削除をしてみて思ったことですが、自分一人の意見を表明する評価板と異なり、懇談室は他に関わっている人が多い場なので、大きすぎる脱線でなければ、なるべく周知をした上で、削除するのがいいなと思ったこともあり、そうしてみました。
但し、スレ元については、後への影響もあるので、それなりに作品DBのルールに準じて、対応していこうと思っています。

> スマブラ好きさん
どうもお久しぶりです。
運用掲示板で不快な思いをされたということについては申し訳ないです。
ルールは書いてあるので、それに反するものがありましたら(特定の個人の批判等)、私書でお知らせ頂ければ、削除いたします。
私側から監視するというのはリソース上大幅な制約があることなので、基本的にはお知らせベースで対応していくことで、サイトの状況の監視・対応構造はできています。
なので、考え方としては、どうしたら、そういう報告を適切にだしやすくすることができるか、ということですね。
ルールも含めて、改善すべきところがないか、あとで検討しておきます。

> それと声優や製作者等が嫌いだから不評を付けていいのか悪いのか
作品というより、それに関わる人について述べている時に、現在削除基準として規定していることは、それが「作品の制作能力と関係することかどうか」ということです。
その点を軸に、ケースbyケースになるのではないでしょうか。
例えば、「...氏が嫌いだから最悪」というのは、それだけだったら駄目でしょう。
ただ、結局...が嫌い、というのは、実際のところ理由ではなく結果で、何で嫌いなのかというのが説明としてあるのなら(=理由+結果)、全体の文意・書き方次第ですが、削除対象にはならないでしょう(それが良い表現なのかどうかというのは別としまして)。
スマブラ好き さんのコメント (2006/10/05) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
管理人さん、こんにちは。
講談室だけでなく運用掲示板のチェックの方もお願いします。

特に「評価」や「批判」について話し合っている所。
私は別に批判について話し合うのはかまわないと思っていますが批判をしてしまった論客の批判というのは良くないと思います。
批判を批判で返しているようなものです。
それで私は1ヶ月休みをとったくらいです、今でも心に深い傷が残っており、活動も控えめになりました。

管理人さんはお忙しいので今すぐでなくても良いですからチェックの方お願いします。
今のままでは不評を書くこと自体に嫌な気を使ってしまいます。

それと声優や製作者等が嫌いだから不評を付けていいのか悪いのかは今すぐでなくても良いのではっきりとしておいてほしいです。
のちのちトラブルになりかねませんから。
たらこ さんのコメント (2006/10/04) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
わざわざご連絡下さらなくても、大丈夫です。
了解しました(偉そう・・・・(笑))。

何か近日の様子をみていると、うっすらとですが、しょうがない感じがしてきました。
別にその内容に入り込もうとも思いませんので。

こちらは懇談室の楽しみ方がわかってきたので、感謝してます。(←すみません、ちと大げさです。)
来春まで少し忙しいので(季節労働者?)、またしばらくぼちぼちの参加になりますが。
時間ができたら、洋画部門の充実をはかりたいと思っています。
(ただ未だに作品登録の仕方を知らなかったりする)

お仕事がんばって下さい。


[他の記事も読む]
<=次の記事 懇談室のリストページのレイアウト(表示項目)修正
=>前の記事 最速一括検索::「日」「英」ボタンの追加+α


大分類が「作品DB開発/運用」の記事
この論客の記事全て
↑上へ