私書箱機能を作ってみました

総閲覧回数:3,982,784回 / ブログ拍手:2,596
作品DB等各サービスの機能追加情報や、技術系・面白系記事を中心に提供。
記事の投稿は基本Twitterでも告知させて頂いています。
連絡は作品DBの論客の方なら私書、DB外ユーザの方ならメールTwitterで可能です。
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書(メール)
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報/
DB構築()
ブログ
[書く]
攻略記事リンク集
My Play List
<=次の記事 私書箱機能追加: 削除
=>前の記事 1日程度時間かかるかと思いますが私書箱作ります

1.
2006/01/02 作品DB開発/運用 > 私書箱機能を作ってみました」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]

皆様、あけましておめでとうございます。
初日の出

前の日記で、作ると書いた、私書箱機能作成に、意外と時間がかかってしまって、挨拶が遅れました。

[説明]
受信: 自分が今までに受けたメッセージを見れます
送信: メッセージの送信ができます
送信済: 自分が送信したメッセージを見ることが出来ます

自分で自分に送ることもできるので、とりあえずは、自分で自分に送ってみると、使い方が分かるかもしれません。
宛先に、他の論客の名前を指定すれば、送ることができます。
受信したメッセージと、送信したメッセージは、ログイン状態の時に、見ることができます。
ログイン状態になるには、トップページからログインすることで、行うことができます。
逆に、パスワードを忘れる、を押すと、ログアウトすることができます。
掲示板等の他の機能と違い、二人の間でしか見えないので、そういう用途の方が適切な場合に、ご使用下さい。

[思いつく使用用途]
・公然ではやらない方が良いやりとり
・二人の間だけでやった方が良いプライベートな情報を含むやりとり
・ああしたらいいのではないでしょうか?こうしたらいいのではないでしょうか?といったやりとり
・メールでやるようなやりとりで(メール受付を設定してなくても使える)

などなど。
なお、やりとりは、階位を持っている論客の間でのみすることができます。

あと、メニュータグが多くなってしまったということもありますが、これを機会に「総合」をなくしました。
見たい項目は、タブをクリックして、それぞれ見て下さい。

それでは、今年も宜しくお願い致します。

コメントする


[他の記事も読む]
<=次の記事 私書箱機能追加: 削除
=>前の記事 1日程度時間かかるかと思いますが私書箱作ります


大分類が「作品DB開発/運用」の記事
この論客の記事全て
↑上へ