音声機能をPodcast放送に対応させました + マニュアルver0.1

総閲覧回数:3,976,870回 / ブログ拍手:2,585
作品DB等各サービスの機能追加情報や、技術系・面白系記事を中心に提供。
記事の投稿は基本Twitterでも告知させて頂いています。
連絡は作品DBの論客の方なら私書、DB外ユーザの方ならメールTwitterで可能です。
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書(メール)
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報/
DB構築()
ブログ
[書く]
攻略記事リンク集
My Play List
<=次の記事 ニュース等機能拡張
=>前の記事 Google::AOLとの提携競争、最後にGoogleがMSNを逆転

1.
2005/12/11 作品DB開発/運用 > 音声機能をPodcast放送に対応させました + マニュアルver0.1」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:1個

1. 文章目的
2. Podcastとは?
3. 技術的にはどのように実現するの?
4. その為に今回加えた変更
5. 提供の仕方の一例
6. 注意点
7. Accessup.orgで公開するメリット
8. 現在の制限
9. 特殊な書式
10. http://www.voiceblog.jp/でのアカウントの作り方

1. 文章目的

ここでは、 http://www.voiceblog.jp/ のような外部サービスを活用して、Accessup.ORG上で、音声配信をする方法を紹介させて頂きます。
2. Podcastとは?

楽曲や音声をホームページにあげたら、それに興味を持っている人がすぐにそれを知ることが出来て、その情報を取り込むことができる仕組み。個人発のラジオ番組とも呼ばれることもあります。但し、更新があったら、それだけを通知する仕組みを伴っているので、単なる音声発信とは異なります。
3. 技術的にはどのように実現するの?

このホームページにあるRSS情報のところに指定の形式で表示することで、更新通知を受け取る仕組みを実現できます。
単にソフトが、そこに更新された情報があるか見に行くだけなのですが、世界共通の書き方で書かれている為、共通の解釈と処理が可能になるというわけです(HTMLだと書き方が色々あるのでそういうことができなかった)。
あとは、そこのページを適切なタイミングで見に行くようにソフトウェアを設定することで、実現できます。
更新通知を受け取る為にはBloglines
http://www.bloglines.com/?Lang=japanese
に代表されるRSSリーダーが使われますが、楽曲や音声のPodcast受け取りといえば、やはり今はやりのItunes (アップルの携帯音楽プレイヤーのIpodに取り込むためのソフトウェア)
http://www.apple.com/jp/itunes/download/
が挙げられるでしょう。
Itunesの上の「詳細設定」のところに「Podcastを登録」(RSSのURLを入力できるところ)があります。
4. その為に今回加えた変更

1. .mp3で終わるファイルがあったら<enclosure url="..." type="audio/mpeg" />
で自動的に認識してRSSに表示するようにした。
2. 分類を選ぶと、その内容に応じてRSSの内容も、分類絞りができるようにした
例えば、一番多く楽曲を配信して頂いているBarnirunさんの例
http://www.accessup.org/pj/Barnirun/6.rdf
5. 提供の仕方の一例

自分では作れなくても、他人のものの紹介という形で作ることもできます。
例えば、僕の友達のPodcast放送
ゆきえ&マークのPodWalker■秋葉原回遊珍問答
http://db1.voiceblog.jp/data/podwalker/1129434545.mp3

解説■青山大好きOLのゆきえと秋葉原オタクのマークが繰り広げる珍問答!噛み合わない会話なのに楽しそうな二人はいったい???

起点地点■秋葉原中央通高架下交差点
中継地点■オタクスポットいろいろ
終点地点■UFJ銀行
所要時間■25分
なかなか笑える。
兄さん、セクハラです、というシーンも素で入っていますが。

こういう形で書くだけで、RSSはPodcast放送の形で出力されます。
気に入ったものを集めていって、Podcastとしてカテゴリーに入れていけば、後でitunesにPodcastとしてお気に入り楽曲を取り込み+最新にアップデートし続けることができます(ちなみにカテゴリー名は単に例)。
6. 注意点

1. mp3で放送というのは、ネットワーク帯域の負荷が高いので、どこのホームページからも公開できるというものではありません。
特に外部のサイトからの呼び出しというのは、制限されます。
例えば、画像や音楽ファイルは、geocitiesは、外部から読み出せないように宣言をかけています。
そういう制限のないところは限られていますが、Podcastの流行で出てきたものの一つの大きなサービスが
http://www.voiceblog.jp/
です。
ちなみに、
http://ask.jp/blog.asp?qsrc=106&hq=P
を見ていると、色々なところから投稿されるPodcastの新着を見つけることができます。
音楽を作れる方は限られるので、話によるボイスブログがやはり多いですが。
7. Accessup.orgで公開するメリット

公開といっても、外部呼出しを使ったものになりますが、
・複数のサービスのところにおいたものも、まとめてPodcast放送として公開できる。その為、自分のお気に入りのpodcastを集めて、紹介するPodcastチャンネルも作れる。
・Podcast放送の分類と、そうでない普通の分類を分けることができる。
8. 現在の制限

・ダウンロードされた回数は記録していない。但し、これは本元の方にその機能がある場合がほとんどだと思うので、そちらを使って下さい。ここは、あくまで、まとめ+宣伝のチャンネルとして使えるということで。
9. 特殊な書式

Ipodに取り込む時には、何も手を加えなければ、記事のタイトルがmp3に曲名のように結び付けられて入ります。
その為1記事につき1URLが基本ですが、複数のmp3を一つの記事の中で書かれた場合には、内容がmp3ごとに分割されるようにしました。
その場合には、...mp3と書いたURLの上の行がタイトルとして入ります。
Podcast放送を気にかけて公開される場合には、Podcast用の分類に移動して、RSSを見てみて、そのタイトルが考えていたものになっているかどうか確認してみると良いでしょう。

↓が、1つの記事で、複数のmp3へのリンクを書いた場合に、使うと良い書き方の例です。

カズがオーストラリアから帰国する前の声
http://osusume.castella.jp/alo/r007.mp3

10. http://www.voiceblog.jp/でのアカウントの作り方

1. トップページで「始め方」を押す


2. 「ログインIDを作る」を押す


3. 必要な情報を入れる


4. 登録が終わると、登録したメールアドレスに認証のメールがまず来ます。認証のURLにアクセスします。

5. 次に、どのように利用するかを知らせるメールが来ます。こちらにはかけるべき電話番号等の情報が載っています。

6. 電話をかけて音声ファイルを記録する方法もありますが、直接PCから音声ファイルをアップロードする方法もあります。取得したアカウントでログインします。


7. ログインした画面の一番左上にファイルをアップロードする画面があります
また、一番左下のあなたのボイスブログから、voiceblog.jp上のブログ画面に行けます。


8. あなたのボイスブログ画面の一番左下のPodcastを押せば、登録したMP3ファイルのURLが見やすいです。
管理画面で各ファイルの詳細からも見ることはできますが。


コメントする1個


[他の記事も読む]
<=次の記事 ニュース等機能拡張
=>前の記事 Google::AOLとの提携競争、最後にGoogleがMSNを逆転


大分類が「作品DB開発/運用」の記事
この論客の記事全て
↑上へ