AOLとの提携競争、最後にGoogleがMSNを逆転

総閲覧回数:4,201,088回 / ブログ拍手:2,793
作品DB等各サービスの機能追加情報や、技術系・面白系記事を中心に提供。
記事の投稿は基本Twitterでも告知させて頂いています。
連絡は作品DBの論客の方なら私書、DB外ユーザの方ならメールTwitterで可能です。
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書(メール)
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報/
DB構築()
ブログ
[書く]
攻略記事リンク集
My Play List
<=次の記事 音声機能をPodcast放送に対応させました + マニュアルver0.1
=>前の記事 Google::Googlebot(Googleのクローラー)の過剰クロールとその解決までの道のり

1.
2005/12/10 検索エンジン&SEO > Google > AOLとの提携競争、最後にGoogleがMSNを逆転」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]

2005/12/17

2005/12/10(↓枠内参照)に書いていた状況と異なり、GoogleがAOLの株式の5%(1000億円以上)を買い、広告についても独占的な契約交渉に入ったとの事。
それだけの価値がAOLにあるということでしょうが、MSNが大きく浮上する可能性のあった、イベントが消えました。
Googleは高い買い物(もしくはそうさせるようにAOLが動いていただけかも)をすることにはなりましたが、競争相手が伸びる可能性を潰し、足場を守ったという意味では、良い買い物をしたといえるでしょう。

2005/12/10の旧記事

AOLがGoogleとの契約を切り、MSNと契約することを選びそうだというレポート。

http://today.reuters.com/news/NewsArticle.aspx?type=internetNews&storyID=2005-12-06T140110Z_01_KRA635650_RTRUKOC_0_US-MEDIA-AMERICAONLINE.xml
Under their current agreement, Google derived about 11 percent of its first-half revenue from AOL, which also generates substantial revenue from the contract.

とのことだから、2005年の上四半期において、GoogleはAOLからの収入が11%を占めていたとのこと。
AOLの契約相手の変更は、米国におけるGoogleの市場シェアの減少、MSNの上昇という形で、大きく現れることでしょう。
ビジネスとしての面を中心に契約相手を変えたということは、一つには、今となっては、Googleだけが検索が良いわけではなく、MSNもYahoo!もAskも、あまり変わらない検索結果を返せるようになっているということを、示しているともいえます。
Googleも必ずしも、未来永劫安泰ではない、ということの示唆かもしれません。
まあ、常なるものというのは、なかなか歴史においては、存在しないものですからね。


コメントする


[他の記事も読む]
<=次の記事 音声機能をPodcast放送に対応させました + マニュアルver0.1
=>前の記事 Google::Googlebot(Googleのクローラー)の過剰クロールとその解決までの道のり


大分類が「検索エンジン&SEO」の記事
この論客の記事全て
↑上へ