ポイントの変化

総閲覧回数:3,976,870回 / ブログ拍手:2,585
作品DB等各サービスの機能追加情報や、技術系・面白系記事を中心に提供。
記事の投稿は基本Twitterでも告知させて頂いています。
連絡は作品DBの論客の方なら私書、DB外ユーザの方ならメールTwitterで可能です。
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書(メール)
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報/
DB構築()
ブログ
[書く]
攻略記事リンク集
My Play List
<=次の記事 Google::Googlebot(Googleのクローラー)の過剰クロールとその解決までの道のり
=>前の記事 音声機能の紹介

1.
2005/12/08 作品DB開発/運用 > ポイントの変化」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]

1. 論客ポイント
2. ipod
3. サッカー

    1. 論客ポイント

閲覧数と同じく日々の推移を見れるようにしました。
    2. ipod

仕事の為に買ってみた。
・CDのようなケースに全部入っている!小さい!(高いけど...)
・説明書がない!基本的な操作方法を理解するのに時間がかかったけど(PCに詳しくない他の人はもっと苦労するのでは?)、その簡易志向精神に感動
・操作方法は、アナログの電話と同じクルクル回しですかい!
と、色々な意味で、新鮮な驚きを、久々に製品で味わった。
凄いですね、アップル。
昨日、日記の方に、音声機能へのちょっとした対応を加えましたが、podcastについて知見を高めるのに使っていく予定です。
    3. サッカー

入れ替え戦に絡んで、どこも試合後のインタビュー載っていないなぁ、と新聞系サイトをみていたりしているうちに、
http://www.jsgoal.jp/
を発見。
おお、インタビューが、これでもかという位、凄く充実している!
ということで、最速一括検索のメニューの方にも加えてみました。
http://www.accessup.org/find/

コメントする


管理人さん さんのコメント (2005/12/10) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
> altemaさん、無線機さん
コメントありがとうございます。
自分はある意味、プログラムを通じて物を作り、提供するという形で活動する作り手なのですが、
やはり物を作って提供する時の動機としては、
利用して頂く方の反応があるからというものが一番大きいので、
お言葉とかを頂けると、励ましになって嬉しいです。

みなさんも、寒くなってきましたが、色々なイベントがある年末なので、お体にはお互い気をつけてくらしていきましょう。
これからも宜しくお願い致します。

ちなみに、正常に動作すれば、このコメントがコメントリスト作成の初機能披露になる筈(ドキドキ)。
自分で自分の日記にコメントをした時には、通常、最新コメントリストにはあがりませんが、他の方のコメントがその日記に付けられている場合には、更新リストに上がります。
一昔の日記にコメントを付けても/返しても気づいて頂けない、というジレンマ問題の解決の一助になるかなと考えて、機能を追加してみました。
トップページには10個までリストされます。
まあ、機能の詳細は、別途、後で記事の方で書かせて頂きます。
無線機 さんのコメント (2005/12/09) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
初めまして。(でいいのかな?) とにかく初めて書かせていただきます。
この間は書き込みありがとうございました。 今度は私が書き込ませていただきます。
しろいろな新機能を追加してしてくださり、ありがとうございます。
特に各分野の売上売上ランキングはとても嬉しく思っています。
コミック売上ランキングとかを探そうとしてたころがありました。
たまに見つけてもトップ10だけというパターンばかりであきらめていました。
トップ10だとメジャーなマンガ、ジャンプ系がほとんど占めていて
見つけても全然嬉しくなかったので。
そして、外部からの訪問経路表示機能。
こちらも、毎日今日はどんな人がこのページをと楽しみにしています。
本当に感謝しています。(このサイトをつくってくださったことも含めて。)
altema さんのコメント (2005/12/08) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
いつもご苦労様です。

結構追加機能が多くなってきていますね。それは良いのですが、
最近は結構寒くなってきているので、お体に気をつけてくださいね。


[他の記事も読む]
<=次の記事 Google::Googlebot(Googleのクローラー)の過剰クロールとその解決までの道のり
=>前の記事 音声機能の紹介


大分類が「作品DB開発/運用」の記事
この論客の記事全て
↑上へ