トラックバック送信機能 + 外部からの訪問経路表示機能 + α

[ガラケー版(QRコード)] 総閲覧回数:3,950,745回 / ブログ拍手:2,572
作品DB等各サービスの機能追加情報や、技術系・面白系記事を中心に提供。
記事の投稿は基本Twitterでも告知させて頂いています。
連絡は作品DBの論客の方なら私書、DB外ユーザの方ならメールTwitterで可能です。
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書(メール)
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報/
DB構築()
ブログ
[書く]
攻略記事リンク集
My Play List
<=次の記事 分布グラフ機能
=>前の記事 ニュースにソース元情報追加 + α

1.
2005/11/26 作品DB開発/運用 > トラックバック送信機能 + 外部からの訪問経路表示機能 + α」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]

1. 外部からの訪問経路表示機能
2. トラックバック送信機能
3. トラックバックとは?
4. 注意
5. トラックバックの投げ方例
6. トラックバックの送り先となるURLの見つけ方
7. よしなし事

1. 外部からの訪問経路表示機能

日記・プロフィールページへのアクセスは、大概の場合は、AccessUp.ORGの内部から発生するでしょうが、そうでない場合もあります。
そこで、AccessUp.ORGの外部からのアクセスを、その数とURLを一緒に表示するようにしてみました。
基本的には、外部のサイトからリンクが張られていると、この情報を得ることができます。
そもそもなかった場合には表示されません.
アクセスがあった場合には、一番上の8日間のアクセス数表示の下に、
Accessup.ORG外部からのアクセス記録 [昨日 / 過去8日間]
として表示されます。
他の人がどういう興味を持って、ご自分のページに訪問されているのか見てみると、何か面白い発見があるかもしれません。
検索エンジンでの検索からの訪問の場合が多いでしょうが、その場合には、自分の日記がどのようなキーワードで検索されて、ひっかかっているのかが分かります。
なお、この情報も、深夜の定時更新の時に更新されます。
2. トラックバック送信機能

自分の書いた記事からトラックバックを他のブログに送る機能を付けてみました。
3. トラックバックとは?

トラックバックとは、あるブログの記事に関する記事を書いたり、リンクを張ったりした時に、自分のブログの方でそういうことを書きましたよ、と知らせる機能です。
所謂ブログには、トラックバックURLというものがあり、それに対して、URL, ブログタイトル、記事タイトル、記事の一部を送ることで、相手先のブログに、その情報を掲載させることができます。
4. 注意

トラックバックは、自分の記事の宣伝に使うこともできますが、内容に関係ないところとかに送るのは、スパムとみなされるので、止めましょう。ブログ界では、スパムトラックバックは、常に一つの大きな問題になっています。
5. トラックバックの投げ方例

実験用に、Gooにブログを作ってみました。
http://blog.goo.ne.jp/hikarine3/

他実験用
http://hikarine.blog117.fc2.com/blog-entry-1.html
http://hikarine.blog117.fc2.com/blog-entry-2.html
http://blog.livedoor.jp/hikarine/archives/51132210.html
http://hikarine.blog117.fc2.com/blog-entry-3.html

http://blog.goo.ne.jp/hikarine3/e/502b3ab3b2096197b8af9282b20ca938
の記事にトラックバックを投げるには、まずこの記事に関係する日記をaccessup.org上で書きます。

それから、書いた対象のブログ記事のページに戻ってきて、トラックバックを送るURLを探します。
Gooの場合には、記事の下にある「trackback」をクリックします。

そうすると、そこにTrackback Ping URLとして、
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface.php/502b3ab3b2096197b8af9282b20ca938/39
が出てくるので、それを見つけて、それをコピーします。

そして、自分の日記(accessup.org)のところに戻ってきて、
自分の書いた記事の「トラックバック送信」をクリックします。
そこに上記トラックバックURL
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface.php/502b3ab3b2096197b8af9282b20ca938/39
をコピーして、送信ボタンを押します。

成功したら、記事のページを見て、トラックバックが張られていることを確認します。
(記事の一部とリンクが張られている状態になります)

僕が作ったテストページなので、テストはご自由に(ここに関して記事を書かなくてもシステム上は送れるようです)。
6. トラックバックの送り先となるURLの見つけ方

http://www.accessup.org/find/
の「Blog/クチコミ」検索で、自分の書いた または これから書く記事の主題で検索してみるのがいいでしょう。
7. よしなし事

本当は、ここには、例として、スマイリーセントラルブログへの、初日本語トラックバック
http://blog.ask.jp/smiley/
として出したかったんだけど、日本語が化けてしまったので、そちらは止めました。
残念!
トラックバックはできているけど、日本語が化けてしまっているんですよね。

英語で受けるのには成功しているようだから、日本語を受ける設定に、スマイリー側のブログがきちんとされていないのかな?後で問い合わせしておこう。

クリスマススマイリーの追加記事
http://blog.ask.jp/smiley/archives/2005/11/1124.html
を元々は紹介するつもりでした。
トナカイクリスマスツリーサンタクロースクリスマスオーナメント

あと、女の子に人気のマリーちゃんも近頃追加されたようです。
くしゃみ(マリー)

ただ、
・「スーパースマイリー」カテゴリに「祝日」スマイリーを明日(25日)追加!

・「祝日」カテゴリに「クリスマス1」スマイリーを明日(25日)追加!
と書いてありますが、私のPC上のスマイリーリストでは、まだ確認できていません。
「クリスマス」で検索すれば出すことはできますが、カテゴリーの追加は忘れているのかな?

あと、最近気づいたことですが、希望するスマイリーの見つけ方としては、検索ボックスが、意外と役に立ちます。
日本語で検索しているのに、日本語以外のスマイリーも見つけてしまう親切さは、ちょっと余計だけど。

コメントする


[他の記事も読む]
<=次の記事 分布グラフ機能
=>前の記事 ニュースにソース元情報追加 + α


大分類が「作品DB開発/運用」の記事
この論客の記事全て
↑上へ