Yahoo! v.s Google その結果は意外にも大差がついてYahoo!の勝ち

[ガラケー版(QRコード)] 総閲覧回数:3,949,346回 / ブログ拍手:2,572
作品DB等各サービスの機能追加情報や、技術系・面白系記事を中心に提供。
記事の投稿は基本Twitterでも告知させて頂いています。
連絡は作品DBの論客の方なら私書、DB外ユーザの方ならメールTwitterで可能です。
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書(メール)
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報/
DB構築()
ブログ
[書く]
攻略記事リンク集
My Play List
<=次の記事 検索比較::Yahoo! v.s Google 更新性勝負
=>前の記事 機能追加: 情報DBランク付け + ニュース / + α

1.
2005/11/20 検索エンジン&SEO > 検索比較 > Yahoo! v.s Google その結果は意外にも大差がついてYahoo!の勝ち」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]

1. きっかけ
2. 比較する時に注意したこと
3. 基準
4. 点数
5. サンプル質問15
6. 結果
7. 結論

    1. きっかけ

サーチエンジン利用者数遷移グラフを見ると、凄い事になっている。
http://www.accessup.org/kensaku/#graph

Yahoo!が昇竜のように上り、それに対しGoogleは奈落の底に落っこちて行っている。
まあ、Googleは過去の履歴を見れば分かる通り、検索結果が安定していない検索エンジンなので(頂と底を行き来している)、もうこういうことが起きても驚くこともない。
ただ、近頃は、Yahoo!の方がGoogleよりインデックス数が大きくなったと主張したり、Googleがそれを受け、インデックス数は競争力を意味しないからと言って、インデックス数を表示しないようになったり、それぞれの検索エンジンの能力の関係が微妙になってきた。

ここで、久々に、双方を、きちんと比較してみて、優劣を付けてみようと思う。
    2. 比較する時に注意したこと

・ヒット数はある程度の数以上は、推計で出されている為、虚飾の可能性も十分にあるので、下一桁まできちんと見えるまでは、比較条件としては採用しない。ってか、余程ヒット数が少ない場合でなければ、あまり価値はない。
・「フレーズ検索」をしているから結果がでないのと、「バラバラ検索」をしているから結果が出るというのは、同一条件ではないので、採用しない
・英語の検索結果を混ぜて返してくる時もあるが、その時には英語の結果を省いて考える
    3. 基準

1. 関連性
2. 網羅性
3. 新しさ
    4. 点数

1. 良い
0. 微妙
-1. 不満
    5. サンプル質問15

Inline.pm C++ 速度
栗田創
絶吐会
BER圧縮 転置ファイル
hatena 求人 mod_perl
パフォーマーまろ
坂井泉 写真 jpg
ディズニーシー パレード 炎
デアリヒター 攻略法
悪マニ
ルナマリア様
Cマガジン
北上 鬼剣舞
ウゴウゴルーガ
風雲たけし城 最終回
    6. 結果

項目Yahoo!GoogleY!コメントGコメント
Inline.pm C++ 速度-1-1Inlineとpm分かれているのひっかけても意味なし1位のやつ無意味
栗田創00僕のページは5位か...外部からのリンクが勝つのは×僕のページは4位か...外部からのリンクが勝つのは×
絶吐会1-11位ドンピシャ!おめでとう!結果にないような気が...?どうした、Ggl!?
BER圧縮 転置ファイル11僕がここが間違えているよと出した修正のことが記事にこっちもまあまあ
hatena 求人 mod_perl012位にベスト結果を出せたけどGglとの相対比較で01位どんぴしゃ
パフォーマーまろ1-1移転しましたのページだけどどんぴしゃ違うとこだし、そもそも中身なし
坂井泉 写真 jpg-1-1ゴミばかり。アイドル系のスパムに侵食されている←に同様
ディズニーシー パレード 炎1-1きちんとイベントを出せましたDocomoのページを出しても点はあげれません
デアリヒター 攻略法01GooのQ&A出されてもなぁ...良く出来たページが出てきました。
悪マニ1-1普通に出せました検索結果を恣意的に弄っているので出ません。
ルナマリア様11O.KO.K
Cマガジン11O.KO.K
北上 鬼剣舞10公式出ました公式には劣る
ウゴウゴルーガ10公式出ました公式には劣る
風雲たけし城 最終回-1-1「最終」更新日と1「回」で引っ掛けないで下さい(x_x)メNot Found
合計6-2妥当な結果をコンスタントに返し続けてくれました。勝手に分けてしまう日本語処理の下手さはあるけど、それも一長一短とも言えるしな。意外な程ランダムな結果だったといったところでしょうか。まあ、過去の履歴を見ても、検索結果の不安定さは伺い知れるので、良い結果と悪い結果が混在するエンジンになってきているのかも。

    7. 結論

15個の質問で、8点差と、明らかに大差をつけて、Yahoo!の検索結果の方がGoogleより良い結果を出しました。
ここでは評価要素に入れませんでしたが、Yahoo!は、検索結果に混ぜれる外部リソースも豊富なので、ポテンシャルとしては、Googleよりも高いものがあるでしょう。
検索結果の向上にはそれぞれ突き詰めたところで限界が来るけれども、外部からひっぱってこれるリソースが更に追加であるというのが、Yahoo!の強み。
Googleは、意外と、検索結果が普通ではなく、クセのあるエンジンになっていました。
これは、Yahoo!の検索結果が、ここまで向上してきたから、見えることなのですが。

ということで...
GoogleがYahoo!の検索結果を明確に上回れていない以上、日本では、Googleの伸びには限界があるのかもしれません。
世界では圧倒的にGoogleが市場シェアとして差を付けていますが、日本ではシェアはYahoo!の方がありますし、その上、気づけば日本では、性能としても、後発のYahoo!に、追いつき、追い越されかねないような状況のようなので。
少なくとも、世界のように、Yahoo!を上回ったり、圧倒できる状況には、まだないようです。

まあ、関連性の評価には入りませんでしたが、Googleのキャッシュのカバー率の高さは、個人的に好きではあるんですけどね。Yahoo!はキャッシュってリンクがあるのに、コンテンツがない確率が高すぎて、実質使えないかんじが...その点、Googleはほとんどのリンク先にちゃんとデータを格納してあるので。2chみたいな長いページがひっかかかって来た時には、該当部を探す為に、キャッシュの強調機能が便利なんですよね。
↑2007年現在で確認したところ、Yahoo!もほぼ全てでキャッシュが出るようになっていて、Googleが優位な点ではなくなりました

それにしても、いつのまに、Yahoo Japan、ここまで良くなっているとは...
素直にちょっと驚きました。

コメントする


[他の記事も読む]
<=次の記事 検索比較::Yahoo! v.s Google 更新性勝負
=>前の記事 機能追加: 情報DBランク付け + ニュース / + α


大分類が「検索エンジン&SEO」の記事
この論客の記事全て
↑上へ