使い方

[ガラケー版(QRコード)] 総閲覧回数:3,790,022回 / ブログ拍手:2,473
作品DB等各サービスの機能追加情報や、技術系・面白系記事を中心に提供。
記事の投稿は基本Twitterでも告知させて頂いています。
連絡は作品DBの論客の方なら私書、DB外ユーザの方ならメールTwitterで可能です。
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書(メール)
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報/
DB構築()
ブログ
[書く]
攻略記事リンク集
My Play List
<=次の記事 検索比較::検索エンジンの実力関係の変化 - ヒット数比較 -
=>前の記事 機能追加: 来客者の最近のコメント & 感想投稿回数ランキング

1.
2005/08/28 Linux > rsync > 使い方」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]

rsyncはリモートサーバーとローカルサーバーの内容を同期させる、バックアップ用途に使えるコマンド。

# ここは例/自分の状況に合わせる
USER=user1
REMOTEHOST=www.accessup.org
REMOTEDIR=/var/www/html
LOCALDIR=/var/www/
#########
# REMOTEHOST:$REMOTEDIRの中身を手元のサーバーに同じパスで同期する
# この例だとhtmlディレクトリを/var/www/ディレクトリに入れるという形
rsync --delete -ave ssh $USER@$REMOTEHOST:$REMOTEDIR $LOCALDIR

オプションの意味
aアーカイブモード。-rlptgoDのオプション指定と同じ意味
eコマンドの実行。上の例の場合にはsshを付けることでsshで実行している。
g保持グループの維持
lシンボリックリンクの維持
o所有者維持
p権限維持
rディレクトリ下を再帰的に同期
t変更時間の維持
Ddeviceいファイルの維持
v進行中に表示される項目の増加
--delete存在しないファイルを同期して削除


コメントする


[他の記事も読む]
<=次の記事 検索比較::検索エンジンの実力関係の変化 - ヒット数比較 -
=>前の記事 機能追加: 来客者の最近のコメント & 感想投稿回数ランキング


大分類が「Linux」の記事
この論客の記事全て
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声