機能追加:英語版 x1 + 日本語版 x4

総閲覧回数:3,976,870回 / ブログ拍手:2,585
作品DB等各サービスの機能追加情報や、技術系・面白系記事を中心に提供。
記事の投稿は基本Twitterでも告知させて頂いています。
連絡は作品DBの論客の方なら私書、DB外ユーザの方ならメールTwitterで可能です。
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書(メール)
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報/
DB構築()
ブログ
[書く]
攻略記事リンク集
My Play List
<=次の記事 書き物でデフォルト表示する数を10から5に変更しました
=>前の記事 小さな機能追加 & スマイリー & 今頃気づいたこと

1.
2005/08/07 作品DB開発/運用 > 機能追加:英語版 x1 + 日本語版 x4」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]

1. 英語版への機能追加
2. 日本語版への機能追加

1. 英語版への機能追加

DBの運営としては、少々後悔していることがあります。
それは、あまりにも日本語版ばかりやっていて、長い間、英語版をほったらかしにしていたこと...
英語版は、もしかしたら、昔の方が活発だったかもしれない。
日本語版には、ある程度実装したい機能を実装したので、英語版の方に、少々使用する時間を移してみることにしてみました。

英語版の難しいところは、英語の正式なタイトルを得ることがまずあります。
所詮は訳なので、色々候補もありうるし、ない場合もあります。
なので、英語圏のユーザーさんにとっては、「作品の把握」をする為には、文字としてのタイトルだけでなく、画像もかなり大切な要素だったりします。
その情報を得る為、商品検索の機能を活用して、画像を引っこ抜いて出してみました。
英語のタイトルで、amazonで商品検索しても、それは「当たるも八卦、外れるも八卦」なのですが、日本語の方の機能を活用すれば、精度の高い情報が用意されていますので、ある程度の精度で、適切な画像を探し出すことができます。
しかも、amazonなら、著作権の問題もないし、こちらのサーバーに負荷もかからないし...一石三鳥。
で、新しい英語版のトップページはこんな感じになりました。
http://www.accessup.org/anime/e_index.html
意外といい感じがします。
一つ機能を追加しただけですが、これは我ながら、随分変わったサイトになったなぁ、という感じがします。
もちろん、自動で画像取得しているので、間違える可能性はありますが、英語圏ユーザーにとっては、全くわけが分からないよりかは、かなり分かりやすくなったんじゃないかな、と思います。
また、絵柄から興味を持って、見始める方も出てくるかなと思うので。

何か、英語版の方が、見ていて寂しいな、というところはあったとは思いますが、こう画像が表示されると、何か楽しいかんじがしますね。
英語圏の方は、タイトルだけ見ても何が何だか分からないとか、知らないという場合も多いので、これは意外と活かせるのではないかと思います。

ちなみに、日本語版には、この機能は導入はしない予定です(オプションでできるようにするのはありかもしれませんが)。
基本的には、英語版で、作品を把握するには、タイトルだけでは伝えがたいところがあるから、画像が必要だった、という、単に言語圏の違いによって、機能追加しただけなので。
2. 日本語版への機能追加

1. 日本語・英語のタイトルそれぞれに、[キーワード]を末尾に付けると、ページでは表示されないけど、検索の時にそのキーワードが追加されて検索されるようにしました。
Xとか、義経とか、固有の名詞ではなく、一般的な単語過ぎて、検索結果や商品紹介のところに適切な結果が出ない時に、絞込みをさせて、より適切な結果を表示させることができるようになります。
例としては、
X[CLAMP]
みたいな感じですね。
特に英語版では、通常のタイトルの部分の検索だけだと、余計なものが出やすく、難しいなぁ、と思ったので、そこらへんを細かく制御できるように、機能追加してみました。
キーワードは、タイトルの一部ではないので、読み仮名はつけないようにお願い致します。

2. 書き物のリストと、各日記の分類のところに、各分類記事目次(ホームページ型表示)へのリンクを張るようにしました。
書き物を押したら出てくる記事への目次のところの分類と、各記事のところの黄色の分類のところを見てみて下さい。
記事を分類されていない場合には、関係ないです。

3. 分類を押して進んだホームページ型表示の分類目次の方で、書いてある文章の数が分かるようにしました。

4. 作品情報の更新と同時に、トップページも更新するようにしました。
承認したら、承認待ちの数は即座に更新されるようになるので、タイミングずれが減ると思われます。

コメントする


管理人さん さんのコメント (2005/08/08) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
そういえば、確かに、誰も言ってはいないのに、
~サブタイトル~
なんて技を使われている方達もいますね。
それは、そこまで考えて編み出されているのかな?、と思っていたのですが、
やはり考えられているのですか。
なるほど。
色々な技もあるようなので、ちょっとまとめて時間が取れる時に、
頭を悩ましたり、K Satoさんに提示して頂いた考え方等々をまとめたドラフトを作ってみようかなと思います。
K Sato さんのコメント (2005/08/07) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
管理人さま

推測ですが、「タイトル [情報]」という方法は、
『「サブタイトル消去機能」 (...)と- ... -を消去して検索』の機能の回避手段として
考えた方法だったのではないでしょうか。

「タイトル -サブタイトル-」の場合は「サブタイトル消去機能」がかかりますが、
「タイトル ~サブタイトル~」の場合は回避できるのと同じ考え方です。

「三国志 (横山光輝版)」のように、作者名をいれた提案もふえていますので、
「X(エックス) [CLAMP]」でも、違和感はないと考えたのでしょう。

現在の設定は、

「タイトル (情報)」の形式の場合、「サブタイ消去」を「使う」がデフォルト「使わない」はオプション。
「タイトル [情報]」の形式の場合、「サブタイ消去」機能回避のため「使わない」+クローキング(非表示)という設定となる。

ですが、必要だった機能は、もしかしたら、「サブタイ消去」を「使わない」がデフォルト「使う」はオプション。
という設定だったのかもしれません。 (オプションの使用までは考えていなかったかもしれませんが。)

「タイトル (情報)」形式と「タイトル [情報]」形式をどう使い分けるかですが、
クローキング(非表示)した方が良い(あるいは、見せたくない)
サイト検索時に使用する付加データというのが思いつきません。

たしかに、使う人に納得できる説明を作るのは難しそうですね。
↑の説明もわかりにくいですし・・・
管理人さん さんのコメント (2005/08/07) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
差について考えてみたのですが、これのキーワードは、これと決めて、プログラムが外部に情報を自動的に取得しにいく機能(商品紹介部→派生して英語の画像表示部+英語のキーワード検索)の補正に、
[...]を使うことが役に立つようです。
自動の方は、(...)と-...-を強制削除して、検索をかけているので。

そちらに必要なければ、K Satoさんがおっしゃる通り、[...]は使わなくて良いようです。
(...)で、基本は事足りるということで。
(...)の方で、「キー(存在)」としての識別と、異表記検索への対応は、行うということで。

きちんと書かないと、結構使う人に納得できる説明を作るのは難しそうですね。
うむむむ。
K Sato さんのコメント (2005/08/07) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
管理人さま

見直してみましたが、[...]に、クローキング(非表示)がかかるため、
このように表示されているはずです。
(非表示部分は <nnnnnn>[...]</nnnnnn> で隠してあります。)

グラビテーション [村上真紀]
キャプテン [ちばあきお]
X(エックス) [CLAMP]

三国志 (園田光慶版)(漫画)
三国志 (横山光輝版)(漫画)
三国志 (原作: 寺島優 / 作画: 李志清 版)(漫画)

こういったデータを、このように直せば、

グラビテーション (村上真紀)
キャプテン (ちばあきお)
X (エックス / CLAMP)

三国志 (園田光慶)
三国志 (横山光輝)
三国志 (原作: 寺島優 / 作画: 李志清)

『「サブタイトル消去機能」 (...)と- ... -を消去して検索』の機能があるので、
「使う」「使わない」の選択で対応できたかもしれません。
[...]の場合、この機能が使えなくなるので、
作者名を隠す必要がないのなら、あまり意味の無い機能になるかもしれません。
(別の使い道が出てくるかもしれませんが。)
管理人さん さんのコメント (2005/08/07) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
ご指摘ありがとうございます。

K Satoさんに書いていた頂いた、タイトル付けの職人芸に影響をするところとは思いますが、
http://www.accessup.org/pj/7_K_20Sato/20040917.html
のうち、
1. キーワードで引っ掛けるための細工が、[...]で対応(戦隊物)、
2. 全く同じタイトルになってしまうのを避ける為に、(...)と書いて、ふりがなもつけていたのは、現状通り(モスラ)
という区分ではどうでしょうか?

[...]の機能を使うと、タイトルは全く同じになってしまうので、例え正しくても、見る人が一発で区別ができないので、そこは(...)対応のままということで。

ただ、確かに、2については、ご指摘頂いたとおり公式的なルールが書かれていないので、
(掲示板のスレッドの方に対応方法としてはあったような気がしますが)
新機能の追加に合わせて、整理する文章を書いた方がいいかな、とは確かに思います。
タイトルと分類が全く同じになってしまう場合、括弧を後ろにつけて区別するが、その時の優先項目は、
1. (作者)
2. (年)
3. (その他適宜判断)
とする、とかいった風に(いかがでしょうか?)
後で、文章の作成の方は、やっておく...か、手間を省いて、この日記にリンクを張っておこうかな、と思います。
K Sato さんのコメント (2005/08/07) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
管理人さま

現在、同カテゴリーに、同じ読みの作品ある場合(同タイトルの場合も含む)に、
タイトル重複と判定されて提案できない問題の回避方法として、非公式な方法ですが、

「モスラ(96年版)」「もすら」「Mothra(96)」
「モスラ(61年版)」「もすらろくじゅういちねんばん」「Mothra(61)」

「サイコ (1960)」 「さいこ1960」 「PSYCHO (1960)」
「サイコ (1998)」 「さいこ1998」 「PSYCHO (1998)」

「宇宙戦艦ヤマト (ひおあきら版)」「うちゅうせんかんやまとひおあきら」「Space Cruiser Yamato (Akira Hio)」
「宇宙戦艦ヤマト (松本零士版)」「うちゅうせんかんやまとまつもとれいじ」「Space Cruiser Yamato (Reiji Matsumoto)」

といった方法をつかっていましたが、

「モスラ [96]」「もすら96」「Mothra[96]」
「モスラ [61]」「もすら61」「Mothra[61]」

「サイコ [1960]」 「さいこ1960」 「PSYCHO [1960]」
「サイコ [1998]」 「さいこ1998」 「PSYCHO [1998]」

「宇宙戦艦ヤマト [ひおあきら]」「うちゅうせんかんやまとひおあきら」「Space Cruiser Yamato [Akira Hio]」
「宇宙戦艦ヤマト [松本零士]」「うちゅうせんかんやまとまつもとれいじ」「Space Cruiser Yamato [Reiji Matsumoto]」

こういった使い方も考えられますので、場合によっては読み仮名をつける必要があると思います。

急いで考えたので、再調査と、何箇所か調整が必要かもしれませんが、
年式の入れ方をどうするか。([1960][2005]にするか[60][05]にするかとか)
作家名の入れ方をどうするか。([Reiji Matsumoto]にするか[Matsumoto Reiji]にするかとか」)
こういった部分も考える必要があります。

あと、「作品追加/更新マニュアル」 の「タイトルを細工する」の項目の内容は、
今回の機能追加に対応していないデータとなりましたので、
できましたら、リンクをはずしていただけないでしょうか。


[他の記事も読む]
<=次の記事 書き物でデフォルト表示する数を10から5に変更しました
=>前の記事 小さな機能追加 & スマイリー & 今頃気づいたこと


大分類が「作品DB開発/運用」の記事
この論客の記事全て
↑上へ