些細な機能追加:性別色付け

総閲覧回数:3,963,545回 / ブログ拍手:2,585
作品DB等各サービスの機能追加情報や、技術系・面白系記事を中心に提供。
記事の投稿は基本Twitterでも告知させて頂いています。
連絡は作品DBの論客の方なら私書、DB外ユーザの方ならメールTwitterで可能です。
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書(メール)
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報/
DB構築()
ブログ
[書く]
攻略記事リンク集
My Play List
<=次の記事 編集機能 & 権限範囲拡大 & 色付け & 評価分布
=>前の記事 作品情報変更時に差分表示 & 文章チェック強化 & 日記記事の削除

1.
2005/07/29 作品DB開発/運用 > 些細な機能追加:性別色付け」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]

情報DBではすでにやっていましたが、論客さんの性別にも色づけしてみました。
女性はピンクで、男性は薄青、性別不明な方は白色で。
今のところ、作品評価の部分と、日記のリストのところと、最近閲覧された論客さんのところを色付けしています。

コメントする


Yam. さんのコメント (2005/07/30) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
私は結構楽観しています。まあ、私はどっちかというと大体は楽観しすぎて失敗するタイプですが。

BizTechかなんかで読んだだけですが、会社が不正をしていたら3/4近くの人が内部告発するといったアンケート結果がありました。数十年前には考えられないような結果だと思います。つい10数年前には考えられなかったボランティアの存在も、何かの災害があった後にはもはや日常になっています。そういった変化は真の豊かさからくるのだと思います。まあ、今のしらけた選挙とかもそれなりに変わっていくのかもしれないとも思います。

ジェンダーの問題も、少子化が進んでいく中で、嫌でも是正していかないといけないだけでしょう。でないと貧乏になっていくだけでしょう。もちろん、差別がまったくなくなるってことはないだろうし、今後も戦わなければいけない人は戦わないといけないんでしょう。

あきらかな情報操作に踊らされる人たちも少なくはありません。想像力に欠ける人もけっして少なくはありません。でも、それ以上に人々の成熟を感じます。豊だということは本当にすごいことなんだなあと思います。今後は少子化と外国人が増えてきた時に、今の均一だと多い混んでいる社会が続いていくのかってあたりが問題になってくるような気がします。ま、私が楽観的すぎるだけかもしれませんが。
管理人さん さんのコメント (2005/07/30) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
階位がない人と同じ色になるので、迷っていたのですが、性別不明な方は、思い切って白にしました。
リンクの有無で分かるとは思うので。
モニターによっては差は確かに、結構普通のリンク色と薄青が近く見えてしまうのは、うーん、と確かに自分も思っていたので。
でも他の方からの視点でも、そこに確信を持たせて頂けたおかげで、変更をできました。
どうもありがとうございました。
この変更は、「全て」の方には、毎朝の定時の更新で反映されます。

ジェンダー問題は、受け取る人により違いがあるので、難しいですよね。
ただ、区別と差別は全く別なものなので、その区別をしないまま、並列にレポートしてしまった、
総理府委託「男女共同参画の視点からの公的機関の広報ガイドラインに関する調査研究会」
のおかげで、自治体へと活動が広まって、ちょっと変なことになっちゃったな、とも思いますが。
そこでは、色による区別も挙げられていますが、そもそも、文化的な慣習でそのように使われている色は、男性と女性の代称でしかないし、
それなら男性・女性と区別して呼ぶこと自体問題になってしまいます(「人」と呼べということか)。
そうしたどっちが得というものでもない「区別」と、
社会進出とか給与とかの「差別」とは、性格が全く別なもので、
「差別」の方に鋭意取り組んで、成果を出して欲しかったなぁ、と思います。
みんなも、おかげで、呼称とかの「区別」の方に頑張って取り組んでしまって(看護士とか)、
給料とか地位とか仕事内容とか「差別」の方をスルーしてしまっているのが、何とも空疎な成果だったなぁ、という感じで。

これが、もっと大きな変化につながっていけばいいですけど、それには、まず、首相が女性になる必要があるかな。
何をするにも、まずは頭からということで。
自分が女性だったら、アジア圏より、やっぱり、アメリカとか、ヨーロッパ圏の方が、給与や地位で差別がなく、
また社会的にも活躍している分、いいなぁ、と思います。
ヒラリーも、ライスも、目立っていますしね。
とはいえ、自分は、それでも、日本から離れられない気がしますが(^^;)

ではでは、コメントどうもでした。
Yam. さんのコメント (2005/07/29) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
男性が薄青で女性がピンクというのは性的な役割分担を強要するもので……。嘘です。

男性が先とか女性が後ってのはどうかと子供の頃から思っていたのだけれど、混ぜちゃうのってめんどくさくないのかなとか思ったりもしています。いや、なんだってことじゃないんですが、男性の色、女性の色にこだわっちゃったりする人っていないんですかね。私は文化的に慣らされちゃって全然平気ですが。子供の頃ってピンクとか赤って絶対的に嫌だったのだけれど、今は携帯はなんとかレッドです。

若い時は性差なんてないんだと信じていた(信じたがっていただけなのかもしれない)のだけれど、昨今は本質的な差異ではないけれど人としては結構ぶれはあるかなあと思うようになりました。文化的な経験の積み重ねもあるんだろうけれど、性差もあったのかなあという感じです。近い分だけ逆に全体として見た場合には傾向がはっきりしているなあと。個人の差異もめちゃくちゃでかいとは思いますが。
DEE さんのコメント (2005/07/29) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
管理人さんこの機能地味にいいですね(笑)
今まで男だと思ってた人が実は女の人でした(名前は伏せますが)

しいて言うと性別を公開してない人の色と男の色が似ているんで何とかならないかな~と少し思いました、
もしお暇でしたら修正してくれると嬉しいです


[他の記事も読む]
<=次の記事 編集機能 & 権限範囲拡大 & 色付け & 評価分布
=>前の記事 作品情報変更時に差分表示 & 文章チェック強化 & 日記記事の削除


大分類が「作品DB開発/運用」の記事
この論客の記事全て
↑上へ