怪盗乱馬の日記/書き物

総閲覧回数:148,948回 / 推薦評価:811個(内 論客156人) / ブログ拍手:257
ブログ分類表
山日記中心に書いております。


 22日21日20日19日18日17日16日15日
閲覧1818 (+1)17 (-16)33 (+13)20 (+12)8 (-21)29 (+18)11

アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
情報
DB構築()
他己紹介
17/03/02
ブログ
[書く]
リンク集(無)
 作成日時分類記事タイトル
12019/04/18山日記(京都の山)..山日記⑥⑦(松尾山・嵐山:上桂駅~松尾山~嵐山~鳥ガ..
22019/03/10山日記(京都の山)..山日記⑥⑥(地蔵山:JR亀岡駅~神明峠~愛宕山登山口..
=>前の記事 山日記⑥⑤(天王山・ポンポン山:JR山崎駅~天王山~西山公演~釈迦岳~ポンポン山~神峰山口バス停)
 反応日時来客名来客者の最近のメッセージ
12018/10/26 非論客コメント
22018/10/26 非論客コメント
32018/10/26 非論客コメント
42017/07/19オルタフォースけものフレンズは、貴方にとっての運命のアニメと言っても過言で..
52017/04/23Barnirunおぉ、超地元だ……ようこそいらっしゃいました。能勢妙見山をお..
その他最近のコメント
1.
2019/04/18 「山日記⑥⑦(松尾山・嵐山:上桂駅~松尾山~嵐山~鳥ガ岳~阪急嵐山駅)」 分類: 山日記(京都の山)
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]
コメントする4個


京都府・松尾山/嵐山
ルート:上桂駅~松尾山~嵐山~鳥ガ岳~阪急嵐山駅

日付4月13日
天気晴天
登り2時間
下り1時間
休憩場所あり
トイレなし


観光地嵐山に行けばまず目に飛び込むだろう背後に聳える山々。観光客も簡単に登れて嵐山を一望出来る松尾山とその先にある嵐山、鳥ガ岳の三山を巡る。

総合★★☆
展望★★☆
楽しさ★★☆
きつさ★☆☆
難しさ★☆☆


登山コース コースタイム
登り:上桂駅ー(30分)→登山口ー(40分)→松尾山山頂ー(30分)→嵐山山頂ー(20分)→鳥ガ岳山頂
下り:鳥ガ岳山頂ー(60分)→阪急嵐山駅


阪急上桂駅から出発。
DSCN3570

駅を出て左の踏切を渡り真っすぐ進んで行く。

青山音楽記念館を超え、竹の寺「地蔵院」手前の山田岐れと書かれた標識の所で右に曲がる。

右に曲がり進んで行くと「椋の木」と書かれた大木が現れる。ここを左に曲がる。
DSCN3576

鈴虫説法で有名な「鈴虫寺」を過ぎ、川沿いの薄暗い竹林の道に入って行く。

山の神さん。嵐山を見守っているのかな?
DSCN3592

山の神さんを過ぎた所に登山口がある。
DSCN3595

登り始めは階段道。そのあとちょっとした急登が続く。
DSCN3599

ここは京都一周トレイルにもなっているため登山道は広々としていて整備もされていて歩き易い。

まさに心地よい登山道だ。観光客でごった返す地上から少し山に入った所にこんなにも静かで穏やかな森が広がっていたなんて。
DSCN3607

近くに住んでいたら毎日でも歩きたいぐらいのコース。
DSCN3609

広々とした所に出る。ここは上桂駅方面と嵐山駅方面との合流地点で下りに使う為またここに戻って来る。
DSCN3614

左からでも右からでもどちらからでも松尾山山頂に向かう事が出来る。まずは左に行って帰りは右から戻って来る。
DSCN3617

直ぐに松尾山山頂に着く。276m。
DSCN3621 DSCN3624 DSCN3627

山頂からちょっと進めば分岐に出て右に曲がれば先ほどの合流地点で左に曲がると嵐山山頂方面へ向かう。
DSCN3632

ずっと進んで行くと突如岩場が現れた。
DSCN3638

嵐山と鳥ガ岳の山頂へは標識が無くコースからも外れている為、初めて来た人にはなかなか分かり辛いところにありちょっと探した。

この黄色の看板があるところが目印でここの分岐を右に曲がる。
DSCN3645

少し登って行くと大展望が目に飛び込む。
DSCN3649

更に先へ進んで行くと多少道が荒れているのでこの道で合っているのか不安になって来る。
DSCN3651

最後の登りを終え黄色のテープが巻かれている所を左に入ると山頂があった。302m。
DSCN3653

山頂から左に下って行く。ここもちゃんとしたコースから外れているため道は狭く荒れている。
DSCN3654

元の道に合流。ここにも黄色の看板がある。右が下って来た場所。あとは残り一つ鳥ガ岳の山頂へ向けて真っすぐ進む。
DSCN3662

鳥ガ岳へはこの分岐を左に曲がる。白テープが巻かれている。
DSCN3666

目印は真っすぐ行った所に黄色の手書きの簡易的な地図がある(その少し手前の分岐)。
DSCN3667

鳥ガ岳山頂。358m。
DSCN3671

ふぅ~三山制覇した。嵐山も鳥ガ岳も展望はないので別に行かなくても良いんだけど、やっぱり何だかんだで山頂を探すのが楽しかったりもするし、宝箱でも見つけた時のような喜びがある。

松尾山手前の分岐まで戻ってきて左に曲がる。
DSCN3677

直ぐに嵐山を一望で出来る展望場所がある。モンキーパークも見える。
DSCN3679

上桂駅方面と嵐山駅方面の合流地点まで下って来ると嵐山駅方面向かう。
DSCN3685

下山口まで着いた。ここから駅までは10分程だけどせっかく来たので嵐山を散策して行こうかな。左へ渡月橋に向かう。
DSCN3693

(^-^)
DSCN3696

いつかはあの山に登りたいと思っていてやっと登れた。
正直山自体はマイナーで登山道も荒れているのかと思っていたらまさかのめちゃくちゃ整備されていて最高の登山道だった。
その割に人が少ないのが勿体無いというのか、どうしても観光地嵐山として有名だから山の影が薄くなっているのかなって思う。
いつもは地上から見ていた山を今度は山から観光地嵐山を見下ろす爽快感ってのは計り知れないものがあった。

展望も至る所に開けているし松尾山までだったら嵐山の登山口から往復1時間30分ぐらいで登れて観光客とか軽装でも十分楽しめる。





2.
2019/03/10 「山日記⑥⑥(地蔵山:JR亀岡駅~神明峠~愛宕山登山口~地蔵山~首なし地蔵~神護寺~高雄バス停)」 分類: 山日記(京都の山)
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]
コメントする5個


京都府・地蔵山
ルート:JR亀岡駅~亀岡城跡~神明峠~愛宕山登山口~スキー場跡~地蔵山~愛宕山三角点~首なし地蔵~神護寺~高雄バス停

日付3月9日
天気晴れ
登り4時間30分
下り2時間50分
休憩場所愛宕山三角点
トイレ神護寺


愛宕山の先にある山で竜ヶ岳と合わせて愛宕三山と呼ばれてる。京都府では第5峰の山で一等三角点のある山では京都府最高峰。

総合★★☆
展望★★☆
楽しさ★★☆
きつさ★★★
難しさ★★☆


登山コース コースタイム
登り:JR亀岡駅ー(110分)→神明峠ー(40分)→愛宕山登山口ー(80分)→スキー場跡ー(40分)→地蔵山山頂
下り:地蔵山山頂ー(40分)→愛宕山三角点ー(40分)→首なし地蔵ー(80分)→神護寺ー(10分)→高雄バス停


地蔵山に行くにはまず愛宕山に行かなきゃいけないんだけどいつものコースだとつまらないので、今回は行ったことないコースからチャレンジ。

JR亀岡駅から出発。
DSCN3249

ついでに駅から南にちょっと行った所にある亀岡城跡に寄ってみる。

意外にデカイ。じっくり回るのは今度。
DSCN3253

北へ向かう。

保津橋を過ぎ旧愛宕山川跡と書かれたところから右に入って行く。この先この看板が結構出てくるけど一応名所になってるのかな?
DSCN3271

そこから真っすぐ道なりに進んで行き、文覚寺、水尾5kmの看板を過ぎて行くとガードレールがある端まで行きつく。
ここまでは標識もなく住宅街で迷いやすいので注意が必要。ここから後は真っすぐ進んで行くのみ。
DSCN3278

門がある愛宕林道。
愛宕川沿いを進んで行く。
DSCN3280

この林道がとにかく長い。
しかも高くそびえた植林が光を遮っていてもうすでに日が昇っていてもおかしくないのにずっと薄暗い。
まるで長いトンネルの中を歩いているようだった。

途中途中にこのような見所はあるんだけど、、、。
DSCN3293

ようやく植林を抜け光が差し池が現れる。
一瞬池が鏡かと思うぐらい美しかった。
DSCN3301

ここからは最後の九十九折りの急坂を登って行くと神明峠に着く。
DSCN3310

ここから左に愛宕山登山口を目指す。
ここからがまた遠かった。

流石にこの道合ってるのか?と思い始めた頃登山口が目の前に姿を現した。
DSCN3318

ここから本格的な急登が始まる。

稜線に出てきた。
ここまでが長かっただけに、1000m以上の山を登ったぐらいの感動があった。
DSCN3337 DSCN3340

スキー場跡まで来た。
ここから地蔵山を目指す。
DSCN3345

やっぱり地蔵山までの道は難しかった。
当然の如く道標なんてありゃあしないし微かな踏み跡と赤テープを頼りに行くしかない。
DSCN3351

反射板を過ぎ山頂に到着。
地蔵山山頂。947.57m。
DSCN3362

しかも結構長い割に展望がある訳でもないので本当にここまで来る人は通なんだろうなって思う。

スキー場跡まで戻り、一応愛宕山三角点にも寄って、首なし地蔵分岐から下山開始。
DSCN3385

この道も初めて行くけど面白い道だった。
結構展望も開けてるし馬の背のような尾根道も快適だった。
ただ細い道で横が切れ落ちてるところがあるので注意が必要だった。
DSCN3397

首なし地蔵まで来た。
DSCN3407

どうやら首なし地蔵から直接下る道があったらしいんだけど気づかず通り過ぎてしまい、愛宕神社参道入り口まで来た。右に向かう。
DSCN3411

ここは左に向かわず真っすぐ行き舗装路から下って行く。
DSCN3417

ここを右に曲がり神護寺を目指す。
DSCN3421

神護寺分岐、右に向かう。
DSCN3426

神護寺の裏に出てきた。
DSCN3432 DSCN3435

広い境内を抜け階段を下りた先にある橋を渡り、目の前にある坂を駆け上がれば高雄バス停がある。
DSCN3452

ずっと地蔵山に行こうと思っていたけどいつも愛宕山で疲れ果てて地蔵山に行く気力が湧かなくて断念していたけど、ようやく行ける事が出来た。
道は難しいし展望はないしで本当に無理して行く山ではないけど、終わってみれば楽しかった。
トイレは愛宕神社まで行かなければないし神護寺まで下ってこなければなかったかなって思う。





=>前の記事 山日記⑥⑤(天王山・ポンポン山:JR山崎駅~天王山~西山公演~釈迦岳~ポンポン山~神峰山口バス停)
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
全て
1.山日記(大阪の山)
2.山日記(兵庫の山)
3.山日記(京都の山)
4.山日記(滋賀の山)
5.山日記(奈良の山)
6.山日記(和歌山の山)
7.その他
8.紅葉
(山日記の説明)
・基本的には星三つで評価。白く塗りつぶされてる方がポイントが上になります。
星三つだけでは計れない場合、星四つになることがあります。
・コースタイムは大幅に迷った時間や休憩時間は省いてあります。
・休憩場所、トイレは主にコース内にあるかどうかです。
駅内や店内、駅周辺にある場合、コースを外れて自分自身が確認出来なかった場合はカウントしていません。
休憩場所はベンチやあずまやがあれば休憩場所有りとみなしています。
↑上へ