謹賀新年。

総閲覧回数:52,199回 / 推薦評価:113個(内 論客46人) / ブログ拍手:338
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報/
他己紹介
19/07/04
ブログ
[書く]
攻略記事リンク集(無)
RSS購読
RSS
表示開始年月
<=次の記事 新年早々、今年で20年目。
=>前の記事 無題

1.
2020/01/01 「謹賀新年。」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:15個

新年、明けましておめでとうございます。

お互い、有意義な一年を迎えられますように。(=_=)

コメントする(論客のみコメント可能記事)15個


塩キャラメル さんのコメント (2020/01/12) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
こんばんは、ルネサントさん。明けましておめでとうございます(=_=)

とにかく氏には感謝の気持ちでいっぱいです。

筆者のサイトを見ればわかると思いますが、筆者は特別周囲から絶大な支持を得ている人種ではございません。
「~さんのコメントっていつも面白~い」とか「~さんは鋭い洞察力と膨大な知識を持ち合わせている」とか「~さんのコメントを常に参考にしています」とか「勝手ながらファンクラブ第一号と呼ばせていただきます」みたいなコメントは一切いただいておりません。
他の論客さんのように第三者からカリスマ的な支持を得て沢山の紹介文や共感を持たれているわけでもありません。

テレビで例えるなら、岡● 准●クンや佐● 健クンのように二枚目で若い女の子たちから黄色い声援を浴びるような人種でもなければ、ぐっ●んやビ●る大●のように器用で何でも出来てのらりくらりとかわせて老若男女、世代を越えて愛され続ける人種でもありません。

その辺は自分では一生変えられぬ宿命だとしっかりと諦めをつけられているし、(かといって人生全てを諦めているわけではありませんよ)
小学校一年生じゃあるまいし今更友だち100人作ろうなんていう考えはございません。

それだったら「マイペースでのんびり、自分が納得できるように続けられればいいじゃないか。自分を支援して下さる人たちは大切にしよう。なるべく失礼の無いように」という考えに達しています。
筆者の心構えはただ一つ、分かりやすく書くこと。悪評系を書くときはゴ●、ク●といった罵倒は控えてマイルドに。 第三者へ発信するのだから自分の中では当然のことです。

氏への現代のライダーへ対する想いは氏と同じく「なるほどな」と考えさせられました。 放送局やバンダイなどスポンサーからのゴリ押しとも考えられます。作品うんぬんよりも商売第一主義なのかも。真実は分かりませんが…………………
それだったら、40年以上続いていて完全にガタガタな筈のスーパー戦隊やプリキュアにも同じことが云えるのではないでしょうか?
スポンサーは企画して口出しすればいい、されど作る側である東映の方は大変なはずだというのは筆者のような素人にも伝わってきます。氏からのライダーに対するコメントなら尚更です。

平成ライダーを見て思うのは「みんな似たようなヤツばっかりだな」と。フォームが沢山あるのはいいけれど結局は全て寄せ集めになってしまう。
「鎧武」「エクゼイド」「ジオウ」らは視聴意欲どころか見た目でもう筆者の頭の中では理解不能にまで達しているのもございます。もうライダーじゃないよねと。

それ以上にモラルを疑ってしまうものばかりのも多いことです。 最初の「クウガ」「アギト」はグロンギ、アンノウンらといった脅威から人々を護ろうと人としても当たり前だったといはいえ、
それが一変、「龍騎」は云わずもがな、「キバ」は人々がファンガイアに襲われているというのに浴槽でブツブツと……………「カブト」「ディケイド」はジコチューで上から目線と、とてもヒーローとは思えない不快な面子ばかり。

これは完全に白倉の人外な思想だと思います。こんなやつらに助けられて果たして子どもらは素直に「ありがとう」と感謝を述べますか? 氏にとっても考えるまでもないと思いますが。

筆者が小学校のころにテレビで「ドラえもん」の劇場版はよく見ていましたが、ジャイアンといいスネ夫といいこの時ばかりに限っては素直にカッコいいのですが、普段のテレビシリーズでの素行を思えば模範的とは無縁の人種ばかりです。この疑問は永遠に尽きることは無いことでしょう。

大変な長文になりましたが、今年も一年よろしくお願いいたします。
氏からの暖かい支援を大切にして、健やかに過ごしていきたいという所存にございます。ではまた(=_=)
ルネサント さんのコメント (2020/01/12) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
塩キャラメルさん。明けましておめでとうございます。
コメントをするのは2回目になりますね。今年も元気一杯で行きましょう。

ブログの方も見てくださってありがとうです。正直、どう思われたのかなと思いました。
少し、ドキッとしてました。今、考えればその作品に対して厳しく公平な方も必要だと
思いました。サンシースーさんの気持ちが少し分かった気がします。
そこで自分の意見を述べようと思います。

今、放送中のゼロワンとかもキャラの行動心理やステレオタイプな敵にあまり共感出来ないところがあり、mosukuwaさんの意見を見て、「成程。」と頷きました。だから、自分も正直、「令和ライダーも子供や大人に考えさせられるようなメッセージが書けない、もしくはもういいアイデアが思いつかない,ただ、斬新で面白いと思えればいいと東映さんが思ってるなら一層、辞めるか,新しいヒーローを作るべきなのではないだろうか…。」と思いました。宇宙刑事シリーズを最初に調べて3年しかやっていないことを知った時は驚いたし、潔いなぁと思いました。

これはゼロワンの最新話を見ていた時に頭に思い浮かんだ言葉でサンシースーさんや
無限堂さんも似たような思いを抱いているのだろうかと思いました。
(サンシースーさんはブログを書いていないのでこのメッセージを見てほしいという意図もあります。)

確かに都合の良い部分を塩キャラメルさんは持っているかもしれませんし、人間なら誰しも持っています。貴方の評価には「真心」があるがゆえに厳しい口調だったり時に素直な気持ちで評価を書いていると思える意見も存在していたと思います。だから、自分の目に留まりました。
ドラえもんの映画などだと変えるべきところは変え、子供たちに見てもらえるような良い映画を作っていると思います。

そして、私書を送ってくださって本当にありがとうございます。そのお礼もここで言わせてください。顔文字の使い方もやっぱり、この人の文章は和むなぁと思いました。人が見て納得したり、見てみたいと感じさせるような最高の評価を書けるようになりたいと思っています。


[他の記事も読む]
<=次の記事 新年早々、今年で20年目。
=>前の記事 無題


この論客の記事全て
↑上へ