人の命は地球の未来

総閲覧回数:81,130回 / 推薦評価:33個(内 論客24人) / ブログ拍手:1,354
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
情報/
DB構築()
他己紹介
17/02/25
ブログ
[書く]
リンク集(無)
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
<=次の記事 吉田輝星 初登板・初勝利
=>前の記事 最下位対決 隣の芝生はナントカという話

1.
2019/06/08 同日2番目 「人の命は地球の未来」 分類: 特撮
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:3個

救急戦隊ゴーゴーファイブ。

ニコニコ動画で配信されていることを最近になって知り、
そっちに追い付くべくDVDをレンタルし始めました。

リアルタイムでは掻い摘んでしか見ていなかったので
イメージとしては

・兄弟戦隊
・お父さんがマイク真木
・長男が熱くてウザい
・三男がイケメン
・メカ描写が凄い
・宮村優子

って感じでした。

現在、6話まで見たんですが、役者の演技が未熟だし、脚本も雑で
序盤は正直言って微妙ですね。

第1話はベイエリア55やゴーライナーの発進シーン、ビクトリーロボの
合体など、メカのミニチュアが良くできていましたね。
前作ギンガマンの反動か、おもちゃを売ろうという意気込みが
ヒシヒシと伝わってきます。
特にビクトリーロボの面倒臭い・まどろっこしい(褒め言葉)
合体シークエンスは気に入りました。
ヘリでメカを吊り下げるアイディアには脱帽です。

しかし、メカ描写に時間を割いたせいか、ドラマ性が薄い
という問題もあります。
ゴーゴーファイブ結成は昭和戦隊並のやっつけ感があるし、
10年振りに帰ってきた父親を問い詰める、退職届を出したことに
抗議する、という真っ当なリアクションをするのが三男ショウだけという
アンバランスさ。

ショウは第1話からセリフが多く、2話目がメイン回なので
一番キャラが立ってますね。
ゴーレッド・マトイは最初は割と大人しく、目立たないので驚きました。
3話目でマトイがようやく長男らしさを出しますが、
ナガレの話を全く聞かずにダイモンを怪我させたことを
一方的に責めるというのは不愉快でした。
マトイを嫌いな人が多いというのはこの回が原因なのでしょうか?

そして、4話目。
メインのマツリの演技力も問題ですが、展開も雑過ぎる。
お爺さんを別の病院に移動させるだけなのに、何で廃墟を彷徨ってるんだよ?
しかも、敵が出てきたからってお爺さんを廃墟に置き去りにするんじゃない。
案の定、お爺さんは廃墟で怪我。これはサイマの仕業というよりも
完全にマツリによる人災ですね。

とまあ、文句ばかり書いてしまいましたが。
ニコニコ動画で見た『イエロー戦線離脱』は
小林靖子さんらしい良回で役者の演技も良くなっており、
楽しく見れました。
なので、先の展開には期待ができると思います。
グランドライナーやビクトリーマーズの登場回、
そして神回として有名な『完全なる敗北』『不滅の救急魂』が
早く見たいです。

コメントする(論客のみコメント可能記事)3個


ルミナ さんのコメント (2019/06/11) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
伏魔の剣さん、コメントありがとうございます。

ゴーゴーファイブは、メカの造形が細かくていいですね。
ベイエリア55が実在のランドマークであるうみほたるの横にあるという
無茶な設定も良いし、ビクトリーロボ、グランドライナーも好き。
グランドライナーは後の列車モチーフの戦隊がかわいそうになるぐらい
造形がカッコいいですね。
売り上げが物凄く良かったと聞いています。

そして、ついさっき『完全なる敗北』と『不滅の救急魂』を
見たんですが、19・20話だと思えないくらい熱くカタルシスの
詰まったエピソードでした。
これは別で感想を書こうと思います。
この二つも脚本は小林靖子さんなんですよね。
他にも
『イエロー戦線離脱』
『救急戦隊活動停止』
『弟たちの反乱』
など、今のところ、面白いと思った話は全部小林靖子さん。
ギンガマンを見て、すっかりファンになってしまいましたが、
メインライターでなくても、こういう傑作を書いてくれるのは
さすがだと思います。

それではまた。
伏魔の剣 さんのコメント (2019/06/10) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
ルミナさんこんばんは。
ゴーゴーファイブ、ニコニコでもやってたんですね。週一話ずつならじっくり見れそうです。

>おもちゃを売ろうという意気込み
背景を誤魔化さず合体させる所にもそんな熱意を感じますね。下半身だけの見せ場があるのも面白く、目論見通りハマってしまった私は玩具でよく真似たものです(⌒-⌒; )

>小林靖子さんらしい良回
この頃からキャラクターに戦士としての自覚を問うストーリーが多いですね。24時間で死にかける・正統な後継者が帰って来た・強敵相に震えが止まらない、みたいな。

>『完全なる敗北』『不滅の救急魂』
年末にYouTube配信されていましたが、めっちゃ熱かったですね…当時後半を見損ねてたというのもありますが、確かに「神回」と言わしめるものがあります。


[他の記事も読む]
<=次の記事 吉田輝星 初登板・初勝利
=>前の記事 最下位対決 隣の芝生はナントカという話


大分類が「特撮」の記事
この論客の記事全て
↑上へ