大河ドラマに関して思いついた事

総閲覧回数:114,870回 / 推薦評価:5個(内 論客4人) / ブログ拍手:2,327
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品
ブログ
[書く]
リンク集(無)
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
<=次の記事 「君の名は」
=>前の記事 地獄少女宵伽最終話

1.
2017/08/23 「大河ドラマに関して思いついた事」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:1個

以前テルマエ・ロマエという映画で古代ローマ人を阿部寛氏や宍戸開氏等日本人俳優さん達が演じられていたと思うけど
「第三のギデオン」というフランス革命を扱った漫画があるのでそれを原作に持ってきて同様に日本人俳優に演じて貰って
ドラマ化したらどうだろうと思う。本来主人公に適さない井伊直虎ひいては井伊家の話で間延びしたストーリーを
一年強引に続けるより題材的には余程面白くなると個人的には思う。別に日本の歴史に拘る必要もないし。

コメントする(論客のみコメント可能記事)1個


ミルナ- さんのコメント (2017/08/27) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
OYJAR40さんコメント&拍手戴いてありがとうございます。返信遅れてすいません。
私見としては大河ドラマの問題点は「歴史ドラマ」は「歴史ドラマ」でいいんですがあまりにも視点が偏り過ぎというか中央の有名どころ周辺でドラマを作るのがテンプレ化してるので完全にネタ切れ飽和状態で行き詰まってる様な気がします。
そういう意味ではここで書いた様にあえて外国の歴史を日本人スタッフでやってみるのも新しい試みとしていいんじゃないかな?と。
因みに仰る2期制というのは以前「琉球の風」「炎立つ」という作品でやってましたね。「琉球の風」は沖縄と本土の過去の軋轢を扱ってるので政治的に微妙な問題をテーマにするのを避ける現在のテレビ局ではああいう作品は難しいかもしれませんけど。
OYJAR40 さんのコメント (2017/08/25) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
こんにちは。

確かに時代劇に拘る必要はありませんね。実際一時期所謂「歴史」モノから離れた時期もありました。まあ、その頃のドラマも「昭和史」「近現代史」と言う歴史物とは言えるでしょうが、所謂「時代劇」という括りとは違うものでした。その時期に私が事あるごとに絶賛している役所広司主演の時代劇「宮本武蔵」などを水曜日に放送していました。ただ、どうだったか明確ではないのですが、どうでしょう、おそらく視聴率は本家大河と逆転してしまったのではなかったでしょうか?
そう考えると、一応NHKの看板である大河を日本の「時代劇」から切り離すのはかなりの冒険になるのだと思います。

でも試験的に色々なことをやってみるのは確かにアリですよね♪私は以前ここのブログで書いた覚えがありますが、一年を二期に分けて別々のドラマをやるのがいいのではないか?と思います。
予算は厳しいでしょうが、現在の大河が必ず一年に一度二度は陥る「中だるみ」(「真田丸」ですらあったと思います)を減らす助けにもなるのでは?

長文失礼しました。


[他の記事も読む]
<=次の記事 「君の名は」
=>前の記事 地獄少女宵伽最終話


この論客の記事全て
↑上へ