気が向いたら更新するメモバジリコ.

総閲覧回数:37,111回 / 推薦評価:79個(内 論客43人) / ブログ拍手:158
 22日21日20日19日18日17日16日15日
閲覧21 (+17)4 (-13)17 (-26)43 (+27)16 (+12)4 (-10)14 (+1)13
階位3131313131313131
ポイント1,677,014
(+8)
1,677,006
(+8)
1,676,9981,676,9981,676,998
(+80)
1,676,918
(+2)
1,676,9161,676,916
偏差値131.12131.14131.20131.24131.24131.27131.30131.35

最近閲覧されたログイン状態の論客
はなまる / JONIX / アカマ / オルタフォース / シャル / れいんぼーきんぐ / ケイテツ / 情熱 / CHIGE / 弥生一 / 雪霞 / 消しゴム / ミルナ- / ジョニーナンマイダー / 将刃 / ねぎ麻雀 / Docty Junsai / アマンドの木 / OYJAR40 / シューゴ / / 667 / アスドフ / めたこ / フェティア / 十傑集 / mosukuwa / S・N / shioko07
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書(メール)
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
情報
DB構築()
他己紹介
18/07/24
ブログ
[書く]
リンク集
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
 作成日時分類記事タイトル
12019/04/08雑記書いた人本人専用メモ書き
22019/03/18世間話ボヘミアン・ラプソディの続編…?..
32019/03/10雑記私が一番勧めたいVtuber..
42019/02/27世間話何かと話題のけもフレ2追いついたぜよ..
52018/12/30雑記年末だし、今年の評価とか振り返る..
=>前の記事 少女歌劇スタァライトのアプリ、スタリラ【リリース開始からのプレイ感想】
 反応日時来客名来客者の最近のメッセージ
12019/03/19CHIGEたぶん企画倒れになると思います。てかなってほしい。フレディが..
22018/11/19OYJAR40お邪魔します。決まりましたね~以前の情報の際にもブログで書い..
32018/08/12OYJAR40こんにちは。クモですか。私だったらドラちゃんよろしく気絶しそ..
42018/07/19OYJAR40お邪魔します。TSUTAYA、ブックオフ、どちらも見ていると..
52018/07/14ショウ♪♪こんにちはーっ僕は漫画とか古いゲームを買うのによく利用してい..
その他最近のコメント
1.
2019/04/08 (2019/04/09更新)(下げ記事)
書いた本人専用メモ書き
2.
2019/03/18 「ボヘミアン・ラプソディの続編…?」 分類: 世間話
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:4個

ボヘミアン・ラプソディ続編はある? ブライアン・メイが語る

「ボヘミアン・ラプソディ」の製作陣が続編を画策中

いやいやいや、いらないでしょ

あの映画って一言で言うなら、フレディがどんなに落ち目になってもライブエイドで見事にやりきったっていう感動じゃん

フレディのその後をDVD特典とかで映すならともかく、しっかりとした続編で再びフレディの駄目なエピソードを映されたら前作の余韻ぶち壊しだし
かと言ってフレディすげぇ映画にされたら、前作のきっちりと映したクズエピソードが台無し

QUEENの楽曲好きだから劇場の音で聴けるならちょっと行きたいけど、続編は蛇足だと思う。
やるなら、フレディが墓から蘇るぐらいの前作とは無関係トンデモぐらいじゃないと受け入れられへんですわ。
ボヘミアン・ラプソディって一作で完成しきった感があるのに続編が企画されるものなんですねぇ…
QUEENの現メンバーも関わっているから余程の変な作品にはならないとは思うんだけれど、要るかぁ?

良作だったときは手のひら返ししますけどね

コメントする4個


バジリコ さんのコメント (2019/03/19) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
CHIGE さん コメントありがとうございます。
一応続編ではフレディが最後に参加したツアー、マジック・ツアーでの出来事が映されるらしいのですが、ライブエイドを並の映像を出せるのか疑問です。更に言うとこの頃フレディはボロボロだったわけですから、かなり暗い話になると思います。

時系列を色々史実からイジって、ライブエイドで終わらせて後味の良い終わり方をしたのに、続編はやっぱり疑問ですよね

ロッカーズは知らない映画だったので、機会があれば是非!見たいと思います。作品の紹介、ありがとうございます!!
こういうミュージシャンの伝記的映画は本当かどうか?という部分も含めて面白いです。
ココ最近のその手の作品だと『アリー スター誕生』も見たかったけど見逃しました…
CHIGE さんのコメント (2019/03/19) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
たぶん企画倒れになると思います。てかなってほしい。
フレディが本格的に発症して亡くなるまでを映像化してほしくないです。
それはファンが一番見たくない映像だと思います。
あの映画が成功したのはフレディとクィーンがその全キャリアで一番輝ける瞬間をクライマックスに
持ってきたところが良かったわけで。それ以降を描くのは蛇足以外の何物でもないと思います。

ところでこの映画が気に入った人は2003年の日本映画「ロッカーズ」(監督:陣内孝則)もおススメです。

3.
2019/03/10 (2019/03/18更新) 「私が一番勧めたいVtuber」 分類: 雑記
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:4個

気がついたら階位20代の大台に突入しておりました。
これも一年間の積み重ねと、色んな作品を見た私が吐き出した言葉の産物だと思うと感慨深いです。

もちろん、評価を読んでくださって共感コメント、推薦をくださっている論客、または非論客の方々にも深く感謝!
他の方々のように、もらった直後に日記で一言お礼が言えれば理想ですが、チェック漏れが激しくて、いつも気がつけば貰っていたという感じです。
ものぐさですみません…あと他の人の評価見れてないのもすみません…別に推薦やコメントを出し惜しみしている訳ではないのです…

さて、世間ではVtuberといえば、TVではマツコ・デラックスと共演したり、ガリベンガーVなる番組で小峠と絡んだりとメディア出演が増えています。
もちろん、ばーちゃるさんが見ている。も(小声)

今現在では飽和状態が加速していてその数なんと6,000人
大体のVtuberのやっていることは、歌を歌ったり、小芝居をしたり、ゲーム実況したりなので超飽和状態です。

そういった状況であると、面白いと思った人ですら埋もれていきます。現実は非情です。
もちろん、面白いっていうのは人それぞれだけど他の人とは違うことやって活動していこうとした人が埋もれていくのは悲しいなぁと

前置きはこれぐらいにして僕が勧めたいのは異世界なびげーたーフラヴィさん

特徴としては一話(一本目の動画で)世界観を出してソレ以降は好き勝手やっているイメージ
注意点としては去年から活動が停止していて、Twitterにすら動きがないので今後には期待薄

基本的にはバーの店主とタベってお酒に関する豆知識を語らうTV的に言えば店ロケ食レポかな
珍しいお酒の話などもあって下戸の私でもはぇ~となる話が多くて面白いです!

個人的にはモヒートが好きなのでしそを使った和ヒートを紹介する回(#でいうと10)は見応えありでした
オーナーとフラヴィさんとの掛け合いもgdgdしてるけどテンポは良いので見やすいです。酒に少しでも興味、知識があるなら非常におすすめ

問題は前述したように更新が無いこと、探偵編も嫌いじゃないけど早く初期のバー巡りがみたいです

コメントする4個

4.
2019/02/27 「何かと話題のけもフレ2追いついたぜよ」 分類: 世間話
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:1個

一期が分かる人に向けて書きます。
解説入れると膨大な量になるので…

多少の文句と二期にこれから求める事を書いていきます。

まず前提として、けものフレンズからけものフレンズ2になって主人公がかばんちゃんからキュルルちゃんにバトンタッチされた
2と名乗って登場キャラを一新するなら新規のキュルルはただ単に人の知識ですごーい!するメアリー・スーにはなって欲しくないし、かばんちゃんとは違ったフレンズたちとの交流を見せて欲しい

今のところ、人の知識を持って無双。状態なのでカバンちゃんとの差異が見えてこない
と言っても。かばんちゃんの場合は自分のことが分からず周りが「○○のフレンズです。」と名乗る中「僕はカバンです」と仮名しか名乗れず。
自分の正体が分からない不安の中、サーバルに励まされながら図書館に向かい道中フレンズに出会って、利発的だけど内気で自信のないかばんちゃんが知識を用いてフレンズを助けていき自信を身につけて最終話に向かっていくから盛り上がったわけで

キュルルちゃんのほうは記憶は無いのに家に帰らなきゃ…しか目的がなく、自分が何者なのか?という根源的な目的ではなく
目先の「家」という目的に囚われているが、自分のことをよく分かっていない以上自分のことがわからない恐怖や不安は多少はあるはずだが…

しかしキュルルちゃんは、「サーバル!」と呼び捨てにしたり、ハカセと助手に抱えられて飛ぶ際「落とすところだった!」とまあまあ語気を強めて言えるぐらいのかばんちゃんと比べて強気な性格で、フレンズたちの手助けはしているけどそれって彼女の成長とか自信に繋がるの?と疑問に思う

それに、キュルルちゃんのフレンズ手助けって「みんな困ってるんだー」という問題よりも「暇なんだけどどうすれば良い?」みたいな小さい問題が多くて仮にこれを解決するのがかばんちゃんだとしても大した成長につながらない気がする。
周りから感謝されるほどのことはしてないし、特に暇だから絵を切り刻んでパズルにしましたー!は展開上必要なストーリーじゃないし…

というかキュルル以外も二期のほうは目先の問題に囚われて根本的な解決をしていない
例えば3話の水族館出身のフレンズが、フレンズ化する前の記憶からか自分の芸であるボール遊びとご褒美を繰り返す日々に退屈してキュルルに絡む
そこでキュルルはボールだけではなく浮き輪と釣り竿付きボールで新しい芸を披露させて「新しい遊びが増えた、やったね!」という締め方

じゃあ、それも飽きたらどうするの?と思ったし、それに餌付け的な意味での褒美だけでなくキュルルらの拍手と歓声にも彼女らの喜びがあったはずだ
実際、拍手したときに「これだよ!」って反応だったし…

そこでイルカさんとアシカさんが「もっと色んな人に見てもらうわ!」と水族館を離れて旅立って一期のPPPみたいにライブを行うなら問題解決だけど、そういう問題解決からの発展が無いので話が膨らまない

色んな場所で他の方の意見を見たけどかばんちゃんがサーバルを呼び捨てにした!とかかばんちゃんが別人!という意見が目立ったけど
僕はこれに関しては問題ない。

問題ないというより、今後説明してくれるんだよな?という感じです
「セルリアンに食われたフレンズは動物に戻るけど、その動物が再度フレンズ化しても記憶は戻らない」という解説があったように
一期のサーバルとは記憶が引き継がれてない説が濃厚なので、一期からどれだけの月日が立ってかばんちゃんに何が起きたのか?は納得の行く展開があると信じている…あるよね…?

というわけで僕はバンダイチャンネルで一周遅れ視聴なので六話までの感想でした。
たつき監督ガーとか言って一期を武器に叩くのは嫌だけど、正直これなら2を名乗らなければまだ荒れ無かったんじゃないかなー
全体的に行き当たりばったりで、話の向かう先が行方不明な気がします。

ハカセと助手が寸胴になって首が見えなくなってより一層フクロウ感が増したのは正直好き。
もっと細かい文句は今後あれば作品コメントします。以上チラ裏でした。

コメントする1個

5.
2018/12/30 (2018/12/31更新) 「年末だし、今年の評価とか振り返る」 分類: 雑記
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:9個

ご無沙汰です。
年末年始は仕事がバリ忙しいので中々作品が見れてませんで大した活動は出来ていません。
活動と言っても見たい作品を見て思ったことを述べるだけなので元々がたいしたことないといえばそうなんですけれどね

まあ、これを期に今年の評価をざざっと振り返ろうかと思いましてね
毎年やってないくせに今更なんやねんと思わないでもないですが、それはそれ、これはこれ。やらないよりやる。

2018年の評価内訳

最高 2作品 「ボヘミアン・ラプソディ」(映画)「ペンギン・ハイウェイ」(小説)

とても良い 15作品 「DEVILMAN crybaby(アニメ)」 「HiGH&LOW THE MOVIE(日本映画)」等
うち、アニメ8作品 ドラマ1作品 日本映画3作品 海外映画3作品

良い 22作品 「ジグソウ:ソウ・レガシー(海外映画)」「カメラを止めるな!(日本映画)」等
うち、アニメ8作品 漫画1作品 小説1作品 日本映画5作品 海外映画7作品

普通 8作品 「グリム・アベンジャーズ(海外映画)」 「ポプテピピック(アニメ)」等
うち、アニメ2作品 漫画2作品 日本映画3作品 海外映画1作品

悪い 8作品 「スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐(海外映画)」「殺人ワークショップ(日本映画)」等
うち、アニメ1作品 日本映画3作品 海外映画4作品

とても悪い 2作品 「TIME/タイム(海外映画)」ブライト(海外映画)等

最悪 1作 「チェーン(日本映画)」

以上全てで67作品が今年見て評価した作品

意外と悪評が少なく、個人的には豊作だったのかなーという結果です。

個人的に今年やってしまったな~と思ったのは登録作業で「道化死てるぜ!」の登録でR指定に気が付かなかったことですね
指摘が来て、運用掲示板でも報告が上がっていたのですが気がついた頃には数日すぎていたのでなあなあにしてしまいました…
本当に申し訳ないです、以後気をつけます。

しかし、一年あったのにたったの67作品かよ…という気もします。
今、実は視聴中の作品が二作品そろそろ終えれそうなので、2~3作品は年内にいけるのかどうか…
来年のことを言うと鬼が笑うとは言うけれど、来年こそは見たいのに見れていない作品を消化できる年になればなぁ…
あと登録した自分しか見ないであろうマイナー作品も登録したからには消化せねばですね。

サブで登録したあにこれはサボっています…
全く同じ文章にするのもつまらんので、こっちは見終わったあとに勢いで評価を書いて、あにこれはもっと丁寧にと思ってはいるのですが…
中々そういう手間ひまをかける時間が無くてですね…(言い訳)

映画もどこかサブで登録してここの避難先を設けておきたいところ
というのもここの利用規約の「いつ閉鎖するかわからんよ(要約)」がコワすぎて有事には備えたいですわ…

落とし所が分からずグダつきましたが、来年こそは何か新しいことを始める年にしたいです。

最後に今年、作品登録作業を承認していただいた方、推薦をくれた論客の方や外部のお方、普段自分からコメントしてないのに、僕なんかにコメントや拍手をくれる方本当にありがとうございます!

数字が目的と化すと怖いので気にしないようにはしているのですが、やっぱり貰えると嬉しいです。
実はいきなり絡みのない僕からもらっても怖いだろうと思って、興味深かった記事には無記名拍手したりしてました。自意識過剰だったかな~

口下手なので今後もこの感じで活動したいですね。では良いお年を…

コメントする9個

=>前の記事 少女歌劇スタァライトのアプリ、スタリラ【リリース開始からのプレイ感想】
↑上へ