「幕末ソーサリアン」【参:奇兵隊】高杉晋作ゆかりの地 in 萩と下関

総閲覧回数:1,915,819回 / 推薦評価:78個(内 論客46人) / ブログ拍手:8,798
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
情報/
DB構築()
他己紹介
17/07/17
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
<=次の記事 S巡礼記::「ご当地ソーサリアン」【山口県】水の都・萩・・・「幕末」と「ご当地」が交差する地
=>前の記事 幕末の足跡::寺田屋騒動及び生麦事件ゆかりの地

1.
2014/07/24 ソーサリアンを語る > S巡礼記 > 「幕末ソーサリアン」【参:奇兵隊】高杉晋作ゆかりの地 in 萩と下関」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:5個

1. はじめに
2. 時代の流れ・・・下関戦争より奇兵隊結成へ
3. 高杉晋作誕生の地 in 萩城城下町
4. 萩明倫館跡 in 萩
5. 高杉晋作立志像 in 萩城城下町
6. 奇兵隊結成の地 in 下関
7. 風の預言者像 in 下関
8. 大歳神社(の鳥居) in 下関
9. ひょうたん井戸 in 下関
10. 高杉晋作終焉の地 in 下関
11. 高杉晋作の墓 in 萩
12. おわりに

    1. はじめに

幕末ソーサリアン

幕末の暗雲を祓え、勇者たち!

土方歳三、坂本龍馬、西郷隆盛、一橋慶喜、松平容保・・・など、
幕末の英傑たちをゲストに迎え、ソーサリアンが再び極東の島国を奔る。

黒船と共に襲来した西洋悪魔たちの狙いとは?そして混乱する幕府、
朝廷に潜む<魔>の手先の正体を探れ。名作「戦国ソーサリアン」に続く、
連作ソーサリアンの決定版、ここに見参!

壱:夷国到来!黒船来襲
弐:桜田門外の変
参:奇兵隊
肆:会津炎上
伍:五稜郭最終決戦

ソーサリアンNEXT追加シナリオについてはこちらです。
http://www.web-deli.com/sorcerian/next/additional.aspx

前回は弐のほうを語りました。
そして、最近、幕末の足跡も語っています。
それと併用する形で以て、今回は参のほうを語りませう。
奇兵隊・・・とりわけ、高杉晋作ゆかりの地をば。
無論、長州の萩は欠かせません。
西郷と高杉

そして奇兵隊結成の地である下関も。
下関駅
    2. 時代の流れ・・・下関戦争より奇兵隊結成へ

攘夷の実行。
これが孝明天皇の強い要望です。
幕府は、朝廷と具体的な攘夷決行日を約束させられました。
そしてその決行日に・・・・
「朝廷との約束を守った」のは長州藩です。
長州藩の、あの久坂玄瑞が中心となって、アメリカ商船に砲撃をしかけました。
この下関戦争の結果は敗北。
薩摩同様、長州もまた外国の強大さを知らされたことになります。

この後、藩に起用された人物・高杉晋作の案によって、
奇兵隊が結成されたというわけです。
高杉晋作もまた、吉田松陰の弟子の一人です。
    3. 高杉晋作誕生の地 in 萩城城下町

高杉晋作は、萩城城下町で誕生しました。
彼の誕生地に行って来ました。
高杉晋作誕生の地1
高杉晋作誕生の地2
高杉晋作誕生の地3

ちなみに、萩城城下町は桂小五郎(後の木戸孝允)の生まれた地でもあります。
ついでに述べるなら、後に語る予定の「ご当地ソーサリアン」【山口県】の舞台でもあります。
まさに「ご当地」と「幕末」が交差する時なのかもしれませんね(笑)。
    4. 萩明倫館跡 in 萩

高杉晋作が通った藩校・萩明倫館の跡です。
吉田松陰の母校でもあります。
現在は、明倫小学校の敷地として使われております。
明倫館跡1
明倫館跡2
明倫館跡3
    5. 高杉晋作立志像 in 萩城城下町

萩城城下町・晋作広場にあった高杉晋作立志像です。
「志に立つ!」そんなイメージと思われます。
高杉晋作立志像2
高杉晋作立志像1
    6. 奇兵隊結成の地 in 下関


奇兵隊結成の地の跡を撮影しました。
下関の廻船問屋にして、尊王攘夷の白石正一郎。
彼の家で結成されたとのことです。
奇兵隊結成の地1
奇兵隊結成の地2
奇兵隊結成の地3
    7. 風の預言者像 in 下関

風の預言者像。
幕末の志士・高杉晋作と奇兵隊をテーマにしたモニュメントです。
JR下関市駅近くの竹崎公園にございました。
風の預言者像1
風の預言者像2
    8. 大歳神社(の鳥居) in 下関

その竹崎公園のすぐそばに大歳神社がございます。
ここの鳥居は、白石正一郎が攘夷成就を願って奉納したものです。
大歳神社の鳥居1
大歳神社の鳥居2
大歳神社の鳥居3
    9. ひょうたん井戸 in 下関

このひょうたん井戸は、高杉晋作が刺客から身を隠したと伝えられています。
ひょうたん井戸1
ひょうたん井戸2
    10. 高杉晋作終焉の地 in 下関

残念なことに、高杉晋作は大政奉還及び明治維新を見ることなく病でこの世を去りました。
彼の終焉の地がここです。
高杉晋作終焉の地1
高杉晋作終焉の地2
    11. 高杉晋作の墓 in 萩

高杉晋作の墓は、吉田松陰の墓と同じ地にございます。
高杉晋作の墓1
高杉晋作の墓2
    12. おわりに

肆の会津・・・ここもいつか巡礼したいものですね。
それでは

コメントする(論客のみコメント可能記事)5個


[他の記事も読む]
<=次の記事 S巡礼記::「ご当地ソーサリアン」【山口県】水の都・萩・・・「幕末」と「ご当地」が交差する地
=>前の記事 幕末の足跡::寺田屋騒動及び生麦事件ゆかりの地


大分類が「ソーサリアンを語る」の記事
この論客の記事全て
↑上へ